«  ピンク・キャデラック | Main |  帰ってこない人たち »

2007.10.29

 開幕戦はこんな感じ

Parisclermontカナルプリュスのネットライブは日本からではアクセス無理っぽだったようで、すみませんでした…  _| ̄|○
しかしスザルゼヴスキがカドモアにビンタ、なんて一文を読んだだけで十二分に萌えられてしまう自分(何故)は、ある意味テキストライブには向いているのかもしれない。人間、想像力だと思うヨ。それにしてもカードもらわなくてよかったな…。確かにイバネスはいい兄貴のようだけどそんなとこまで見習わなくてもいいので。

Top14第1節試合結果:
ダックス 10-15 トゥールーズ
スタッド・フランセ 23-17 クレルモン
カストル 25-12 オーシュ
ブリーヴ 21-22 バイヨンヌ
ビアリッツ 15-15 アルビ
ブルゴワン 10-8 モントーバン
モンペリエ 19-12 ペルピニャン

スタッド・ドゥ・フランスのラグビーのお祭りは続きます。昨季の覇者スタッド・フランセは、怪我人とワールドカップの休養(アルヘン勢とドミニシ)で不在者が多め。大会から戻ったスクレラ、ベルガマスコ兄弟、パリセ、そして直前に熱出したけど間に合ったレミー・マルタンがスタメン入りし、スザルゼヴスキとボクシスがベンチに入りました。一方クレルモンは12人のムンディアリストのうち7人がチーム入りし、ワールドカップであまりプレーできなかったルージュリー、ミニョーニはスタメン出場。プレゼンテーションの時、両チームのフランス代表には観客から喝采が贈られたそうです。

試合の方はホームのスタッド・フランセがミルコ・ベルガマスコ、リーベンベルグ(股抜きww)、ソバドのトライで60分までに20-9とリード。しかしパリジャンはそこから調子を落とし、昨季同じスタジアムでの決勝の雪辱に燃えるクレルモンは72分に1トライを返す。6点差で迎えた78分、クレルモンの2トライ目か…と思われたが主審がビデオ判定もしないでこのトライを認めず(ちょっと物議をかもしている)、スタッド・フランセの勝利で試合終了。
どうもスクレラのキックはまだ不安定みたいで、コンバージョンを2回失敗した。彼は怪我人の関係で後半からボクシスにSOの位置を譲ってFBをやったみたいなんだけど、これって特に「布石」ってわけじゃないよね?
無念の敗戦にガックシのクレルモントワは、その日のうちにクレルモン=フェランへの帰途に着いたそうです…バスで。4時間くらいかかるらしいんですけど。

さりげなくゴールポストがピンクな点に注目
Stade francais - clermont 23-17
http://www.dailymotion.com/video/x3bdmg_stade-francais-clermont-2317_news


さてスクレラはそんな調子だったようなんですが、エリサルド暫定10番(暫定なんだろうか)の確変は依然続いているらしい。金曜のダックス戦では彼のキックでトゥールーズの全得点を叩き出してます(4PG、1DG)。動画見たらスゲーDG蹴ってるみたいなんですけどあれ40メートルくらいあったんじゃないの?しかし大健闘のダックスは終了の笛の直前に、この試合唯一のトライを挙げてボーナスポイントを獲得。
新代表監督リエヴルモンは、11月3日のバイヨンヌ戦まではダックスに残って指揮を取る模様。これはアツい試合になると思うヨ。また、出身地で古巣のダックスが昇格となれば黙っておれないイバネスが、このトゥールーズ戦を観に来てたそうです。

土曜、バスク方面ではビアリッツがホームのアギレラでアルビに引き分け、スタードダッシュに思いっきりつまづいてます。スコア的にはヤシュヴィリとMaillardのキックの蹴り合い。モンペリエとペルピニャンの…これはラングドックダービーってことかな、を制したのはホームのモンペリエ。Trinh-Duc、Ouedraogoといった若手が大活躍したそうです。楽しみです。

1節の結果で、今季のTop14は伯仲しそうだという予想も出ているけれど、上位チームは大勢のムンディアリストを準備に欠いていたこともあるし、下位チームは上位の調子が上がらない序盤のうちにトップフォームをぶつけてくることもあるから、さて、今後はどうなりますか…。どこか放映権取ってくれないかなー。

|

«  ピンク・キャデラック | Main |  帰ってこない人たち »

Comments

私もカナルプリュスをチェックしてみました。お金を払えば観る事が出来るんですかね?
『Top14』という言葉自体を2ヶ月前までは知らなかった私ですが最近異常に気になってしまいます。
youtubeで検索してみましたがゲームそのものの動画があまり無いみたいで残念です。但しいつのか分かりませんが試合前のセレモニーで上空からボールを持った天使が降りて来る演出の動画を見つけ、日本国内のリーグと南半球のsuper14の一部しか観た事の無い私は度肝を抜かれました。これもアリなんだなと。
派手な演出、マイヨ、全裸のカレンダーと、まだリーグの試合は少しも観ていないのにこんなに楽しませてもらって良いのかなって感じです。

つきさんの情報源はどこからなんですか?

Posted by: シャベル | 2007.10.30 at 01:23

やはり外国からは見られなかったんですね。こちらこそ失礼いたしました。

会場は真っピンクでしたよ。悪趣味余興もただただ楽しめるようになってきました。後で考えるとひどいもんだと思ったりしますが。
リーベンベルグとソバドがキレキレでスタッド・フランスラグビー全開でした!スクレラがFBになるまでは…。対するクレルモンも本当に強いチームになりつつあって、今季は何かと怖ろしい展開になりそうです。

Posted by: machvili | 2007.10.30 at 08:51

シャベルさん

カナルプリュスは、ウーン、日本ではどうだろうなァ・・・ケーブルだったような気がするんですが。

>これもアリなんだなと
いやこれありえないです!天使降臨は昨年10月のビアリッツ戦のだと思います。フランスではもっぱらスタッド・フランセが異常に飛ばしてて、あとのクラブはいたってノーマルですヨ。
リーグの方のスタイルは、代表とは違って結構ゴリゴリだという話です。

フランスの動画だと、dailymotionの方がいろいろ見つかるかもしれません。現地の情報はもっぱらレキップやEurosportといったメジャーなサイトで見ています。必要に応じてル・モンドなどの一般紙や地元紙。めんどくさがりなので、決まったところばっかりです…

Posted by: つき | 2007.10.30 at 17:31

machviliさん

いえいえ私の早とちりで。情報いただけてとても感謝してます!

>悪趣味余興
ヒドイですよね(笑)多分ゲイカルチャーで言うところの「キャンプ」感覚なんじゃないかと思うんですが。
スクレラFBはやっぱりアレでしたかー。彼もいろいろやらされてますよね。コンバージョン失敗したのは角度がキビシかったせいもあるんでしょうけど、ワールドカップ以来ちょっと心配です。
ソバドはクラブではそこそこ活躍してるけど、代表の話は出ないのかな。

クレルモンはこれでさらにスミットやボネールが入るかと思うと、コワイですねェ…

Posted by: つき | 2007.10.30 at 18:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



«  ピンク・キャデラック | Main |  帰ってこない人たち »