«  2つの棄権 | Main |  この暑い中来年のカレンダーなのかよ »

2007.08.22

 フラワー・パワー

ラグビーワールドカップ2007フランス大会開幕直前テストマッチ
ウェールズ vs. フランス  8月26日 (日) 22:35 - 24:45 J sports ESPN
(放送予定はいま一度ご確認ください)

La composition de l'equipe :
Avants : Bruno (Sale/ANG), Szarzewski (Stade Francais), De Villiers (Stade Francais), Mas (Perpignan), Poux (Stade Toulousain), Chabal (Sale/ANG), Nallet (Castres), Thion (Biarritz), Betsen (Biarritz, cap.), Dusautoir (Stade Toulousain), Harinordoquy (Biarritz), Martin (Stade Francais)

Arrieres : Elissalde (Stade Toulousain), Mignoni (Clermont), Beauxis (Stade Francais), Skrela (Stade Francais), Jauzion (Stade Toulousain), Marty (Perpignan), Clerc (Stade Toulousain), Dominici (Stade Francais), Heymans (Stade Toulousain), Rougerie (Clermont)

全国1000万のハードタックラー好きの皆さんお元気ですか。準備マッチ3連発の最終戦、うは~これ見れてよかったw 安定感はアレかもしれないけどこれは見ものですよ。イバネスとプルースがお休みなのでベッツェンが主将やりまーす。ドゥヴィリエとシャバルが復帰、そしてなんとボクシスがスタメンらしいです。FBはおそらくエマンスが試されます。

久しぶりにこの方のプレーが見られる(ハズ)

Dimitrilequipe

毎回その斬新なデザインで笑かして楽しませてくれるスタッド・フランセの新ラインは「ミリタリー&フラワー」といったところでしょうか。まあスポーツにもユーモアは必要だと思うし、議論好きなフランス人には多分コンセプトが必要なんじゃないかな。上の画像でディミトリが着てる、カーキの地にピンクの百合のコレは試作品です。3本線が目立たないのがいい、なんて言っちゃいけないかもしれないけど、実物の色はもうちょっとはっきりしてるらしい。

Kaki3

|

«  2つの棄権 | Main |  この暑い中来年のカレンダーなのかよ »

Comments

おおぅ・・・もうカレンダーの季節でしたか。
↑のエントリの写真、不意打ちだったので思わずうろたえてしまいました。

しかしこのディミトリ、えらい男前に写っちゃいませんか。
いや実際男前なんですけど。
しかしまた楽しそうなユニフォームですな。
ミリタリー柄のTシャツちょっとかわいいかも。

ウェールズ戦はミランの開幕戦と思いっきり被ってるので再放送で見ます!

ところでつきさんエインセが。

Posted by: sola | 2007.08.25 at 00:33

>↑のエントリの写真、不意打ちだったので思わずうろたえてしまいました

クリックすると大きくなります。どうぞ。ディミトリが今回もパンツを死守できているのかが見どころでしょう。

うちの家族はミランファンなんですがチャンネル争奪は私の勝利です。で、前半35分までミラン戦見ましたが、左サイド大丈夫ですかアレ。ところで最近ラグビーの小ネタニュースに、フランスのラポルト監督がガットゥーゾを代表トレーニングセンターに招待したとかなんとかいうよく分からないニュースがあったんですが、何だったんだろう。

レアルってなんか違うような気がしてしかたがありません…

Posted by: つき | 2007.08.27 at 01:12

>左サイド大丈夫ですかアレ

えっとそれは守備の面でということでしょうか。
うちの左サイドの人はどちらかと言うとスロースターターなのでたぶんアレ想定内なんだと思います(それにしても酷かったか・・・)。
右サイドの人はえらく元気でした。

>フランスのラポルト監督がガットゥーゾを代表トレーニングセンターに招待した

色々漁ってみたんですけど、ドメネク監督がEURO予選のイタリアとの対戦を前にシャバルさんとガットゥーゾを比較した、とか何とか。
(イタリアの新聞に“浮浪者みたい”とか“人食い鬼”とか“ケイヴマン”とか書かれてますけどシャバルさん・・・失礼なっ。)
ガットゥーゾは「シャバルと比較されるなんて光栄だよ」なんてことを言っております。
そこから何がどうなってラポルト監督がガットゥーゾを招待することになったのかはよく分かりませんが、髪が長かった頃のガットゥーゾとシャバルさんが並んでいるところを想像したらそれはもう素敵な光景が。

いや私もなんかしっくりこないんですよ、レアル。

Posted by: sola | 2007.08.28 at 22:36

>えっとそれは守備の面でということでしょうか

ハイ、私が見ていた時点ではそっちのサイドをいいように使われてたみたいだったので…。家族に後ろの方は補強したのか聞いたら暗い顔をされてしまいました。

>色々漁ってみたんですけど

ああ!お忙しいところ申し訳ありませんでした!そういえばそんな記事があったような…でも短い記事で、ガッツの名前が出てたかは記憶にないなあ。なるほどそういう経緯だったのですね。ありがとうございます。
“ケイヴマン”はニュージーランドの新聞にも書かれたんですけど、イタリアでは例の頭突きの件で対仏感情良くなさそうですねェ。ドムネクもいらんこと言うから。ラグビーでは伊代表の監督はフランス人ですし、選手も大勢フランスでプレーしてるので、ラテン同士助けあってもらいたいものです(英語圏の力が強いから)。

ラポルトはガッツをシャバルと対面(もしくは対決)させたいらしいけど、たぶんネタニュースですよね。シャバルはガッツも知ってる有名人なのね…。(熊と狂犬ですな)

Posted by: つき | 2007.08.29 at 15:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



«  2つの棄権 | Main |  この暑い中来年のカレンダーなのかよ »