«  C'est le sport | Main |  満身創痍 »

2007.10.16

 再びアルゼンチン戦 スターティングメンバー

金曜の3位決定戦のスタメンです。罰ゲームとか言われないように頑張ってほしい。

Le XV de France
Poitrenaud - Rougerie, Traille, Skrela, Dominici - (o) Michalak, (m) Elissalde - Duasautoir, Harinordoquy, Nyanga - Thion, Nallet - De Villiers, Ibanez (cap), Poux
Remplacants : Bruno, Mas, Chabal, Martin, Mignoni, Beauxis, Clerc

プルース、ジョジオン、ミルーは負傷で棄権です。アルゼンチンではマリオ・レデスマが欠場になるかもしれません。
イングランド戦でのサイモン・ショーへのタックルが危険と見なされ、規律委員会に呼び出されてしまったシャバルの件ですが、潔白と判断されサスペンションをくらわずに済んでます。

【呪いのホテル】
先週末の準決勝の結果で、レイモン・ドムネクがニュージーランド戦で儲けた賭け金のかなりを失ったであろうことは想像に難くないわけですが、昨年のフット・ワールドカップを見れば、彼の星占い(多分そんなとこだろう)が最後の最後で大外れする理由も分かろうというものである。まあそれでもスポーツ界にはげんを担ぐ人が多いのも事実で、それは彼らがスポーツはいかに多くの部分が偶然性によって左右されるかを知っているからではないかと思う。そんな前置きをしながらですね。
フランス代表が現在宿泊しているホテルは○フィ○ル・パリ・ポルト・ドゥ・セーブル(バレバレ)だそうです。今回のワールドカップでこのホテルを使ったのは、既に大会を去ったアイルランド代表とスコットランド代表。ちなみに彼らが敗退した試合の相手は…

【王子様と準決勝】
イングランド戦の反応その他はまた後日にまとめようと思うけれど、カステニエードはラポルトに責任がある、とキッパリ批判してるみたいです。「フランスは準決勝で力尽きた。しかしフランスは好きなようにすべての武器を使わなかった。というのは試合前に決められた戦術が選手達の道を妨げていたから。私にとっては、ステレオタイプなゲームプランで試合に入るのは難しい」
ここまでワールドカップを見てきて、ラポルトが彼のチームプランからカステニエードを外した理由はなんとなく推測できるし、この代表に何が欠けていたのかも分かるような気がする…

|

«  C'est le sport | Main |  満身創痍 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



«  C'est le sport | Main |  満身創痍 »