«  追記 | Main |  失調する週末 (Pavement) »

2007.03.22

 おめでとうフランス

Tricolore

07年シックスネイションズは最終的に、ホームでスコットランドを破ったフランス(46-19)が得失点差でアイルランドを抜いて連覇。フランスは2節アイルランド戦と同じように終了間際に優勝をほぼ手中にする決定的なトライをもぎ取り、チームが示したこのメンタリティをラポルトは高く評価しています。ラポルトは特に、プルースに代わって立派に主将を務め上げたイバネスの素晴しい5試合をたたえたい、と語っています。

試合の方は見られなかったのでたいしたことは書けませんが、ジョジオン良かったそうですね。トゥールーズの今季前半の不振に引っぱられたんだかどうなんだか、、秋にリヨンでオールブラックスにチンチンにされた時にはロッカールームで完全茫然自失の態だったし、サンタンドレに厳しいことも言われたし、前節イングランド戦の出来もいろいろ言われたようだけど、やっぱりフランスはこの人がしっかりしてなくちゃ。そのジョジオンのトライにつなげたプレーが光ったミニョーニがマン・オブ・ザ・マッチです。
ネットで試合のハイライトは見ましたが、またポワトルノーがやらかしとるのですか。彼はたしか昨年夏のルーマニア戦でも面白プレーでトライを謙譲していたハズ。ネタ系なのか?ラポルトはワールドカップは彼とカステニエードで行くつもりらしいですが、さて。
この試合のトゥールーズBK陣はおおむねいい働きをしたそうで、今後のリーグ戦につなげたいところです。しかし怪我人続出のスタッド・フランセと、主力何人かを試合カンの鈍りきった状態で返されるビアリッツはキツそうだ。


散々だった秋のテストマッチ以降、今回のシックスネイションズをポジティブに終えたことは何よりですが、ワールドカップに向けたテストとしてはどうだったでしょう。「新(再)発見」の選手達もいたし、フィジカル的にキツくなる試合の終盤でスコアを取り戻すメンタルの強さは収穫といえそうです。
一方、ちょっとトライ取られすぎなんでないの?(9トライ、うちホームで6トライ)というディフェンスの問題、そして何よりイングランド戦でボールがキープできず、いくつかあったチャンスもトライに結びつけられなかったオフェンスの問題など、課題も多々ございます。やはりあまりコンスタントでないフランス。強力なFWが機能している時は試合を支配できるが、そうでない時にはイングランド戦のように勝つことができない、というような指摘もあります。グループリーグを勝ち抜けたとして、果たしてオールブラックスに勝てるのかどうか。

優勝の翌日、上機嫌のラポルトはワールドカップの30人のリストについても言及しました。どうやらミルー、イバネス、マルコネ、ドゥヴィリエ、ナレ、そしてプルースorパペはワールドカップ行きがほぼ確実なようです。残る課題はもう1人のプロップや3人目のフッカー、そして3列、センター、ウィング…

ポジション別に言うと、ラポルトの構想するセンターはジョジオン、トライユ、そしてマルティ。トライユはセンターとSO、FBでプレーできるポリバレンスが評価されているようです。フリッツは現時点では4番手だそうな。エー。彼がヘトヘトになってるならそれは代表のために2年半ほどぶっつづけにプレーしてるからじゃないかと思うのよ。
SHのレギュラーポジションを獲得するのはミニョーニだろうと見られています。SHは少し前までは最も競争の穏やかなポジションの1つと見られていたところですから分からないものです。しかしイングランド戦のヤシュヴィリはベストコンディションでなく、まだエリサルドもいます。ラポルトはミニョーニの起用はキッカーの存在次第だと言っていて、そのためか、先日リーグ戦で復帰したミシャラクがワールドカップでプレーするにはキッカーになる必要があるだろう、と言ってます。

そしてSO。ラポルトは今大会のスクレラとボクシスのパフォーマンスを誉めることしきりでした。スクレラはよくトレーニングして、もう昨季までの彼ではない、と。正確なキックとディフェンスの貢献、チームに安定感をもたらすことのできるSOです。代表スタッフにとってのもう1人の思わぬ収穫だったボクシスも、初スタメンのスコットランド戦で信頼に値することを示したそうですね。だからもっと早く呼べって。
フランスメディアは№8のアリノルドキも同様にワールドカップに近づいただろうと見ています。シャバルはイタリア戦、アイルランド戦で名をあげたものの、イングランド戦でその限界が見えたとの批評です。そうかなあ…。

