«  ベティ・ブルー | Main |  ラグビーは変わる »

2007.09.10

 Allez “les Bleus”!

Bod2アイルランドとナミビアの試合はこれから観ますが、「5ポイントがすべて」という見出しや、「ひどいパフォーマンスだった。ロッカールームは負けた後みたいだ」というオドリスコル様(1トライ)のコメントを見ると、勝ちこそすれアイルランドは相当苦しんだのね…。試合の最後にオドリスコル様が肘を痛めたというニュースも心配です。シックスネイションズは良くも悪しくも成熟したコンペティションだと思うけれど、ワールドカップではまだ何が起こるか分からない。
そういえば開幕戦の中継で、アルゼンチンの勝利について「南半球のレベルが…」みたいな話になっていた記憶があるけれど、アルゼンチンラグビーは欧州とのかかわりが深いし、一概に南半球というのも「アレ?」という気がしたのもホント。オセアニア、アフリカ、南米では文化も歴史的背景も違う。ラグビー地図が徐々に書き換えられていくのかな、ということを予感させられる大会なのであります。


さて、南アフリカ対サモアが行われたパルク・デ・プランスはパリのフットクラブ、パリ・サンジェルマン(以下PSG)のホームスタジアムで、毎度PSGサポーターによる数知れぬ暴力沙汰とシャレにならない抗議運動の舞台になっている美しいスタジアムです。チームへの要求が多いことで有名なPSGサポは、パフォーマンスが悪いとすぐさま相手チームの応援を始めたりするのですが、サポーターが厳しくていいことなど何もない、というのがここのファンをやっていての結論でございます。

そんなスタジアムだからというわけでもないんですが、ワールドカップ開幕戦の結果に失望したフランスの観客は、実際この南アフリカとサモアの試合で、ヤケクソで(?)サモアの「レ・ブルー」を応援していた。試合の前、スタジアムのモニターに映ったフランス代表の映像にブーイングした観客も中にはいた、ということなんですが、フットファンでもある自分にしてみれば、ブーイング(ンなもの日常の光景である)がニュースになるなんてラグビースゴイとも言える。
まあ、野次を飛ばした観客が純粋なラグビーファンだったかは分からない。ラポルトはいまだに昨年のシックスネイションズでスタッド・ドゥ・フランスの観客がミシャラクにブーイングしたことを嘆いているし、選手も常々「フットのようになってはいけない」と言っているんだけれど、人気が拡大するのにはこういう難しさもあるということじゃないかな。

しかしこの試合をチラチラ見ながらもっぱら芝の心配ばっかしてた自分は何なんだという話なんですが、実際それは私だけではなかった。水曜にここでフット・ユーロ予選のスコットランド戦を戦う予定のフランス代表監督ドムネクは、「ラグビーとは違って我々には平らなピッチが必要なのだよ」、とムカムカしていた模様。代表とPSGのGKであるランドローも、「ピッチ状態が悪いと守る方には有利なんだよね」と言うんだけど、私はまたロテンに怪我でもされちゃ困るの。

|

«  ベティ・ブルー | Main |  ラグビーは変わる »

Comments

こんにちは♪
楽しく拝見させていただいております。
今回の大会で、かなりサッカー場が使用されているようでしたので、
サッカー側の視点で、クレームが入っていないのかちょっと心配しておりました・・・が・・・。やはりなのですねぇ。
楽しい現地情報これからも楽しみにしております♪

Posted by: もぐ子 | 2007.09.10 at 22:15

遅ればせながら、始まっちゃいましたね。
開幕戦はプーマスに肩入れして見ていたけど、あそこまでやるとは・・・・・
試合後のピショットの絶叫を見て、前々回の準々決勝で、フランスに負けた瞬間の彼の慟哭を、改めて思い出しました。
それに引き換え、コルレトの満面の笑みときたら・・・・・
そういえば4年前も、彼は開幕戦でトライしてましたね。

>「ラグビーとは違って我々には平らなピッチが必要なのだよ」

そんなことのたまうてたんですか?
フランスはイングランドと比べると、サッカーとラグビーが共存共栄している方だと云われているけど、ちょっとねぇ。
それなら一番の被害者は、代表よりもリヨンだったりして?

