«  余談になりますが | Main |  第30の男 »

2007.09.26

 MURDERED BY THE CAMERA

Dds2008dimitri思えばスタッド・フランセのカレンダーのメイキング映像は、カメラを向けられノセられているうちに、屈強の男達が次第に「女」になっていく興味深いドキュメントであった。08年版のカレンダーは一部しか目にしてませんが、スティーヴン・クラインはキッチリ仕事をしているようだ。ラグビーの存在証明は申し訳程度の楕円のボールのみ。ラグビー選手はモデルさんや芸能人といった「プロデュースされた」被写体ではないので、見てて「スクレラ何やってんの?」みたいな気はやっぱりする。

クラインの写真というと、フェティッシュというか何というのか、プラスティネイトされた人体(まあ、つまり死体だ)がいささか非現実的に配置された一連のポストプロダクト写真を私はまず思い出すんだけれど※、カレンダーの中でそのテのシュミがわりあい出てるのがディミトリの写真じゃないかと思う。
まあクラインもファイン・アート志向の人なので、あの1列に特化しきった肉体を前に「体すげェー」という感奮のまま撮ってしまったんではアーティストとしてのプライドに抵触する(であろう)、が、なにぶんこれは健全なるラグビークラブのチャリティカレンダーだ。で、仕上がりが上の画像です。鏡を使った空間のトリックや人体の雰囲気はどこかベルギー・シュルレアリスムを思わせるかもしれないけれど、見ようによっては猟奇物件にも猥雑なシロモノにも見える。楕円のフォルムの連続、見る側の視点は武装された肉体の最も無防備な部分に誘導されるように作りこまれている。さりげに結構サディスティックな(被写体に対して)写真じゃないかと思った。果たしてクラインは彼のカラダに勝ったのかどうか。

クラインのテイストが地なのかある程度狙っているのかは分からないけれど、実際に死と性の暗喩は広告の二大常套手段なんであり、ファッション写真においてはヘルムート・ニュートン以来の伝統だということを考え合わせれば、彼はオーソドックスな写真家と言えるのかもしれない。MTV出身のビデオ・アーティストが撮った映画みたいな写真。

(※ 実際にダミアン・ハーストのホルマリン漬け動物シリーズを想起させる作品なんかがある…ということはあれはアレキサンダー・マックィーンとの仕事か)


【マックス・グアジニ“Dieux du Stade”を語る】

Q: 選手の33枚の写真は昨年よりソフトですね。それは意図的な選択ですか?
「原点回帰と言われるかもしれませんね。写真は演出においてよりクラシックです。選手達は私に古代ギリシアの神々を思い起こさせます。我々は彼らの肉体を引き立たせるために、カラーを採用してモノクロを捨てる選択をした。鎖は08年版カレンダーの主たるテーマです。それは選手のボールへの愛着、ひいてはラグビーへの愛着を象徴しているのです」

Q: 誰が選手達を撮影したのですか?
「写真はルーヴシエンヌにあるデュ・バリー夫人の音楽堂のネオ・クラシックなロケーションで撮影されました。撮ったのはアメリカのフォトグラファー、スティーヴン・クライン。世界で5本の指に入る写真家です。カルバン・クラインとドルチェ&ガッバーナのキャンペーンは彼の仕事。マドンナやベッカム夫妻の写真もまた彼です。私が得た最初の反応はとても好意的なものでした」

Q: 今年はカレンダーにラグビー選手しかいませんね。
「おっしゃるとおり、フランス、イタリア、アルゼンチンの選手達です。彼らは多くはドミニシ、スクレラ、クレール、ポワトルノー、パリセ、ベルガマスコ兄弟やコルレトといった代表選手です」

Q: 彼らが選ばれた理由は?
「もちろんその肉体美とスポーツのクオリティに応じて選ばれました。毎年、大勢のエージェントが彼らの選手達をカレンダーに載せようとコンタクトしてくるんですよ。我々はたくさんの申し込みと志願者の写真を受け取っています」

Q: 選手達にはお金が支払われていますか?
「参加と引き換えに選手達は約4,000~5,000ユーロを受け取っています。それは肖像権の譲渡に当たるものです」

Q: “Dieux du Stade”は8年前から、スタッド・フランセの型にとらわれないイメージに貢献していますね。
「ええまったく。カレンダーはクラブのコミュニケーションの一環です。カレンダーはラグビーに関心がなかった一般の人々の目に触れながら、その人気に貢献してきました。我々はそれがラグビー選手のイメージを変えたことにも気づいています。忘れてはいけません、彼らは以前はよく馬みたいに思われていたんですよ。今では連中はグラマラスになりました」

|

«  余談になりますが | Main |  第30の男 »

Comments

ディミトリは、2006年度から参加していますが、ずっと下着姿ですよね。
ラグビーをやってるときは本当にポッチャリした姿ですが、「Dieux du Stade」になると、ノーブルな顔立ちで凛としてます♪
撮影現場ですが、古典時代に建設された宮殿。建設者はフランス革命前は王室専属。
その宮殿、ヴェルサイユ宮殿を思わせるような豪華絢爛ですよね。

Posted by: yuna | 2007.09.27 at 11:42

年々面積が小さくなってますがパンツは死守するつもりのようですね。私は恥ずかしがりやさんが好きなので別にいいんですが、誰か「かえっていやらしいから」ということはアドバイスしてあげた方がいいんじゃないかと。
フランス新古典主義は古代ギリシア・ローマ回帰ムーブメントなので、その意味でも今回のカレンダーのコンセプトに合っているわけですね。ロココの装飾過多に対する反動的様式なので、ベルサイユの装飾とは若干趣きが異なるかもしれません。

Posted by: つき | 2007.09.27 at 20:29

>彼らは以前はよく馬みたいに思われていたんですよ
・・・馬じゃ駄目スか(´Д⊂
W杯の観すぎで、ついフットでもサイドラインを深く割ったボールに「ナイスキック」と思ってしまいます。

Posted by: minaco. | 2007.10.01 at 01:23

>・・・馬じゃ駄目スか(´Д⊂

私も訳どうしようかと思ったんですけどそう書いてあるんですよ…。私はもう馬でも熊でも米俵でも。

W杯楽しんでらっしゃいますか!私も先日軽くフットのルール忘れててビックリしました。ウェールズは残念でした…。チャーヴィスの胸揺れは私への挑発!?と思いましたが、さすがのアタシも萌えませんでした(でもちょっといいなと思った)。昨日はちょっとグルジアの腹揺れに心が動きました。カレンダーのダークフェチ写真より、健全なヘンタイを目指して頑張ろうと思います。

Posted by: つき | 2007.10.02 at 01:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



«  余談になりますが | Main |  第30の男 »