«  おめでとうフランス | Main |  留置所の中 »

2007.03.26

 失調する週末 (Pavement)

Malk私のいわゆる「イケメン」の定義に「100キロ以上」というのがつけ加わったのは、まあ忘れもしない1年前のことで、今では入場するラグビー選手(特に前の方)に「イイ体キター!!」などと喜んでるのは事実としてもですね、実際のところ私は「僕はロックミュージックに蔓延するマッチョが嫌いだ」と言い放ったジーザス&メリー・チェインのウィリアム・リードに共感するものなのでございます。要は精神と思考にぜい肉や余分な筋肉が付いてないかどうかってことなのね。

さて、昨年出ていたペイヴメントの3rdアルバム“Wowee Zowee”の「デラックス・エディション」を買おうかどうしようかと考えているのです。豪華ボーナストラック入り2枚組全51曲(らしい)。というか実際、これほど「デラックス」という意味合いからかけ離れたバンドもないのだった。(元タイトルは“Wowee Zowee: Sordid Sentinels Edition ”という)
オリジナルアルバムの方も、18曲も入って全くお買い得感のない展開は相変わらずだったわけで、その蛇足感がたァまらない、というのがこのペイヴメントです。

デビュー当初は正直なところ「またザ・フォールかソニック・ユースのフォロワーか」、くらいに考えてましたが、この“Wowee Zowee”が出た時は「すごいじゃん」と思ったし、とてもオリジナルだと思った。実に、「素晴しくひどい」。←誉めています
フロントマンで今はソロでやっている痩身のスティーヴ・マルクマスの、音楽に対する距離感覚が好きだ。それをインテリジェンスと言い換えてもいいのだろうけど、彼には音楽へのある種の謙虚さがあって、それはしばしば実にヘンテコなユーモアとして表れる。歪んだギターのはざまに、落ちる夕陽を眺めるような詩情。そしてマルクマスはいつもいい歌を歌ってる。いいかげんで切実で。


そういえばスティーヴの“Jo Jo's Jacket ”のビデオを製作したシャイノーラの撮影ドキュメントがようつべに上がってたんです。ほー、こうやって撮ってたのね
http://www.youtube.com/watch?v=eMb5N2pofik
完成した映像がこれ
http://www.youtube.com/watch?v=3XwLxNT8svk

|

«  おめでとうフランス | Main |  留置所の中 »

Comments

>要は精神と思考にぜい肉や余分な筋肉が付いてないかどうかってことなのね。

相変わらず、良いこと書きますねー。
私なんぞ、精神+思考だけでなく、言動+文章までも酒やけしちまってます。。

Posted by: ひろどん | 2007.04.27 at 18:54

いやいや、思慮深い文章をお書きになられると思っておりますヨ!
ネットで文章を公開するのって、ほんとに難しいことですよね。私は日々反省です…

Posted by: つき | 2007.04.30 at 23:06

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/14406226

Listed below are links to weblogs that reference  失調する週末 (Pavement):

«  おめでとうフランス | Main |  留置所の中 »