«  Un plan anti-Chabal | Main |  おはようございます、フランス25-3アイルランドです »

2007.09.22

 アイルランド戦の鍵

寝てません。ボーッとしてまーす。
そんな頭で更新も何ですけど、まあシャバルのことはおいといて、フランス代表のアイルランド戦の鍵はラインアウトとキックで優位に立つことであろう、というお話です。

まずアイルランドの空中戦に強い2列(オコンネル、オカラハン)にどう対抗するか。イバネス主将は「彼らの2列はとても経験豊かでインテリジェントだ」、と警戒しています。ビアリッツ時代にハイネケンカップの決勝でこのマンスターの2列と対戦したことがあるデュソトワールも、あの時は特にオコンネルに苦しめられたと言います。怪我が心配されたイバネスを迷わずスタメンに入れたのは、ラインアウトの安定も考えてのことかもしれない。
キックに関しては、やはりオガーラさんを封じるためにはフランス3列の役割が重要になるであろうと。アルゼンチンにしてやられたようなハイパント攻撃のシナリオは断固阻止せねばイカン、というわけです。エリサルドは、フランス側についてはビッグマッチでのミシャラクのキックはいつもキレキレだし(まじですか)、トライユもエマンスもいる、と表向き楽観的なコメントをしてました。あとはまあメンタルかなぁ…(これが一番の課題)

アイルランドのこともいろいろ載せたかったけど、悲しいかなこのへんがワタシの限界でした。オドリスコル様がシャバルのアレをまともにくらわないよう祈っている。

|

«  Un plan anti-Chabal | Main |  おはようございます、フランス25-3アイルランドです »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



«  Un plan anti-Chabal | Main |  おはようございます、フランス25-3アイルランドです »