«  前進あるのみ | Main |  猫の日記念・世界のぬこ切手(1) 最初の猫切手 »

2008.02.21

 パラが蹴れるらしい

キッカーが…なんて話をしていたら、水曜のトレーニングの時パラがトライユ、ヤシュヴィリ、スクレラと一緒にキック練習をしていたそうであります。
パラについては、フランスじゃなくポルトガル代表でプレーしてたかもしれなかった、なんて記事もありました。お父さんがポルトガルの出身なんだそうです。「でも誰も僕にコンタクトしてこなかったし、僕の方からもポルトガルの協会に働きかけなかったんだ」

|

«  前進あるのみ | Main |  猫の日記念・世界のぬこ切手(1) 最初の猫切手 »

Comments

ここへ来て怪我人が多いですね(ミシャラクのデビューも残念でした!)。パラは飄々としてそうなので、どんなキックを蹴ってくるのか楽しみです。今回は出ませんがボクシスの大きなため息も捨てがたいです。相手国ながらウィルキンソンもかなり気になります。あの容姿であのお姿..

先日初めて社会人ラグビーを観戦した際に目の前にボールが飛び込んできたのですが、とてもグラウンドまで投げ返す勇気はありませんでした(近くにいたガタイの立派な方にお渡ししました)。よくあんな形の物を遠くへ正確に蹴れるものですよね。

Posted by: パン | 2008.02.22 at 11:45

こんにちは。
ポワトルノー退院しましたか。良かった、そして、いつものポワトルノーですね。早く帰っておいで!待ってるからね。

私は、サッカーもラグビーも、近くにチームがあるので、どちらも、スタジアムで見える環境ですが、サッカーは、よく行きますけど、ラグビーは、試合に来てくださいねと、チームから、案内を頂いても、行った事ありません。元オールブラックスの外国人選手が加入したらしいので、いつか、見に行こうと思いますが、そんなことを言っていると、シーズンが終わってしまいます(笑)

イングランド国内リーグなら、サラセンスとハリクインズをご贔屓です。ハリクインズは、調子悪いですけど。
サラセンスは、ハイネケンでも、勝ち上がったので、楽しみです。
まあ、世間では、イングランドは、サッカーの方が、有名ですからね。

トータルラグビーって、つきさんは、見ておられますか?
2008年版が始まりましたけど、普段、解からないディープな情報もあるので、私は、見ております。
残したい時は、英語版で保存してます。

Posted by: mikolady | 2008.02.22 at 14:05

パンさん

パラは短い距離ならトライユに代わって蹴るんじゃないかって言われてるので楽しみにしてます!そうそうボクシス、ポストを見上げてひとつ大きく息ついてから蹴りますよね。彼も最近怪我が多くて心配。(ミシャラクも棄権だったのですね)
キッカーのフォームや癖もいろいろで面白いです。私はオガーラさんが下がりながらキュッと方向転換する瞬間がツボです。(何それ)

私はラグビーボールを手に持ったことはないのですが、ホントによくあれを蹴ったりパスしたりできるなあと思います。テレビ観戦ばかりだと、ついついリアルな感覚が薄れがちになってしまうので、気をつけたいなと思っています。80分走ってぶつかり続ける息遣いとか…すごい人達ですよね。スタジアム観戦、お楽しみになれましたか?

Posted by: つき | 2008.02.23 at 23:16

mikoladyさん

ポワトルノーは順調のようですヨ。「僕は日頃から自分の境遇を嘆いたりする方じゃないから」みたいなことを言ってましたが、こういう人は治りも早いですよね。

>サッカーもラグビーも、近くにチームがあるので
ああ、いいですね!見に行かないなんてもったいない。私はあまりにも冷え性なので、冬季のスタジアム観戦はあきらめております…
ラグビーとサッカーではスタジアム内の雰囲気も少し違いそうですね。海外の試合ほどじゃないでしょうけど。フランスあたりはびっくりするほど違いますね。でもイングランドはサッカーもラグビーも(人数以外)お客さんの雰囲気にそれほど差はないように思いました。

>トータルラグビー
再開してたのを忘れてました…。見なきゃ!


Posted by: つき | 2008.02.23 at 23:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



«  前進あるのみ | Main |  猫の日記念・世界のぬこ切手(1) 最初の猫切手 »