«  YouTube(私的)名曲探訪・1 (Felt) | Main |  動画でーす »

2007.11.06

 Top14第2節

Toulousesfブリーヴ 7-12 ビアリッツ
トゥールーズ 28-9 スタッド・フランセ
アルビ 21-16 ペルピニャン
オーシュ 16-18 ブルゴワン
クレルモン 33-20 モンペリエ
モントーバン 15-12 カストル
バイヨンヌ 27-0 ダックス

トゥールーズとスタッド・フランセの“choc”は、クレールとクナヴォレの3トライなどでホームのトゥールーズの完勝でした。
好調デュソトワール、クレールやジョジオン、アルバセテが戻ってきたトゥールーズに対し、エルナンデス、ドミニシ、ドゥヴィリエ、スザルゼヴスキといったムンディアリストや怪我人(マルコネ、リーベンベルグ、ボクシス、アリアスら10数人だって!)を欠いたスタッド・フランセはちょっとキビシかったね、というような評。ミルコがベンチスタートだったので、センターはブルゴワンから移籍したばかりのブセス(ちなみにトゥールーズ出身)とバスタロー(デビュウ~)という苦しまぎれなコンビが先発。コルレトは間に合いましたがロンセロはベンチ。18歳のカマラ君と20歳のBouhraoua君がチーム入り…という大変な台所事情だった模様です。先週負傷したボクシスはかなり重そうで心配です。

初戦でつまづいたビアリッツはブリーヴを破ってとりあえず一息つきましたが、実はこの2試合でまだ1つもトライを挙げていません。大丈夫でしょうか。敗れたブリーヴはというと、試合終了の数分後にクレスピコーチの首が飛び(早!)、なんとこのオフシーズンに移籍してきたマーニュが新コーチに就任しております。

Trinhクレルモン対モンペリエはクレルモンが4トライを挙げるなどして勝ちましたが、2トライを挙げたモンペリエの21歳のフランス人SO、François Trinh-Ducが注目を集めているようです。この2試合で3トライ1DGの大活躍。カデットからモンペリエに所属する選手のようですが、見たいねー。
熱くなるゾと踏んだバイヨンヌとダックスの対戦は結局ホーム・バイヨンヌの一方的勝利に終わりましたが、やっぱ殴り合いやってました…。この試合だけで3枚の黄紙、今節は全試合で計12枚のカードが飛び交ったそうです。つーか両成敗シンビン大杉。

|

«  YouTube(私的)名曲探訪・1 (Felt) | Main |  動画でーす »

Comments

こんばんは。
ワールドカップでのアルヘンの試合をビデオでおさらい中のわたくしに、コルレト様とパトリシオ(アルバセテ)の対戦は酷というものでございます。まだそれぞれのチームの他の選手が良く分からないもんですから、どっちを応援していいものやら心は千地に乱れつつもワクワクしたりなんかして。(選手の方は気持ちが切り替わっているんでしょうから、プロってすごいですよね。)
いまひとつ冴えなかった(ように見えた)コルレト様に相反し、気合十分のアルバセテ。時々、スタッド・フランセのFW(たぶん)選手と小競り合いになってました。でも、ロンセロが入った後にもめそうになった場面ではすぐに回避していた。(ような気がして、微笑ましいことこの上ない。)
はぁ~。しばらくは、このようにワールドカップをずるずるひきずった視線でフランスラグビー観戦となりそうです。(アルゼンチンのケーブルではとりあえずスタッド・フランセの試合は放送しているみたいです。)
ところで、いまさらですが、スタッド・フランセのピンクのユニのピンクっぷりは目に鮮やかで感動的ですらありました。また、相手が黒なのでとても映えて美しかったです。

Posted by: argento | 2007.11.06 at 09:59

argentoさんこんにちは、

>どっちを応援していいものやら

ゼイタクな悩みじゃないですかー。後々レデスマ兄弟対決などもあるかと思いますヨ。試合評を見てもコルレトはイマイチだったみたいですね。でもまあ、これからだ!エルナンデスも戻ってきますし。アルバセテも結構あの手この手なんで、やっぱりもめますわなぁ。
というか、そちらではスタッド・フランセの試合がご覧になれるのですか!いいなああ!もしよろしければまた、試合の模様など教えていただきたいです…金髪のフッカーのことなども…(図々しいお願い)。以前↓のエントリにも書きましたが、彼は角度によってどことなく左側の彼を思い出すのです。
http://tsuki.air-nifty.com/journal/2006/08/mcmc_27f4.html

