«  勇気と決意で | Main |  その他の話題 »

2007.06.07

 シーズン大詰め

Sfavant

「決勝でプレーするかはまだ分からない。マチュー・ブランの検査の結果を待たないとね。たとえ僕がプレーしたくても、マチューが試合に出られればと思うよ。彼はこの決勝の舞台に立つのにふさわしいシーズンを戦ってきたんだから。この1ヶ月余り、僕はランニングを続けていた。もちろん試合感は鈍ってる。でももし僕に、この決勝で復帰する万に一つのチャンスがあるのなら、すごいことだね」

といった事情で、フランスラグビー界のクロクロ(クロード・フランソワ)、ディミトリ・スザルゼヴスキが、ワールドカップのリスト発表を前にグラウンドに帰ってくるかもしれません。土曜にスタッド・ドゥ・フランスで開催されるトップ14決勝スタッド・フランセ対クレルモンでは最終的に、肩の手術以来初めてベンチに入ります。
上の画像ですけどロンセロがやっぱりもう忍び寄ってるw スクラムの取り組みは誰よりも早いが、無防備なディミトリにイソイソと手を回す姿がいつもなんとなくセクハラの現場に見えなくもないロンセロなんですが、しかしてその実体は、ジオ・マゾも「アルゼンチンはプロップのロンセロまでパントを蹴ってくる」と警戒をおこたらないテクニシャンであります。さすがボケンセ、アルゼンチンのラグビー選手と言えましょうか。

Frereアルゼンチン人選手といえば、この試合でやはり注目されているのがマリオとペドロのレデスマ兄弟の1列対決です。兄マリオ・レデスマはクレルモンのフッカー。弟ペドロはスタッド・フランセのプロップで、決勝ではロンセロと左右を固めることになります。外国人選手の兄弟がフランスリーグの決勝で対決するのは初めてのことなんだそうな。
スタッド・フランセはピチョット-エルナンデスのアルゼンチン・ハーフバックで臨むそうで、スクレラがセンターをやるということでしょうかね。このエルナンデスには、これがパリでの最後の試合になるんじゃないかなんて噂がまことしやかにささやかれている。んまー、レスターUzeeeeee!


一方その頃南半球では、代表の面々がウェリントンでオールブラックスとテストマッチ2戦目を戦います。週のはじめに発表された時点でのエキップは以下のとおり。ラーラグ兄がウィングやります。ハーフバックは結局ペルピニャンのWニコラ(デュランドとラーラグ弟)ではなく、引き続きSOをボイエが務める予定。

Castaignede (Saracens/ANG) - J. Laharrague (Sale/ANG), Mignardi (Agen), Mazars (Narbonne), Coux (Bourgoin) - (o) Boyet (Bourgoin), (m) Durand (Perpignan) - Magne (London Irish/ENG), Chabal (Sale/ANG), Chouly (Brive) - Pierre (Bourgoin), Pape (cap, Castres) - Sourgens (Bourgoin), Bruno (Sale/ANG), Califano (Gloucester/ANG)

Remplacants : Ibanez (Wasps/ANG), Mas (Perpignan), Olibeau (Perpignan), Ouedraogo (Montpellier), Forest (Bourgoin), N. Laharrague (Perpignan), Thiery (Bayonne)

|

«  勇気と決意で | Main |  その他の話題 »

Comments

つきさん
テストマッチの一戦目は、面白かったですねーー。

ただ・・。
「フランスの健闘」というより、「シャバルさんだけが奮闘」という感じがしてしまい・・。
あとは、9番・10番に感心しました。。

試合序盤、「ヨシ、やるぞー!!」という、一番大事なところで、ほとんどの選手のタックルが芯に入らず(とくに一人目)、ラックではボールと関係ないとこをスウィープしたり(原則は、ボールの真上に入り、『制空権の確保』をする)。
あそこまで出来ないと、かえって不思議です。。
人選以外にも、なにか問題が、ありそうな気がします・・。
まぁ、レフリングに左右されたのも大きかったのでしょうけども。。

ところで、両FLはオープンサイド・ブラインドサイドではなく、左右で分担してたみたいですね。
なんだか、懐かしいシステムでした・・。

Posted by: ひろどん | 2007.06.08 at 00:04

お返事が遅くなってすみません!!
シャバルすごかったですねー。30人のリストにも入りましたが、やっぱりオールブラックスにフィジカル(と闘志)で対抗できる選手は必要かな、と。

>ラックではボールと関係ないとこをスウィープしたり
なんだかバタついてましたよね。まだ試合をきちんと見直してないのでちゃんとしたことは言えないのですが、9番もずいぶん絡まれてしまっていたような。9番は守備などよく頑張っていたと思うんですが、2戦目でパスをあっさりインターセプトされた時にはあっちゃーと思いました。

オールブラックスというのも不思議なチームですね。15人のチームというよりは、巨大なブランドと試合をしているような気がしました。

Posted by: つき | 2007.06.15 at 13:39

つきさん
>15人のチームというよりは、巨大なブランドと試合をしているような気がしました。

ABsのジャージを着ているから、惑わされてしまいますが・・。
ポジションごとに、一人ひとりの動きを、原寸大の評価で見ていくと・・。
他国なら代表に入れてない選手も、多々おり。。

W杯では、フランスが勝つかもしれませんよ~~。

PS.
季節の変わり目です。
身体に気ぃつけて下さいね。。

Posted by: ひろどん | 2007.06.15 at 14:45

そうなんですか、もうフィジカルの段階でうわぁ…と思ってしまって。
オールブラックスは、私にはいろんな意味でマッチョすぎでした。もうちょっと人間味のあるのが好きだな…

梅雨入りのはずですが暑いですね。ひろどんさんもお気をつけてくださいね。

Posted by: つき | 2007.06.18 at 23:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/15347022

Listed below are links to weblogs that reference  シーズン大詰め:

«  勇気と決意で | Main |  その他の話題 »