«  シャバル3段階増毛 | Main |  イケメンキタコレ »

2007.12.06

 世界遺産

最近大河ドラマを見ていて(家族がハマっているので)改めて思うのは、アニメ世代は確実に社会のソレナリの位置に収まっているのだなということである。あれはね時代劇というより実写モノ。既に時代劇はファンタジーとしてしか成立しなくなっているんだなぁ。ところで私は日頃※ラグビーはロボットアニメなんじゃないかしらと考えているわけで、ラグビーのその種の秘められたオタ的ファクターが放送局のアノ世代のソレナリの位置のひとたちにアッピイルしてくれないものかと思っている(しつこい)

(※以下再掲: 考えてみればラグビーというスポーツは異例に合体的要素の強い球技であり、それぞれが特化したスペシャリストの集団だという点でも、古典的ロボットアニメの様式美─例えば熱血、クール、プロップ体型、女・子供の並びで、プロップ体型は大抵タンク物に搭乗するというようなだね─を想起させなくもない、かもしれない)

さて当普及推進委員会としても「さすがにディデブリゼはコアすぎだろ」という反省がなくもなく、やっぱ正統派(1列としては異端)の画像も載せとこう。すばらしい雄大なお椀型の地形です。

ぱんぱん!

Dimitrialpes2

|

«  シャバル3段階増毛 | Main |  イケメンキタコレ »

Comments

こんばんは。

W杯が終わり、TOP14とH-CUPの行方には目が離せませんが、プーマス祭は私の中でこっそり継続中でして、いつまでもこんなことしてちゃダメ、ダメよねと思いつつ、なぜ飽きないかなぁ、いやそればかりか彼らへの理解が深まるにつれ、思い入れも強くなっていくのはなぜかいなと考えてみるに、今回再掲された「ラグビーロボットアニメ考」を読んでハタと膝を打ってしまいました。
実は、ラグビーのどこに惹かれるかと問われる度に、役目もタイプも異なる選手たちが協力し合って戦うところ、と漠然と答えていたのですけど、なんといっても、そういう様式美にあふれかえったアニメで育った世代ですから、ちょっと感動的なほどつきさんの指摘どおりで、すくなくとも私には十分アッピイルしていたわけです。そんなわけで、この線である程度はイケるはず。ただ、試しにプーマスのベストメンバーでガッチャマン作ってみたら、チームが3つできちゃって気付いたんですけど、15人って一般ウケするには少し多すぎるのかもしれないですねぇ。

ところで、「世界遺産」がどこへオチるのかと思って読んでまして納得。ウマすぎ。 その大いなる丘を、ハイジのふりしてどこまでも駆けのぼってゆきたいな。

Posted by: argento | 2007.12.07 at 11:37

同意をいただけてタイヘン嬉しいです!

>役目もタイプも異なる選手たちが協力し合って戦うところ

やっぱりそこは萌えどころですよね。それぞれの仕事にプライドを持ってるところが素敵です。以前「ある種、ビルや化学工場の火災に命がけで突っ込んでいく消防隊みたいな連帯」とも書いたことがあるんですが、今度は全国5000万人の消防ファン(うそ)にアッピイルする方法を考えたいと思います。(消防も好きー)

>15人って一般ウケするには少し多すぎるのかもしれないですねぇ

そこがオタ心をくすぐるのです!でも確かに一般の人には…。実はラグビーロボットアニメ論はガッチャマンを通じて戦隊ものにリンクしていくのです。(ところで誰がジュン?)

ディデブリゼの地形は氷河によって形成されたドラムリン…氷河の流れの方向に傾斜していますが、ディミトリのお椀形の形状はスバラシイですね。私は緒形拳のフリしてレポートを…

Posted by: つき | 2007.12.08 at 01:08

相変わらずダイナミックですなぁ、癒されますた。
↓の短髪時代のシャバルさんも素敵です。
4枚目ヤバイ、かっこいい。

ここんとこ何かとバタバタしてるんですが、動いているディミトリ&シャバルさん見たさについついワールドカップを見返したりしています。
ミランのCLの試合とかまだ見れてないのに何やってるんでしょうか私(笑)。

Posted by: sola | 2007.12.08 at 02:32

なんかこう、世知辛い年末に豊かな気持ちになりますね。私にとっての「いい体」とは、カッコイイ体ではなくスクラムが押せるか否かです…

>短髪時代のシャバルさんも素敵

いい男ですよね!なかなかイングランドの情報までチェックできないのが残念なんですが、シャバルは相変わらず怪我したりフッカツしたりしてるみたいですネ。私はまだワールドカップ見返せないんですよ。なんだかんだ言っても立ち直れてないのかも。

うちの家族はクラブワールドカップにミランを見にいく予定ですが(見れるのか)、ワタシは冷え性のため断念ですー。

Posted by: つき | 2007.12.08 at 23:40

こんばんは。
確かに「消防的連帯」はかなりな萌え要素ですね。大きくFWとBKという括りでも、個々のポジション同士という細かい括りであっても、別のポジションに仕事をさせるために自分たちの使命を果たす、みたいな犠牲的精神に支えられる部分が少なからずあるように思い、でも選手たちはそれを犠牲だなんて思っちゃいねぇよ、兄弟だろ(プーマスの場合)とか言ってそうな気がする姿に人はグッとくるんじゃないでしょうかね。

ところでジュンですが、最初、歌うプロップオマール・ハッサンがベスト・オブ・ベストかなと。なぜかというと、プーマスが例のねずみーらんどに行った時、可憐な少女のような彼のはしゃぎっぷりに周囲ドン引き、ということがあったからです。でもこれじゃあコントじゃんと思い直し、結局、女性的な細やかさを感じさせるという意味で、この枠はマニュエル・コンテポミ(フェリペじゃないほう)がベスト・オブ・ベスト、次点ゴンサロ・ロンゴとなりましたです。(笑)

Posted by: argento | 2007.12.09 at 15:15

消防はいいですよ~(聞いてない)。もうちょっとすると消防出初め式のシーズンがくるのでドキドキです。
( ゚∀゚)彡 レインボー放水!レインボー放水!

>犠牲的精神に支えられる部分

そのへんがワタシがラグビーFWに心ひかれるところなのです。でも頑張って押してるのにBKにフツーにノッコンとかされると、やっぱりどす黒い思いが胸をかすめるみたいですヨ。

>ジュン

そ、そっちなのか…。いやいいんでないですかハッサン。乙女っぷり見てみたかったなあ。アルゼンチン代表、ディズニーランド大好きですよね。ジェットコースターに乗るにもやっぱりピチョットが先頭だったりして、チーム内の関係そのまんまでおかしかったです。ここでも引率か。
1列ってガタイよすぎでかえってシルエットが丸くなってかわいくなっていくという、マッチョの逆転現象を常々興味深く思っているのです。

Posted by: つき | 2007.12.11 at 15:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



«  シャバル3段階増毛 | Main |  イケメンキタコレ »