«  猫の日記念・世界のぬこ切手(1) 最初の猫切手 | Main |  リアリズムと理想─シックスネイションズ第3節 フランス対イングランド »

2008.02.24

 こんな時にこんな画像ばっかり拾っていてすみません

Saintdenis

|

«  猫の日記念・世界のぬこ切手(1) 最初の猫切手 | Main |  リアリズムと理想─シックスネイションズ第3節 フランス対イングランド »

Comments

今晩は。
ライブで見ようと思っていたのですが、起きる事が出来ずに、結果を知らぬまま見ていました。
スタジアムの雰囲気は、いいですね。あそこへ行きたいと思ったものです。
試合は・・・触れるの止めます(笑)
やっぱり、ポワトルノーがいないのは、私には、淋しかったです。クレールも、頑張っていたけど、最後は、イングランドの選手と、何か、言っていましたけど。

アンセムの時に、アップになったのは、ディミトリさんの奥様と息子さん?3人で座っていましたね。

まあ、イングランドは、身体が大きいですね。
あれで、どかん!とやられるとたまりません。
(私の綺麗どころは、怪我で、離脱してます)
このあと、ウェールズ対イタリアを見ましたけど、思い切り差がついてしまいました。
土居さんが、ウェールズとフランスがこのまま行くでしょうと言っていましたけど、混戦ですね。

Posted by: mikolady | 2008.02.25 at 00:37

あの日はぶっつづけで3試合見てました…といっても2試合目は途中意識が飛んでました。この試合はクレールもあまりいいところがなかったですね。
アーセナルのエドゥアルドの骨折のことを知って、ポワトルノーのことを思い出して改めてゾッとしました。エドゥアルドのは骨が飛び出るくらいのひどい骨折だったそうですが、あれほどの重傷でなかったのは不幸中の幸い…みんな一日も早く復帰できるといいですね。

>ディミトリさんの奥様と息子さん?3人で座っていましたね。
そうそう、奥さんとご長男のHugo君です。お子さんパパそっくりですよね。彼は愛妻家で家族思いの良きパパらしいです。

フランスはここ2大会優勝してるので、私としては今回はそろそろアイルランドに、という思いがあったのですが。mikoladyさんの綺麗どころは、7人制の代表だったブロンドの選手かな…?

Posted by: つき | 2008.02.26 at 16:00

こんにちは。
はい!多分、そうだと思います。
イングランドセブンから、フル代表へ上がってきました。
私が、始めてみたトータルラグビーで、セブンの香港大会のイングランドを追っていたのがあり、寝起き姿で、カメラの前に出てきたのが、綺麗どころの彼(笑)
綺麗な金髪と上半身裸でしたので、真っ白な肌。こんなラグビー選手がいるのかと、そこで、惚れました(笑)
試合では、寝起き姿から、キリッとして、カッコ良い。
ただ、怪我が多くて、W杯前の南アフリカ遠征では、ノロウイルスに掛かり、イングランドへ返されました。その後は、膝を痛めて、3ヶ月の重傷で、W杯は、ダメでした。
協会も、新ユニのモデルにしたり、売り出そうとしていたらしいのですが(他の選手だとウィルキンソンぐらいですもん。あとは、怖い)
セミファイナルのフランス戦は、スタンドにいたらしく、ファンと写真を撮っていました。
先日のフランス戦も、来ていたようですが・・・

エドゥアルドの件は、なんか、泥沼状態になっていますね。マスコミを通じてのコメントだから、真偽は解かりませんけど、脅迫状や殺人予告と言うことも聞こえてきますけど。
今は、彼の回復を一日も早く祈る事でしょう。
ポワトルノーもですよ。


Posted by: mikolady | 2008.02.27 at 10:56

確かテイトといいましたか、そのトータルラグビー、私も見ましたよ。なんか半裸の選手がいっぱい出てきた…。香港大会でも活躍していましたね。まだ若い選手だと思うのですが、怪我が多いのは心配ですね。イングランドは彼のようなスリークォーターを育てるのかと思っていたら、なんかすごい巨漢が入っててビックリしました。

ポワトルノーを初めて見たのはスタッド・フランセのカレンダーでしたが、プレーしているところを見たのはやっぱりトータルラグビーでした。ルーマニアとの親善試合でしたが、ゴールライン際で思いっきりボールをポロリしてトライを献上してるシーンが…(;´Д`)

>エドゥアルドの件は、なんか、泥沼状態になっていますね
うわ物騒ですね…確かワールドカップ予選でも同組になるのですよね。本当に、今は静かに回復を見守ってあげてほしいものです…

Posted by: つき | 2008.02.27 at 20:12

こんにちは。

トータルラグビーは、意外な発見があって、私は、貴重なプログラムです。そうそう、ここで、見つけたという選手もいますよ。サッカーで言えば、フットボールムンディアル?
(ご存知ですか?)
Strettleと言いますけど、ああいうタイプの選手が、たくさん出てこないと、何か、巨漢ばかりが目に入る(笑)
ボールを持って、ステップを踏むと早いですし、貴重な綺麗どころですから(笑)
今年は、無病息災で、頑張って欲しいです。

この時の、トータルラグビーは、英語版で、保存してあります。

Posted by: mikolady | 2008.02.28 at 13:32

ああすみません人違い…。そうですね、金髪のしなやか系の若手(かな?)が2人いましたよね。

トータルラグビーは、もう少しフランスの情報を多くしてくれると嬉しいんだけどナ、なんて思って見てます。Top14のハイライトとか。私があの番組で見た中では、ロシア代表がかなりいけていました。スポーツに限らずですが(旧)東欧、好きなんですよね。
フットボールムンディアル、以前はよく見てたのですが…

Posted by: つき | 2008.02.29 at 17:52

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



«  猫の日記念・世界のぬこ切手(1) 最初の猫切手 | Main |  リアリズムと理想─シックスネイションズ第3節 フランス対イングランド »