«  画像で振り返る2007年・7 | Main |  また1人 »

2008.01.10

 番宣やりまーす

ラグビー ハイネケンカップ07/08 ラウンド3-2
スタッド・フランセ vs. カーディフ・ブルーズ
1月10日 (木) 20:00 - 21:45 J sports Plus 

(放映日時はJスポのサイト等でご確認ください)

全国のムチムチを愛するラブ&ピースな皆さん、とりあえず見ましょう!

先日はレスターとトゥールーズの対戦で、ポワトルノーがやらかす時の全パターンを見せていただきました…_| ̄|○
トゥールーズのペイルピンクのマイヨはドロドロの雨天下では絵的にかなり厳しいものがありましたが、あのマイヨはトゥールーズが“la ville rose”(バラ色の町)と呼ばれていることにちなんでいるんでしょうね。町の伝統的建造物の建材であるレンガの色のためにこう呼ばれているそうですが、その土地で産出される石や土を使ったヨーロッパの街並みには独自の色調があります。

Sfcardiff


|

«  画像で振り返る2007年・7 | Main |  また1人 »

Comments

ワールドカップでラグビー選手って持ってたイメージと今は違うんだわと思っていたのですが、初めて見たハイネケンカップのレンスター-レスター戦は衝撃でした。クラブレベルだとあんなモンなんでしょうか?やっぱり各国代表の選手ってメディアに出る機会が多いからか小綺麗にしてたんですね。レンスターとレスターの選手の中にはびっくりするような外見の人達がかなりいて、グレイトブリテンですか、その奥深さ(←田舎ぶり)をしみじみ感じました。

あんな人がまだ世の中に現存していたのかと思うような中世!?のような髭とか、お手入れが大変だからそれなりにあれはアレでお洒落なんでしょうが、でも方向が全然違う!!!この人フツウ!と思うとブリテン諸島以外の国の人だったりして(笑)。もうマイヨがどうのこうの以前の問題のような…。

こう比較すると、スタッドフランセもトゥールーザンの選手もフランスのクラブ選手はみんなキレイで垢抜けて見えるから不思議です(笑)。

Posted by: ヴェロニク | 2008.01.11 at 01:20

>ラグビー選手って持ってたイメージと今は違うんだわ

私の場合、以前抱いてたラグビーのイメージはまさにアレでしたw

ヒゲの人…レスターの10番ですか?あのヒゲは正直リアクションに困りますね!どうしたいんだと。たぶん前にシックスネイションズで見て、「SOなのに腹が出てる!」とビックリした人と同一人物だと思うんですが…
まあ正直、イギリス人のセンスはいまだによく分からないところはあります…

Posted by: つき | 2008.01.11 at 12:41

つきさん

明けましておめでとうございます。
(遅れまして、すみませんえん。)
ところで、この夏にスタッド・フランセが来日遠征すると、何かで読みますた。
本当ならば、楽しみですね。

Posted by: ひろどん | 2008.01.11 at 17:53

ひろどんさん、重ねて本年もよろしくお願いいたします。

>この夏にスタッド・フランセが来日遠征すると、何かで読みますた

ホントに?スポンサーがらみなのかな。嬉しいような、そんなことやってないで来季はちゃんとコンディション調整してほしいような…(フクザツ)

Posted by: つき | 2008.01.12 at 23:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



«  画像で振り返る2007年・7 | Main |  また1人 »