«  もういっちょ | Main |  ラグビーの夜 »

2007.12.04

 Top14第4節

先週末のTop14の注目の一戦はやはりバスクの覇権を賭けたバイヨンヌとビアリッツのダービーだったんですけど、アウェイのビアリッツが実にリーグ開幕以来初のトライ(カップ戦除く)を挙げて10-14で勝ちました。不調のビアリッツの先週1週間は、トレーニングを非公開にしたりスタッフに動きがあったりといささか神経質でしたでしたが、とりあえず一息。

ラグビーはアミティエでしょ

Indianpottoka

実はスタッド・フランセは先々週のバイヨンヌ戦でホーム不敗記録を作ってまして、04年9月以来53試合ホームで負けてないそうなんです。で、先週金曜の試合でダックスに勝ち、記録を更新はしたのですが、22-19とかなりキビシー内容だった模様。ミスが多すぎたしスクラムでも苦しんでしまったけどチームにはたくさんの変更があったからね、と試合後ドゥヴィリエは語ったんだけど、まあ、エルナンデスさまさまって展開ですねコレ(1コンバージョン4PG1DG)。
この試合スタッド・フランセ唯一のアリアスのトライは、自陣でインターセプトして約80メートル突っ走るという胸のすくものではありましたが、この力走がたたったのかどうか、その後内転筋に痛みを覚えて大事をとり交代。グラウンドの状態も良くなかったみたい。FWにも次々と負傷者が出て、9月にてんかんの発作を起こしたことがあるというDrozdzの交代は心配。依然として怪我人大杉デス。

Espoirs←公式サイトでサムネイルを見て、あれディミトリかな、と思ったら違いました。エスポワールのPaillaugueっていう選手なんだって。トップチームの台所事情がどうにも苦しくなれば、また若手の抜擢もあるのかもしれませんネ。エスポワールのチームにいるSimutogaというプロップも期待の選手らしいです。

|

«  もういっちょ | Main |  ラグビーの夜 »

Comments

こんにちは。

ダックス戦、確かにキビシかったと思います。今日は負けだなと思いながら観てました。またもや雨が降ったりやんだりの悪天候だったのですが、コルレト様がどうも不調の様子。キャッチミス多すぎ。100回も失敗したわけじゃないですが、いいところでのミスが少なからずあり、最後の方はスタミナも切れていたように見え、心配です。

そんなこんなでエルナンデス。こっちの解説の人が「SHが若手だからエルナンデスがリードしないといけないですね」とか言ってましたが、エルナンデスもそのつもりか、試合開始から気合十分。他の選手に向かって何か叫びまくる。怒っているのか?ファンシート。(そうじゃない)
最初のスクラムが組まれると、ブラウア(華奢ぁ~)に話しかけるエルナンデス。妙に貫禄あり。対するブラウア「はい、先輩」みたいな感じでしばし聞き入る。なかなか素直な若い衆と見受ける。
ってなわけで、ブラウアについては、解説の人が「ずいぶんミスをしている。今日の試合はいいレッスンになっているでしょうね」と言っていました。具体的にどこがどうだったのかは私には分かりません。ピチョットやフィヨルに比べれば、確かに存在感が薄い印象はありましたが、それはまだまだ若いんだしきっと当たり前。今後が楽しみですね。

ところで、なんとなーく覇気のないピンクの人たちだったのですが、後半ディミトリが入った後からちょっとピリッとしてきたような気がします。ヨイショじゃありません。ディミトリ、熱いハートでキャプテンシー発揮しているんじゃないかと思います。

Posted by: argento | 2007.12.04 at 09:16

いつもありがとうございます!しばし妄想しました。ブリストル戦もそうでしたが、なんか雨に弱いのかな。しかしエルナンデスのキックは冴えていたようで助かりました。彼のDGは脅威でしょうね。すごいと思うのは全然動じないところ。苦しい展開でも何とか勝ち点に結びつけられる武器は大事ですー。

試合評でもやはり「ブラウアはまだ少し若いかな」という感じでしたが、世界屈指のSOと組んでプレーしていろんなことを吸収できるといいですね。若いうちは素直が一番。ただもうちょっと筋肉つけた方がいいかな…ふっとばされちゃうから。

>ディミトリが入った後からちょっとピリッとしてきたような気がします

そうでしたか!ディミトリのいいところはサポートの早さじゃないかと思ってまして、代表でも彼が入ると安心感があるのです。その分ラインアウトがサスペンス(ry

Posted by: つき | 2007.12.05 at 17:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



«  もういっちょ | Main |  ラグビーの夜 »