«  こんな時にこんな画像ばっかり拾っていてすみません | Main |  ウォルシュさん大不評 »

2008.02.26

 リアリズムと理想─シックスネイションズ第3節 フランス対イングランド

フランス-イングランド 13-24
「我々はまたしてもリアリズムとプラグマティズムのレッスンを受けた」とはリエヴルモン。フランスラグビーにおいて何度この言葉を聞いたことでしょう。
ナレは試合後「ワールドカップの準決勝と同じシナリオにはまってしまった」と語ってましたが、やはりあの時同様、開始後5分という早い時点でのイングランドのカウンターからのトライが試合の展開を左右したようです。あとはいつものイングランド…強力なFWとアグレッシブなディフェンス、レキップ言うところの「so britishなリアリスム」です。
フランスはファウルが多すぎ、実際それほどキックが好調ではなかったウィルキンソンにPGをプレゼントしすぎました。イングランドのフランス・スリークォーター封じの戦術がうまくはまったのでしょうが、かたやフランスはこの大会、相手によってそれほど戦術(たとえば大外に展開する)を変えていないように見えるので、イングランドも守備の対策がしやすかったといえばそうなのかも。リエヴルモンはまだチームはその段階ではないと考えているのかもしれないけど…。いずれにせよ、さらなるインテリジェンスを、ということです。

それぞれのチームにそれぞれの哲学があるでしょう。しかしイングランドが「勝つためのラグビー」を遂行するために犠牲にしているラグビーのある部分(でも重要な)を考えれば、私はモダンラグビーにフランス的なものが生き残る余地があってほしいと願うのです。その意味で私は新スタッフの方針を好ましく思いますが、現状の無理の多い選手起用やコーチングには今ひとつ共感しかねる点もありますし、結果的に責任を負わされる選手達が気の毒になります。
開幕以来最も批判にさらされているのが1列です。イングランド戦でもスクラムの苦戦は予想されていたものの、やはりこの劣勢が痛かった。スクラムについてはリエヴルモンのインタビューを後述いたしますが、私個人はこの新しい代表がまだ始まったばかりだということを考えればまだ悲観的になるのは早い気がするし(フランスのメディアは大体負けた時の方が嬉々として議論しているけれど)、むしろ全体を見れば若手3人の健闘はポジティブな成果じゃないかと思います。試合後おおむね「がっかりです」と語る先輩達の中で、パラ君の「とても素晴しい経験でした。イングランドと対戦できて楽しかった。僕達が頭を上げていけたらいいな」というコメントはピカピカ輝いてました。君達が未来だ!


さてリエヴルモンは懸案のスクラムについて以下のように語っています。
「我々は3、4回ペナルティを取られたが、私の考えではそれはかなり厳しかったと思う。判定は性急すぎたし、終始フランスに対して笛が吹かれていた。シェリダンと我々の右プロップの間にかなりの体格差があるのは本当だ。しかしレフェリーの判定は尊重しなければならないし、我々がこのセクターで劣勢だったことを認めなければならない。イングランドのスクラムは確かに強力だ。しかし私はフランスのスクラムが進歩して、このペナルティを与えたスクラムよりよくなると思いたい。しかし私はこのセクターで特別言うほど圧倒されたとは思っていない」

「私はイングランドのフッカーの振舞いについても触れておきたい。彼の名前は思い出したくもないし、それほど彼は滑稽でグロテスクだった。彼はアンチ・プレーを発揮していた。ピエロだよ…。しかしそのことで、このイングランド代表に私が抱くリスペクトがいささかも損なわれるわけではない」

「イングランドのフッカー」ことリーガンですが、彼は試合の間挑発を繰り返し、リエヴルモンは後半44分のスザルゼウスキのペナルティについてもリーガンがひと芝居打ったと疑っているようです。あの場面で笛が吹かれる直前の映像を見ると、リーガンがトライユに荒っぽく絡んでいてパラがそれを引き離そうとしているのが分かります。スザルゼウスキはチームメイトを助けようとしたのだと思いますし、リプレイではリーガンは彼が当たってくるのに気がついているように見えます。実際リーガン(の悪癖)については試合前から注目されていまして、まずイングランド戦の数日前のインタビューで、セール・シャークスでプレーしているフォールが、
「イングランドの選手のことはよく知ってるよ。シェリダンとはこの2年半一緒にやってるし、リーガンやヴィカリーとも何度も対戦した。概してイングランドの選手は傲慢だ。まあシェリダンにはフランスに近いスピリットがあるけれど、リーガンみたいなやつはグラウンドじゃ我慢ならない。あいつは対戦相手や審判にものを言うことにかけちゃ天才なのさ」、なんてことを話した。

前にハイネケンカップのエントリの中で触れたけど、スタッド・フランセホームのブリストル戦の時、スザルゼウスキをしきりに挑発していたブリストルの選手…とういうのが実はこのリーガンです。フォールのコメントでその時のことを思い出したらしい仏メディア(私も)がスザルゼウスキにリーガンのことを尋ねて、彼は「リーガンはいろんなことを言ってくるけど、僕は英語があんまりよく分からないから彼の侮辱はそんなに気にしない。冷静さを失ってペナルティを出してはいけないね」なんて答えていたんですけど、まあそのへんは彼もまだ青い。かえって意識しすぎてしまったかな…
リエヴルモンの批判について、当のリーガンがBBCに話したところでは、「そいつは最大級の誉め言葉だね。連中を怒らせるのが俺の仕事で、俺はちゃんとそうしたんだよ。フランスに行く時には、ぎりぎりのプレーでなんとか連中をイライラさせなきゃならない。そうでなければフランスに支配されちまうだろう。ブライアン・ムーアはいつもそうしていたもんだ。だから俺もそれに倣っているのさ」

