«  クラブ会長の事情(1) マックス・グアジニの最悪の週末 | Main |  アイルランド戦の鍵 »

2007.09.21

 Un plan anti-Chabal

Cmaniaしかしどこを見てもシャバルの記事ばっかりなんですワ。03年のミシャラク同様メディアはスターをめぐる祝祭空間を作りたいようで、まあシャバルさんもいろいろとプレッシャーのかかるお立場だとは思うけれども、「俺はストレスがたまるタイプじゃないから」(シャバル談)。保健・スポーツ・青年相のロズリーヌ・バシュロはシャバルがお気に入りらしいけど、まァ政治家は世論には敏感なものだし…ともあながち言い切れないような。
画像、中央のラシダ・ダティ司法相の視線の行方に注目。「まあこれがシャバルなのね」

0709


今夜フランスと対戦するアイルランドは、当初の予想に反して2列のスタメンでノリノリ、単なるインパクト・プレイヤーではないことを証明したシャバルを警戒している模様。スタッド・ドゥ・フランスの満場のフランスサポーターに、Houuuu!!(たぶん「ギニョール」のシャバル・レクターのアレじゃないかと思う)のシャバル祭りをさせてはならん、とシャバル封じの秘策を講じているらしい…なんて嘘かまことかな報道も流れてます。もっともシャバル本人は、「そいつは結構、俺のチームメイト達にスペースが開くってことだからな」

そのシャバルは木曜、記者たちに「今日中に床屋に行く」といったそうで、メディアは「新ヘアスタイルか?」なんて色めき立ってますが…

|

«  クラブ会長の事情(1) マックス・グアジニの最悪の週末 | Main |  アイルランド戦の鍵 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



«  クラブ会長の事情(1) マックス・グアジニの最悪の週末 | Main |  アイルランド戦の鍵 »