«  パラが蹴れるらしい | Main |  こんな時にこんな画像ばっかり拾っていてすみません »

2008.02.22

 猫の日記念・世界のぬこ切手(1) 最初の猫切手

222neko_002切手の中に猫が描かれた例としては1930年発行のスペインの航空切手が最初で、9種のうち1種の右隅にチャールズ・リンドバーグの飼い猫パッツィが描かれています。
後姿の黒猫がちょこんと座ってご主人の愛機スピリット・オブ・セントルイスを見上げているなかなか洒落た絵柄なんですが、とてもアタシに手が出せる値段じゃないので、本日の画像←は「猫が主役」の世界最初の切手、1964年発行のポーランド切手(10種)です。

原画を手がけたのはヤヌシュ(ヤーヌシ)・グラビアンスキ(Janusz Grabianski)。主に絵本の仕事で知られる画家。いきいきとした筆触で猫たちの表情をとらえた、さすがポーランド絵本のクオリティの高さがうかがわれる切手であります。ペルシャ、シャム、ヨーロッパ猫…ポーランド語では猫はkotと言うようです。
グラビアンスキの絵本は持っていないので、同じくポーランドのヨゼフ・ウィルコンの絵本の上に切手を載せて撮ってみたです。ほとんど見えないけど。

ところでポーランド語ではszをシュ、wをヴと発音するそうで、それでいくとSzarzewskiはたぶんシャルゼヴスキになるんじゃないかと思いますが、フランス人はフツーにザルゼウスキと言ってるように聞こえます。
Jスポの表記がどうにも語感が悪く気になってしかたないので、当ブログではもっぱら姓でなく名前の方で呼んでますが、そのうち気が向いたらフランス風の表記に変えるかもしれないのでスルーしてください。FWの選手を「ザル」と呼ぶのも気がひけるんだけどネ。

222neko_001

|

«  パラが蹴れるらしい | Main |  こんな時にこんな画像ばっかり拾っていてすみません »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



«  パラが蹴れるらしい | Main |  こんな時にこんな画像ばっかり拾っていてすみません »