トゥールーズはオール・ブラックでしたね。NZのケラハーがいるからかしら。しかしスタッド・フランセの今年のユニはさらに蛍光ピンクですねえ。行く先々で笑われてるらしいんですけど、会長は「オカマ呼ばわりされないように選手も頑張るんじゃないですか」という方針のようで…。
トゥールーズは「バラ色の町」とも呼ばれているので、あそこに花の方じゃなくてローズピンクのユニを着て乗り込むのはなかなか挑発的ではないかと思うのですよ。

もうご存知でしょうか、スタッド・フランセの公式です。画像とか動画とか「いろんなもの」(汗)が見られます。
http://www.stade.fr/

Posted by: つき | 2007.11.06 at 18:18

前回のコメントを送信した後で、こういつもアルヘンアルヘンと、しかも楕円の方でのたまうのも我ながら如何なものかと思っていたところでして、好意的に受け止めていただいて嬉しかったです。(ちなみに、コメントする機会を逸してしまいましたが、少し前のアルヘン的ラグビーに対するつきさんの視点や会長のインタなど、フランスとアルヘン、フランスの中のアルヘンを知るヒントになりました。とても興味深く拝読しました。)

>後々レデスマ兄弟対決などもあるかと思いますヨ。
そうなんですよね。なんか、ワクワクしますよ。なんやかんやで内輪で対決してもらって気分的に板ばさみになるのもちょっとスキかも。ピチョットがTOP14のチームに移ってくれればよかったですが。(何故格下に?と思っていたのですが、会長のインタの通りだとちょっとだけ悲しみ・・・。)

>アルバセテも結構あの手この手なんで
彼が悪かったですか・・・。ちょいショックだ。しかし、黒尽くめでちょっぴりガラ悪そうなところも捨て置けないわ。

>試合の模様など教えていただきたいです…金髪のフッカーのことなども…
合点承知之助です!(遠慮なく失笑いただくか、もしくは凍り付いてください。^_^;)
なにはともあれ、喜んで。できる限りチェックいたします。特に隣のおやじさまにちょっかい出されていないかどうかに重点をおいて・・・。(笑)

>彼は角度によってどことなく左側の彼を思い出すのです。
納得です。実は、つきさんのところにある金髪の人の小さい写真をずっと左側の彼と思い込んでいました。彼、さっきチャンピオンズリーグに出てましたよ。フットはそんな時期。また2010年W杯の南米予選が先月から始まりました。先月に引き続き今月の2試合にも召集されてます。(^_-)

>スタッド・フランセの公式です。画像とか動画とか「いろんなもの」(汗)が見られます。
実は、白状しますと、汗かいてみたいと思って何度か行ってみたんですけど、見つからないです。えっーと、例えば、何て書いてあるところを探すとよいでせうか?^_^;
(ちょーっと、長くなってしまってすみません。(__))

Posted by: argento | 2007.11.07 at 09:46

私もW杯のアルゼンチンにはちょっとキビシイことを書いてしまって、ファンの方に悪かったなと思っていましたので、コメントいただけて嬉しかったです。

ピチョットは年齢的なものでしょうかね。一時レスターの噂などもあったんですが。ラシンはパリのクラブなので、住みなれて友達も多いだろうパリから引っ越さなくてすむのはいいのかも…。
会長はああは言うけれど、ラグビー選手のサラリーなど、フットにくらべれば微々たるものだと思うのですよ・・・。ピチョットはこれまで注目されなかった代表を引っ張ってここまで来たわけですから、代表を引退して今度はきっとラシンを1部昇格させるために頑張るんじゃないかと思っています。

>アルバセテ
いやワタシもその試合は見てないんで何とも(汗)。まあTOP14はイエローも多くて結構アツいようだし、売り言葉に買い言葉もあるかな、と。彼はトゥールーズのチームメイトにはPatoって呼ばれてるみたいです。スペイン語だと別の意味ですよね。

