«  イングランド対フランス1戦目 | Main |  バイヨンヌ大荒れの夜 »

2007.08.15

 シャバル絶好調

Amical07画像を探してると、スクレラはほんとによく守備してますね。
イングランド代表とのアミカル1戦目は15-21でフランス。「嬉しいよ。私はフランス代表では一度もトゥイッケナムで勝ったことがなかったから」、とイバネス主将。
フランスは前半11分にプルースがファーストトライを挙げるなど試合の入り方は上々だったらしいものの、そこからポコポコとミスを重ね、マルコネとドゥヴィリエを欠く1列はスクラムでイングランドの巨漢プロップに大苦戦、さらにラインアウトがカタストロフ寸前で、前半は12-11、4PGのイングランド1点リードで折り返し。

後半に入ってすぐ、この日調子がイマイチのミニョーニは負傷もあってエリサルドと交代。しかしなおもフィジカルで苦しむフランス。ラポルトは51分にイバネスに代えてスザルゼヴスキ投入。さらに56分、イングランドのDGで15-11となった時点でトライユ→ミシャラク(スクレラがセンターへ)、プルース→シャバル、ベッツェン→ニヤンガの一気投入で流れを変えようと試みる。
ここで役に立ったのがこの6週間のディフェンストレーニングの成果です。ギブアップすることなく決定的なピンチをしのいでトライを許さず、70分にはベンチでじらされレクター化したシャバルが十重二十重のイングランドディフェンス(正確には三重)をぶち抜いて逆転決勝トライ。横でニヤンガがボールを欲しがってるがお前に出してる場合じゃねえんだンガァァァー。最終スコアは15-21。「結果は大して重要ではない、修正すべきことはたくさんある」と、ラポルト。


この試合のMVPに選ばれたのは、25分間しかプレーしてないけどシャバルです。セール・シャークスの人気(どんな)選手でもある彼が交代で入った時、トゥイッケナムは揺れたらしい。「彼は喜んでるよ、15分で銅像を獲ったんだからね!」と、試合後ラポルトは大笑いしていたそうだ…というのは破格の選手に破格のトロフィー、マン・オブ・ザ・マッチに渡された彫像は重さ25キロもあったから。

Q: シャバルさん、あなたは無敵に見えますよ!
「ハッハッハ、だから俺は最強なんだよ!いやいや。俺なりにベストを尽くしているだけさ。自分のやるべきことは分かっていた。一番重要なのはチームだ。すべてが完璧じゃなかったが、俺達はよく連帯して決してパニックに陥らなかった。2列での初スクラムがどうだったか?それはオリビエ・ミルーに聞くべきだな。俺としては大満足さ。俺達は押してたからな。でも2度目のスクラムの時、オリビエが俺に『押すのを止めてくれ』と言ってきた。イングランドがスクラムのバランスを崩そうとしていたんだ。そのへんは経験の問題だな」

Q: 自分が(スタメンではなく)理想的なジョーカーになりはしないか不安ではないですか?
「なるようになる。ベルナールが決めることだ。俺は与えられたことを受け入れる。控えであることはそれだけですごいことだ。22人の中にいるってことだろう。一番素晴しい役割はスターティングの15人に入ること、だが今は、それがやるべき役割なら俺はベストを尽くすよ」


その他個人的にちょっとだけ不安を覚えたのは、やはりポワトルノーはやらかしているようだということと、ディミトリが止めたフランス絶体絶命のピンチ(前エントリの動画参照)は、どうやらわりとありがちなミシャラクのタッチキックミスからだったらしいということなんですが、まあともかく↓ベロドロームでの2戦目のメンバーです。ターンオーバーです。

Les 22 Francais :
Avants (12) : Bruno (Sale/ANG), Ibanez (Wasps/ANG, cap), Mas (Perpignan), Milloud (Bourgoin), Poux (Stade Toulousain), Nallet (Castres), Pelous (Stade Toulousain), Thion (Biarritz), Bonnaire (Clermont), Dusautoir (Stade Toulousain), Harinordoquy (Biarritz), Nyanga (Stade Toulousain).

Arrieres (10) : Elissalde (Stade Toulousain), Mignoni (Clermont), Michalak (Natal Sharks/AFS), Skrela (Stade Francais), Jauzion (Stade Toulousain), Traille (Biarritz), Dominici (Stade Francais), Heymans (Stade Toulousain), Rougerie (Clermont), Poitrenaud (Stade Toulousain).

|

«  イングランド対フランス1戦目 | Main |  バイヨンヌ大荒れの夜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



«  イングランド対フランス1戦目 | Main |  バイヨンヌ大荒れの夜 »