«  Top14優勝パローレ・パローレ | Main |  リスト発表 »

2007.06.14

 スタッド・フランセの48時間

Brennus2決勝の後、ドミニシがパンツ一丁、頭に青いベレー帽というカッコで観客席のご両親を探していた…という記事をどこかで見かけた気がするんですけど見間違いだったかしら。(ドミニシ…)
この試合で高く評価されたのがガルティエとFWコーチ・ランドローのコーチングです。今季、怪我人続出のチームをよく指揮したガルティエ。指導者としてはこれが初めてのタイトルになりますが、ガルティエ自身は、タイトルを勝ち取ったのは選手達で自分は裏方だといったようなことを語った模様。


さて、試合後のロッカールームでは有無をいわさずシャンパンシャワー

Champagne

、のかたわらで、この試合の後でクラブを去る選手とのお別れの光景も。ブランをはさんで左は引退するカナディアンのマイク・ジェームス、右は来季はラシン・メトロでまたピチョットとチームメイトになる予定のオラドゥ主将。あ、前のエントリで「観客席にいる選手達の後押しで勝った」というコメントをしていたのはピチョットでなくオラドゥ主将です。訂正しましたスミマセン。

Mikemomobibi

そこからご一行はとりあえずスーツに着替えてドラノエ市長の待つパリ市庁舎のソワレへ。この時点で午前1:30。
「飛び跳ねないヤツはチャンピオンじゃな~い」

Sd01

アルゼンチンのお三方。どっちかというと盛大にアサードがやりたいかも

Champion3

午前3時を回ってさらにクラブに繰り出し、その勢いで日曜の昼前にはシャンゼリゼで優勝パレードを決行。約5,000人に歓呼の声で迎えられた模様。その後、全仏オープン男子シングルス決勝の会場、ローラン・ギャロスにブクリエ・ドゥ・ブレニュス(優勝楯)をお披露目に行ったそうで。中継で映ったかのな?私は見られなかったけど。(テニスの大会では全仏の雰囲気とクレーコートの死闘が一番好きですハイ)

Bouclierschamps

月曜、会長と選手達は地元パリジャン紙の編集局を訪問。楯を運ぶ“inseparable(いつも一緒)”のレミーとディミトリ。どうでもいいけど、フッカーっていつも何となく雑用を回されているような印象がある(?)。さすがにチトお疲れ気味の顔ですが、この時点で41時間寝てません。

Sd02a

でも笑顔。

Bouclier

動画はこちらね。
http://www.leparisien.com/home/info/dossier/l_article.htm?dossierid=276103611


【大統領の事情】
新大統領がスタッド・ドゥ・フランスの観客から拍手で迎えられたのか、またもブーイングをくらったのかは知らないが、とにかく決勝にはサルコジが優勝チームに楯を渡しに来ました。先月のフットのフランスカップ決勝には出席しなかったそうなので(それどころじゃなかったか)、大統領として初めてトロフィーを授与したことになります。同じ旧東欧系のスザルゼヴスキと笑顔で握手。よく働く移民はお好きな様子。

T14

|

«  Top14優勝パローレ・パローレ | Main |  リスト発表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



«  Top14優勝パローレ・パローレ | Main |  リスト発表 »