私はラグビーにおいてはその精神的な部分を大事に思う方ですが、それは普通にやったら重傷者をいくら出してもおかしくない激しい競技をスポーツとして成立させるにはそれなりのコントロールが要るだろうとも思うからで、ラグビーがその精神を失ったらそれは単なる大男のボールの奪い合いではなかろうかと思うわけなのです。私が初めてラグビーを観た時に、試合後拍手で健闘を称えあう場面を「いいものだな」と思ったし、あれをもってラグビーの試合は初めて終わるのではないかと考えてます。
この試合で始球式を行った男の子のTシャツの背中には臓器提供支援のメッセージが書かれていて、この子と一緒に選手の入場を出迎えた子供達も病気で提供を受けた子でしょう。いずれにせよ、こういった子供達にも見せて恥じることのないプレーを、と思うのです。

|

«  こんな時にこんな画像ばっかり拾っていてすみません | Main |  ウォルシュさん大不評 »

Comments

こんにちは。
この試合は、異様な雰囲気だなと、思いながら見ておりました。確かに、W杯のリベンジかもしれませんけどね。
ポワトルノーがいない淋しさ(すみません)も感じながら。
イングランドといえば、初戦のウェールズ戦でも、試合開始から、早々に、怪我人が続出して、ウェールズの選手も、故意ではないと思いますが、肘打ちを、顔面に受けて口から血を流していましたし、私の綺麗どころは、ウェールズの3人から、挟まれて、よく見ると顔面に手が入っていますもの。
ラグビーは、私も、あのノーサイドの瞬間が好きです。今まで、ガツガツプレーしていたけど、笑顔で握手をして、敗者が、勝者を拍手で送る。他のスポーツにはないことです。
それ故、つきさんが、言われているように、1つ間違えば、大怪我になるスポーツです。
ラグビー選手に、自分の子供に、ラグビーをやらせますか?と質問すると、殆どの選手がやらせないと答えるそうです。

Posted by: mikolady | 2008.02.27 at 10:35

どうにもこの2カ国は仲が悪いのですよねえ。イングランドとウェールズの試合はまだ観ていないんですが、こちらも激しかったのですね。

>あのノーサイドの瞬間が好きです
サッカーの文化の殺伐としたところにちょっと疲れてラグビーを見始めたので、私もラグビーのこういう部分が大好きです。たまにすごい乱闘もやらかしますが、すぐ気を落ち着つけてしおらしくレフェリーの支持を聞いていますね。

怪我といえば、今は元気でプレーしている陽気なルージュリーも、ワスプスの選手のラフプレーで喉に大怪我をして、3ヶ月入院して3度手術を受けた…なんてこともあったのだそうで。「子供にはやらせたくない」と思ってもおかしくないですよね。
スザルゼウスキのとこの子はもうボールで遊んだり、パパにタックルかけたりしています。あの子は将来選手になるのかな。

Posted by: つき | 2008.02.28 at 18:31

こんばんわ。
遅まきながら、私も同感です。
私はラグビーの存在意義は、あの、サイドがなくなる瞬間、ノーサイドの瞬間にこそあるとすら思っています。

私はラグビーの応援席はサッカーのようにサイドが決まっていなくて、それぞれがそれぞれに応援したいチームを応援する、それでいていざこざや小競り合いなどは全くない、といった文化を経験者として誇りに思っています。
特に日本ではサッカーの人気に押されがちだとか、IRBももっと人気のあるスポーツへなどといってルール改正に躍起になっているようですが、そういった文化だけは失って欲しくないと切に願っています。

イングランドは仕方ないですね。発祥国のプライドか根っからの性質かわかりませんが、昔っからどんな手を使っても勝てば官軍の国ですから。
イングランド人以外はイングランドを応援しないものだ、なんて言われ方すらされるほどですし、私としてはそういう暖かい?目で見守っています。
ちなみに、リーガンは曲者として有名で、自らもW杯で起用されたとき「自分が何をなすべきかはよくわかっている」なんて意味深な発言をしていました。フランスも豪州もそれにまんまと一杯食わされたわけですが・・・。

Posted by: francefan | 2008.03.04 at 00:40

このエントリを書きながら、自分のラグビー観はちょっとナイーブすぎるのかなと自問するところもあったので、そのように言っていただけて元気づけられました。ありがとうございます。
大きくなり過ぎたサッカーの世界の商業主義やスタジアムの暴力や人種差別がラグビーの世界でも起きてほしくはないですし、フランスの選手や関係者も常々「サッカーのようになってはいけない」と言っていますね。
サッカーにはサッカーの混沌とした熱狂の魅力がありますが、ラグビーがそうなったらその存在意義は失われてしまうような気がします。

リーガンのアレは有名なのですか…。もしああいった選手が日本代表にいたら?と思うと、考え込んでしまいます。

Posted by: つき | 2008.03.04 at 22:25

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



«  こんな時にこんな画像ばっかり拾っていてすみません | Main |  ウォルシュさん大不評 »