Posted by: フランコ将軍 | 2007.09.11 at 00:11

もぐ子さんはじめまして、読んでいただけてありがとうございます!
もう辞任しましたがランスのギ・ルー監督が、「フットスタジアムを使うよりラグビースタジアムを造ればいいのに」とブツブツ言ったとか、どこも本音は貸したくないみたいですよね。たしかにスクラムの跡とかボコボコ開いてるし…ボールが転がる転がらないより、足をとられて怪我されないかとつい心配してしまいます。

あ、ワタシ日本在住です。

Posted by: つき | 2007.09.11 at 22:59

フランコさん

私はまったく互角の勝負だと思ってましたんで、アルゼンチンにはもうちょっと違ったラグビーをやってほしかったなあと。あれはサッカーでいうとロングボール主体でガッチリ守ってカウンター一発みたいな、サッカーの方の代表は絶対やらなさそうな…。ここまで胸を貸してきたフランスに対して開幕戦でやるラグビーとしては、いささか残念だったです。まあ、もうこの話は…

>そんなことのたまうてたんですか?
ハイ、「ボールもまともに繋げないボコボコのピッチなんかいらん」だそうで。まあドムネクの言うことですから。貸してるのはリヨン、OM、PSG、ボルドー、ランス、サンテティエンヌ、ナント等々ですか。この上ヨーロッパカップまであるクラブのグラウンドキーパーは大変でしょうね。

Posted by: つき | 2007.09.11 at 23:19

アルゼンチンのクラブ、ベレスもサッカーとラグビーがピッチを共有してるので、時折「画期的なハゲ方」してる芝生を中継で目にすることがありました。金田さんが「ラグビーなんてぇ土でやりゃ~いいんスよ」と吐き捨てたのを聞いて土居さんが爆笑してたのを思い出します。

Posted by: miki | 2007.09.12 at 17:30

やっぱりハゲるんだ。アルゼンチンはそういう河原みたいなピッチで足元の技術を磨くんですね!ラグビー、土でやったら雨天のスクラムで溺死者が続出しそうな気がしますが。(いやそういう問題じゃなく)
アルゼンチンリーグ中継はアルゼンチンだからこそ許される実況解説の奇跡でしたね。土居さんはラグビーもやってらっしゃるけど、さすがにゴルフの話は…してるのかな…

Posted by: つき | 2007.09.13 at 22:51

金田さん曰く、芝の“良し悪し”はラグビーには関係ネーだろどっかヨソでやってくんない?って、なんか恨み節だったんで何かしら痛い目にあったことがあるのかもしれませんね。怪我するまでいかなくても、金田さんが現役の頃は日本ではラグビーの方が人気ありましたから“領土”争いで負けたとか(笑)。
私、土居さんがテレ東時代にラグビー実況してた頃、それを良く観てたんですが、普通のアナウンサーでしたよ(それでいいのだが)。それがその後アルゼンチンサッカーでああなるとは。やっぱいい番組だった!土居さんがW杯の仕事終わったら復活希望。ゴルフ話は金田さんのモチネタなので、ラグビーではやんないですね~(笑)

Posted by: miki | 2007.09.14 at 01:11

>金田さんが現役の頃は日本ではラグビーの方が人気ありましたから

あー確かにあの世代の人は…。領土とか、まあ女の子とか。ラグビーも状態悪いとすべって大変なんすよ金田さん。

>普通のアナウンサーでしたよ

わはははは。土居さんは今ワールドカップで、スタジオにいて現地と繋いでますよ。今は結構マイペースでいらっしゃる。野球の話してるのは聞いたことあるなあ…。アルゼンチンリーグ放映権の件はラグビーワールドカップにも責任があるような気がしてなりません(あとプレミア)。来季は必ず!

あ、ポスルカは大量の肉とキャベツがまたウマイと聞いてさらに萌えです。どうしよう。

Posted by: つき | 2007.09.15 at 00:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



«  ベティ・ブルー | Main |  ラグビーは変わる »