«  ホテル暮らし | Main |  Should we talk about the weather? »

2007.10.11

 ニュース拾い読み

ニュージーランド戦の時点ですでに「4年に一度のオッパイ祭りもこれで見納めなのね」と思ってましたので、あとの試合はまあいわばボーナスです(ワタシ的に)。フランス代表の中には主将をはじめイングランドでプレーしている選手が数人いることもあり、両代表の間では対戦前の称え合いが始まっていますが、まあ、ラグビーは戦争でもなければこの世の終わりでもない。あなた方はシックスネイションズの矜持をお示しになればそれでよろしいのである。

・そのフランス代表に鉄のディフェンスを指南したイングランド人アシスタントコーチ、デヴィッド・エリスがニュージーランド戦でのフランスのタックル数を改めて数え直した結果、なんと299回(うち失敗は15だけ)に達した模様。

・扱いは小さいんですがコレ実は結構ニュースかしら、と思ったのが、これまでワールドカップで血液ドーピング検査をためらっていたIRBが、月曜に初めて検査を行ったという記事です。今回の対象になったのはフランス代表と南アフリカ代表。
少し前にラポルトが「フランスはキッチリ検査(血液検査も)をやってるが他の国は知らん」、みたいなこと言ってちょっと物議をかもした件が記憶に新しいところですが、まあ難しい部分もあるんだけど、問題はドーピングが健康を害したり時には命にかかわることもあるという点ですね。

・「星占い」という斬新な選手起用法で知られるフランスフット代表監督レイモン・ドムネクのいらぬコメントです。
「私はいつもラグビーフランス代表は決勝に行くと言ってきたし、ブラックス戦ではずいぶん賭けに勝たせてもらった。13-0でリードされている時でさえ。君達は私に『彼らは優勝する』と言ってほしいのだね。いやまあ、私はそうは言わない」(おい)

・宿泊ホテルはソフィテルだそうです。

|

«  ホテル暮らし | Main |  Should we talk about the weather? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



«  ホテル暮らし | Main |  Should we talk about the weather? »