«  さらば「マルカトラス」 | Main | »

2007.10.01

 フェアウェル・トゥ・エリン

Bod4オドリスコル様…   _| ̄|○

64-7でフランスが大勝したグルジア戦のことはもう一度試合を見直してからちゃんと書こうと思うのですが、そのような事情でプールは2位通過。クォーターファイナルは10月6日、カーディフでニュージーランドとガチ勝負です。ここでいきなりメインディッシュなのかヨ。まあ会場がどこであれ、ニュージーランド相手にホームアドバンテージなど無い、というのは昨年のテストマッチで身にしみているのだった。勝てる気がしませーん。というかこのカードをあのツルツルすべるスタジアムでやるのホントに?

グルジア戦は国内の940万人のTV視聴者が見守ったそうで、おめでたい話題としては、2トライを挙げたドミ様がフランス代表のワールドカップ最多トライをマークしました。通算8トライ。ラポルトは「ジョジオンとドミニシに決意を見た」と、開幕戦以来のスタメン復帰となった両者を称えてました。ジョジオンも調子戻りましたかね。
ジョジオンのアイルランド戦スタメン落ちについてはいろいろ騒がれましたけど、大体スタッフが「練習量が35%足りない」なんてわざわざ具体的数字を持ってきて説明する時は何かをとりつくろってるに決まってるわけで、ジョジオン自身は、「7月1日以来トレーニングを休んだのは全部で10日、それが35%だって?違うよ…。スタッフは僕がアルゼンチン戦でベストなレベルのプレーをしなかったと言いたかったんだろう」。ウェールズとのアミカルの前にあった「個人的問題」とは、彼の一番の親友と、ガールフレンドの兄弟をわずか2日のうちに立て続けに亡くしたようです。時々、この人はプロのスポーツ選手としては知的すぎるし優しすぎるんじゃなかろうかと思う時があるけれど、彼は頑張るだろうと思う、ニュージーランド戦。

グルジア戦の前半にももを痛めたミニョーニは検査を受けなければなりませんが、結果次第ではヤシュヴィリが呼ばれるかもしれない。中継で見た感じではアチャーハムストリングかな…と思ったのですが、ラポルトは「そんなに重傷ではないと思う。筋を伸ばしたかもしれない」と言ってます。

|

«  さらば「マルカトラス」 | Main | »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



«  さらば「マルカトラス」 | Main | »