>合点承知之助です!
よろしくお願いしまッス!あのセクハラスクラム(?)は一度映像で確認してみたいものです。勝ち残ってくれよハイネケンカップ!
実は家族にこの上WOWOWに加入したいと言い出せず、レアル・マドリーの試合はCLでしか見ることができません。なんかまた顔で止めてましたね。懐かしかったな、パリにいた頃もあんなでした…(また思い出話)

公式サイトはトップページ上のメニューの、Stade TVで動画が見られます。いっぺんダウンロードすると見られると思います。リーグやカップ戦の映像だとロッカールームやインタビューが見られますし(どれだったかコルレトがマッパで見切れてた)、Dieux du stadeはカレンダーのメイキングです。
カレンダーの情報はトップページ左のメニューのDieux du stadeですが、先日サイトリニューアルした時に過去の画像を下げちゃったみたいで…。前はけっこーキワドイ壁紙があったりしたんですけど。それ以外では、ここではちょっとお話しにくいこともありますので(汗汗)、もしよろしければメールなどいただければ…。本サイトのサイトマップのページに私のメアドがあります。

Posted by: つき | 2007.11.08 at 00:13

ラシンのHPを除いてみたらSHは若い人ばかりのようだったので、つきさんがいわれるようにピチョットにはチームが昇格できるよう活躍して欲しいですね。しかもほんとにユニがアルヘンだし。(デザインのコンセプトは何だったんだろうか?)

アルバセテは、ワールドカップの時も時々もめてたので、そういう役みたいですね。素の時はなかなか好青年なのに。ちなみに、丸いボールのpatoは顔があひるに似ているからのようですが、アルバセテは名前がパトリシオなのでpatoと呼ばれているみたいですね。アルゼンチンのテレビでピチョットは(アグゥティンだから)アグゥと呼ばれていたり、エルナンデスを(ファン・マルティンだから)ファンマと呼んでいる人がいました。ただ短くしただけか!とつっこみたいところです。"^_^"

スタッド・フランセのサイトのこと、ありがとうございます。ハンカチ握りしめて、再度探検してまいります。(__)

Posted by: argento | 2007.11.08 at 08:43

ピチョットのキャプテンシーがチームにいい影響を与えるといいですよね。ラシン・メトロはパリの名門スポーツクラブ、ラシン・クラブのラグビー・セクションで、ラシン・クラブのカラーが水色と白なのです。ラシンのフットクラブ(ラシン・パリ)にはかつてフランチェスコリも在籍していました。
ラシン・メトロはイタリア代表監督を辞めたベルビジェが指揮するそうで、1部昇格してスタッド・フランセとダービー…なんてことになったらスゴイですね。

>素の時はなかなか好青年なのに
エインセもピッチでは別人になっちゃいますよね。彼も以前、「DFはちょっと悪くならなきゃならない時もあるんだよ」なんて言ってましたけど、そういう役回りの人もチームには必要なのかな、と思います。Patoといえば、アルゼンチン代表がユーロディズニーを訪れた時のOleの記事に、当たり前ではあるんですがPato DonaldとかRaton Mickeyって書いてあるのを見て、あの人やあの人の着ぐるみ姿を想像してしまっておかしかったです。アボンさんてそんなにアヒル顔かなあ。

>ファンマ
確かにファン・なんとかさんは多い・・・あ、ソリンもファンピなのか。私は中継で確認できなかったのですが、ソリンはアルゼンチンとアイルランドの試合(たしか)を観にスタッド・ドゥ・フランスに来ていたそうで。パリに来るのは久しぶりかな。エルナンデスは通りのいい愛称はJuaniでしょうか。確かピチョットは彼をそう呼んでいました。

>ハンカチ握りしめて、再度探検してまいります
ロッカールームの映像って、試合中は見えない選手の人柄が分かっていいですよね。行ってらっしゃいませ!(アルヘンだと、昨季までバイヨンヌにいたJuan Martin Berberianもなかなかカッコヨスだと思います。今季はどこに行ったのだろう…)

Posted by: つき | 2007.11.08 at 11:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



«  YouTube(私的)名曲探訪・1 (Felt) | Main |  動画でーす »