考えてみれば、わずか1年前にやはり苦しみながらも団結して優勝を勝ち取った多くの選手…ミシャラク、プルース、カステニエード、フリッツ、ルージュリー、スザルゼヴスキ、ヤシュヴィリ、エリサルド、ニヤンガ、レミー・マルタン、マーニュ、等々のゴッソリいない(あるいはほとんどいなかった)このシックスネイションズ。ちょっと不思議な感じがしたのもホント。

|

«  追記 | Main |  失調する週末 (Pavement) »

Comments

こんばんわ。
シックスネイションズ、終わってみたら、ブルーズの優勝に終わりました。決勝戦、ブルーズは白ユニを着用していました。

W杯に向けて、ブルーズはハズミがついたのではないのでしょうか?
ブルーズのスコッド(本戦出場のための)、今からが楽しみです。
久々のブルーズ召集のスクレラがゲームを支配した今大会といってよいでしょうか。SOはラグビーでは司令塔、いわば、「ラグビー界のジダン」といってもいいかも。

私のJulian Hans君やJulien Arias君の本戦出場を今から夢見ていますが、Hans君はスタッドのフルチームに復帰、そして活躍しないと選出は夢のまた夢。Arias君はスタッドのチームでもコンスタントに出場していますけどね。

Posted by: yuna | 2007.03.22 at 22:17

こんばんわ♪ はじめまして、私は松井がリーグアンに上がりだしてから興味を持ち始め、リーグアンの試合をかかさず見るようになった者です。長年PSGを見てきたわけではないですが、昨シーズンあたりからPSGの試合があるとかかさず見るようになりました。  
 自分が見た試合ではPSGはあの位置にいるのが不思議に感じるくらい見応えの高い試合をしていました。
 マリオ・ジェペスを失ったことが、ガジャ、ルグエンが来て上昇気流に乗り始めたチームが再び勝てなくなった原因でしょうか?
 好きなボナ・カルーがもっとゴールするともっと良いかとは思っています。 エースのパウレタが鬼神のような活躍をして残留を決めたいですね。 雑誌で読むと、華やかなパスワークを義務とされたチームがゆえにDFよりガジャを優先したようですね。

 とにかく、試合予定を見ると厳しい上位相手が続きますが、何とか残留して来季、良いPSGになるために残って欲しいと思っています。
 まだPSGを好きになってから新しい者ですが、よろしくお願いします。 ランスもお気に入りながら、この1戦、とにかく勝ち点を^^
 確実にTVで見れるのはこの試合を除くとル・マン戦になりますね。

 PSG専用の方じゃないのでこれからはあちらに書き込みます。 
 管理人様お邪魔しました~♪

Posted by: ボナナン | 2007.03.23 at 02:41

yunaさん

優勝でしたねー。ただ、フランスははんぱに自信をつけるとかえってマズい気がするので、気をひきしめて本番に臨んでもらいたいです。
スクレラのパフォーマンスは、「やっぱりSOの存在って大きいのね」と思わせてくれましたね。ミニョーニとはいいコンビネーションでした。スクレラは以前は見た目もうちょっとモッタリした感じだったような気がするんだけど、絞ってカッコよくなったのかな?

シックスネイションズの前に、ラポルトのサブリストではアリアス達も視野に入れられているらしい、というような記事も見かけたんですが、ウィングは目下最激戦区になってしまいましたね。ドミニシ、クレール、エマンス、ルージュリーの1人はメンバーを外れるなんて正直考えられません…


Posted by: つき | 2007.03.24 at 00:39

ボナナンさん

はじめまして、見ていただいてありがとうございます!ただ、PSGブログの方は半休止状態で申し訳ありません。いろいろ理由はあるんですが、ネガな話もどうかと思うし…

PSGはそれまでグダグダでもビッグマッチでいきなりすごい試合をして、復調か?と思わせてまた崩れるというような継続性のなさがカラーなのですが、メディアその他のプレッシャーも含めてとても複雑なクラブで、フットだけに専念するというわけにはなかなかいきません。今季も主力の怪我や途中離脱、重すぎるサスペンション…いろんなことがありました。

