«  Allez les petits! ─シックスネイションズ スコットランド対フランス | Main |  のるかそるか─シックスネイションズ フランス×アイルランド »

2008.02.07

 週末は愛蘭

Odriscollparisseイタリア代表の試合で、わりあい高頻度でおシリが出現しているような気がするのがカッパのジャージに関係しているのかどうかは不明。そういえばちょうど1年前にもボール争奪中にパリセのおシリがボンジョルノしてしまい、しかもそのまま痛んでしまったため駆けつけたメディカルスタッフにパンツを引っぱり上げてもらうナサケナイ場面があったりしたんですけど、そんな話はともかく…

土曜にフランスと対戦するアイルランドは先週イタリアに16-11で勝ちはしましたが、終わってみればアイルランドとしてはそこそこしょっぱい後味の試合でした。ボルトルッシがとぼけてなかったらやばかったかも。特に強いと言われているラインアウトが大崩れしたのは痛かったのですが、フランス戦に臨むスタメンではフッカーを含む3選手を入れ替えてきました。
ダーシーの腕の怪我は骨折で、残りの大会は棄権です。週の初めにマーフィーが角膜の手術を受けたなんて報道もあります。が、ネガな話題ばかりではありません。オコンネルを欠くなど懸案のラインアウトに関しては、8週間の出場停止を言い渡されERCの規律委員会に異議申し立てをしていたフラナリーのサスペンションが4週間に軽減されたため、大会の後半には出場が可能な模様です。

Dempsey - Murphy, B O'Driscoll (cap), Trimble, Kearney - (o) O'Gara, (m) Reddan - Heaslip, D Wallace, Leamy - O'Kelly, O'Callaghan, Hayes, Jackman, Horan
Remplacants : Best, Buckley, M O'Driscoll, Easterby, Stringer, P Wallace, Horgan.


ホームのフランスは、代表に復帰したばかりのヴェルムランが第十肋骨を骨折してしまい、彼の大会が終わりました。スコットランド戦で大活躍のマルジューもももの肉離れでアイルランド戦を棄権、同じクレルモントワのFBフロッシュが追加招集されています。ヴェルムランに代わるのはモンペリエのピカモルス…で表記はいいのかな。やはり今回大会での初招集が予想されていた評価の高い若手(5日で22歳になったばかり)。今回もまたシャバルは呼ばれませんでしたが、リエヴルモンは「誰も代表のリストから消されてはいない」と語り、単にピカモルスの好調なパフォーマンスを重視したということのようです。
アイルランド戦のスタメンでは大幅なターンオーバーが行われました。下はマルジュー棄権前の発表ですが、変更点は6つ。ルージュリー、スクレラ、ボネール、メラ、マス、スザルゼヴスキがクレール、トランデュック、ヴェルムラン、ジャケ、ブリュノー、セルヴァットに代わります。リエヴルモンはこの変更は何らスコットランド戦のスタメンに対する処罰ではないと強調しています。FWは8人全員が違うクラブの所属という珍しい顔ぶれになりました。

Heymans (Toulouse) - Rougerie (Clermont), Marty (Perpignan), Traille (Biarritz), Malzieu (Clermont) - (o) Skrela (Stade Francais), (m) Elissalde (Toulouse) - Bonnaire (Clermont), Ouedraogo (Montpellier), Dusautoir (Toulouse) - Mela (Albi), Nallet (Castres, cap.) - Mas (Perpignan), Szarzewski (Stade Francais), Faure (Sale, ANG).
Remplacants : Servat (Toulouse), Brugnaut (Dax), Jacquet (Clermont), Picamoles (Montpellier), Parra (Bourgoin), Trinh-Duc (Montpellier), Clerc (Toulouse).

|

«  Allez les petits! ─シックスネイションズ スコットランド対フランス | Main |  のるかそるか─シックスネイションズ フランス×アイルランド »

Comments

>わりあい高頻度でおシリが出現しているような気がする

確かワールドカップ前の日本との親善試合でもそんな光景が繰り広げられていたような。
誰だったか忘れちゃいましたけど。
イタリア代表、昨日の練習ではみんなしてシュクシュクとキック練習をしていたようです。
マレットは密かにボルトルッシより上手く蹴れる選手を探してるんだそうで、今更?

スコットランド戦面白かったですー。
これがシャンパン・ラグビーか!という感じで。
人山からボールを掘り出すディミトリが素敵でした(笑)。
すっかり“中堅どころ”ですね。

Posted by: sola | 2008.02.07 at 22:34

日本戦でしたっけ、ありましたよね?よーし録画確認しちゃうぞ。

>シュクシュクとキック練習をしていたようです
あ、やっぱり…。クローク・パークはキッカーが距離感をつかみにくいスタジアムらしいし、プレイスキックの時に観客が静まり返るプレッシャーははんぱないそうなので、そんなことも関係したのかも…。次がんばってもらいたいですボルトルッシ。
個人的にはマウロ兄貴はやはり男だったということと、働くトロンコンが見られたのがうれしかったです。

>これがシャンパン・ラグビーか!
8年やってもディシプリンが根付かなかったのに4日であれなのかいと。ディミトリのあのシーンはとてもよいムチムチでしたね。中堅になってもあんまり安定感ないけど、下手に落ち着かれてもつまんないからいいのです。

Posted by: つき | 2008.02.08 at 21:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



«  Allez les petits! ─シックスネイションズ スコットランド対フランス | Main |  のるかそるか─シックスネイションズ フランス×アイルランド »