«  また1人 | Main |  日仏友好テストマッチ計画 »

2008.01.15

 ハイネケンカップ・ラウンド5

ディミトリがまたスクレラに使われているということは、つまりまた悪天候だったわけなんですね

Skrelabut

息ハアハアしてるけどボールを動かさないように指先に集中してる姿には毎度不覚にもグッときますが、あの姿勢はスクラムで酷使してる腰によくないんじゃないかと思う。というか雑用大杉。しかし今季のハイネケンカップは、フランス勢にはちょっとばかりツキのない天候になっちゃいましたね。

ハイネケンカップ・ラウンド5、プール3のスタッド・フランセ対ブリストルは、前回対戦で零封されてしまったスタッド・フランセがホームでコルレト、アリアスのトライなどで勝っています(19-11)。
スタッド・フランセはさいわいスクレラが間に合いました。ボクシスもベンチ入りし、後半70分にコルレトと交代で復帰を果たしています。前回対戦では散々だったFW陣が強さを示して、ラインアウトとボール争奪ではとてもクリーンだった、なんてことが書いてあります。ディミトリが挑発されたりもしたみたいだけど、さすがに彼もブランが先週の乱闘でサスペンション中という状況はよく分かっている。80分フルにプレーした彼がマン・オブ・ザ・マッチです。BKでは噂の若手バスタロー君がいい試合をしたようで、期待大ですネ。
この試合で主将を務めたのは、先週怪我から復帰したドミニシ。代表を引退した今、日本で彼のプレーを見られる機会は相当限られているわけなので、この試合が放送されたらいいんだけど、エルナンデスいないし無理かな(観客席にはいた)…どピンクのギャランドゥマイヨが見ものなのに!(さりげなくポストがピンクな点にも注目してください)

スタッド・フランセはこの勝利でブリストルにボーナスポイントを与えず、13ポイントでプール2位。クォーターファイナル出場に希望をつなぎましたが、自力でのプール突破はありません。いずれにせよ次の敵地でのハリクインズ戦で勝たなければならないことは確かです。ちなみにワタシはどこが何ポイントで勝ち抜けとかいう勘定が大の苦手なのでして、以下そのへんをご了承の上お読みください。
プール6ではトゥールーズがアウェイでレンスターに破れましたが(13-20)、まだプールの首位です。トゥールーズは次の試合にホームで勝てば十分でしょう、というのはマレーフィールドで、プール最下位のエディンバラが昨季ファイナリストのレスターを17-12で下すという事件が起きていたからです。概して反英気質のスコティッシュのホームで敗戦を喫し、10ポイントにとどまったイングランド王者レスターはプール最終節を待たずして敗退です。

もう1つの熾烈な組プール5では、クレルモンがマンスターに見事な勝利を収めたものの(26-19)、マンスターがボーナスポイントを獲得したため勝ち抜けは微妙。相変わらず取るけど取られるチームであります。一方昨季の覇者ワスプスはスラネスリに快勝して(40-7)プール首位の座を取り戻しています。プール最終節はマンスター対ワスプス、スラネスリ対クレルモン。
プール4のビアリッツは、サラセンズのホームで前半は13-13というまずまずのスコアで折り返したにもかかわらず(というか私がスコアを見た時には勝ってた)、なんと後半に4トライを奪われ16-45の大敗。ホームでのヴィアダーナ戦を残しながらも、クォーターファイナル進出はほぼ絶望です。
プール1のペルピニャンはホームでトレヴィーゾに55-13の大勝。現在プールの2位ですが、各組の2位チームの中では最高の18ポイントを持っていて勝ち抜け有力です。既に敗退が決まっているプール2のブルゴワンは、アルスターのホームで24-25と敗れはしたものの健闘を見せた模様。ふー。このテの更新は疲れるのう。

プール1 1位ロンドン・アイリッシュ(19ポイント)、2位ペルピニャン(18)、3位ニューポート(8)
プール2 1位グロスター(19)、2位オスプリーズ(17)、3位ブルゴワン(7)
プール3 1位カーディフ(16)、2位スタッド・フランセ(13)、3位ブリストル(12)
プール4 1位サラセンズ(20)、2位グラスゴー(15)、3位ビアリッツ(13)
プール5 1位ワスプス(18)、2位マンスター(15)、3位クレルモン(14)
プール6 1位トゥールーズ(15)、2位レンスター(12)、3位レスター(10)

|

«  また1人 | Main |  日仏友好テストマッチ計画 »

Comments

こんにちは。

スクレラにつくすディミトリの献身的な姿、私もぐっときましたです。スクレラよりもディミトリの方が集中しているように見えますもん。ラインアウトもほとんど成功していたと思います。ディミトリ、試合ごとに存在感大きくなってます。
ところでポスト同様、クラブのピンクに対する思い入れを感じる私的にかなりツボなことがあります。ペナルティキックなどでボールを支える丸いわっか(と書いている己のボキャブラリの低さが情けない。あれ、なんていうんですか?)ですけど、必要な時は毎回ラジコンカーみたいのでキッカーの足元まで運ばれてくるんです。その車(もちろんオープンカーです(笑))がまっピンク。こだわり、ですね。

今回、最後のほうでベルガマスコ兄が入りましたね。ずっと故障だったんですよね?復帰してくれて嬉しいです。

Posted by: argento | 2008.01.17 at 01:27

こんなにキックにサポートを頼むキッカーも少ないような気がするんですけど、デリケートなんですかねスクレラ。一番ハアハアしてそうな人に頼むのもどうかという気もしますが、目には嬉しい…。この試合、ディミトリは挑発にも乗らずに頑張ってたそうですが、Jスポでやってもらえないみたいなんですよ残念。80分フルにプレーしなきゃならないので疲れが心配ですが、シックスネイションズは当確っぽい雰囲気なので、どうか怪我しないでもらいたいです。

>あれ、なんていうんですか?
…キックティー?あのピンクのラジコンカー見ました!スタジアムによっていろんなラジコンが運んできますヨ。雷鳥とか。しかしあのいちごポッキーみたいなポスト、見た目すぐ折れそうなんですよねえ。

>ベルガマスコ兄
前回のブリストル戦でパリセと一緒に痛んでしまってお休みしてました。両イタリア代表が並んで倒れてる映像は心臓に悪かったです…

Posted by: つき | 2008.01.20 at 00:24

キックティー、ありがとうございます。ひとつおりこうになりました。少し前の試合で、スクレラ、キックティーの上に置いたボールを誰か(ディミトリではなかった。さすがにそれはどうかと思って辞退したのかも?いや、ディミトリはどんな注文も受け入れそうな気がします。たぶん、交代後だったのでしょう)に支えてもらってました。きっとほんとに繊細なんだと思いますよ。

Posted by: argento | 2008.01.22 at 11:40

>きっとほんとに繊細なんだと思いますよ

頭のいい人って考えすぎちゃうところがありますもんね。ディミトリはあまり思考が複雑そうな感じには見えないので(…まっすぐという意味で)、彼みたいなのと組むのはいいんじゃないかと思います。シックスネイションズにはスタッド・フランセからはこの2人が行くことになりました。

Posted by: つき | 2008.01.22 at 23:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



«  また1人 | Main |  日仏友好テストマッチ計画 »