確かにPSGには常に華やかなスペクタクルが期待されますが、この何シーズンかで一番いい成績をおさめたのが「守備的、独裁的」と批判を浴びたハリロジッチ時代だというのも皮肉なことですね。続くフルニエは攻撃的なフットを志向したけれど徐々に機能しなくなって、フルニエ自身も迷走し始め…ラコンブ、ルグエンと代わっても未だに修正しきれないまま来ているような気もします。

松井さんはよくご夫妻でパリに買い物に行ったりするんだそうですね。また代表でプレーするところが見たいと常々思っています。

Posted by: つき | 2007.03.24 at 01:26

 こんばんわ。 うーんそうですね、長きに渡りPSGをサポートされてこられた方ならば尚更ネガな話題を更新されるのにはパワアが必要とされるものかもしれません。
 そういった意味合いからすると私はつき様よりも軽い身分かもしれません^^;
 先週のダイジェストを見ると、ボナ、パウレタがもうo,8点分じゃないか、というくらいに惜しいシュートをしたり、全くノーチャンスというわけでは無いんですよね。
 私はリーベル時代からガジャを見てきたので、中盤がずいぶんスムーズになった印象です。
 ですから直の事ルグエンで残留して来季に賭けてほしいと思います。
 
 私は一応イタリア、セリエAを昔見に行ったりしました、そしてちょっと来季、高まったリーグアンへの意識を形にしたくて、軍資金を貯めております。 ので今仕事かたわらフランス語を勉強していますが、言葉は難しいですね(汗) 
 
 そして私も筆は遅いですがつき様のようにサツカー選手の絵をアクリルなどで描く趣味を持っております。 
 それから、いずれはジブンのリーグアンのブログを立ち上げたいとも思っています。
 よいニュースがつき様のサイトで見れるようにPSGを応援します★

Posted by: ボナナン | 2007.03.24 at 03:52

さる事情でしばらくスカパーが見られず、PSGの様子が確認できないのが残念なんですが、結果はともなわないまでもガジャルドが入って流れがよくなりかけているのでしょうか。ガジャルドがモナコにいた頃、PSGは彼には手を焼きましたー。
そうですね、私は最近サッカーのネガティブな面ばかりに目が行きすぎていたかもしれません。PSG、なんとか踏ん張ってほしいです…

>高まったリーグアンへの意識を形にしたくて、軍資金を貯めております

あ、いいですね!フランス語は難しいですよね。私も全然…。ただスペイン語とかラテン語系の言語も多少は見当がつくようになって、海外サッカーを見るのに便利になりました。
LFPの対質にはほとほとウンザリ、というのが本音なのですが、それでもフランスリーグは大きなリーグではないからこそ、ともすれば忘れがちになる大事なことを教えてくれるリーグじゃないかと思います。
リーグアンのブログ、ぜひ拝見させていただきたいです!開設を楽しみにしております。その時にはフランスに行かれたお話も聞けるでしょうか。
私の絵はヘタクソな素人絵で、サイトを始めた時にうっかり公開してしまったのを今さらながら後悔してます…。ボナナンさまの絵、またよろしければ拝見させてください。

Posted by: つき | 2007.03.25 at 23:49

>ドミニシ、クレール、エマンス、ルージュリーの1人はメンバーを外れるなんて正直考えられません

思い出した!
そうそう、ルージュリーを4年前のスコットランド戦で見たときは、そりゃ驚きました。
裏を返せば、あれから4年もたってしまったというべきか。
8年前にオールブラックス相手に大金星を挙げたときの立役者だったカステニエードは、4年前はまさかの落選。
とって代わったミシャラクが微妙な立場ですか・・・・・
でも、落選してもそれで終わりじゃないところがいいんでしょうね。
4年前のキャプテンだったガルティエのように、2度にわたって落選しながら、大会途中で合流して試合に出た例もあったし。

ところで、SOのスクレラって、8年前の準優勝監督だったスクレラと血縁関係はあるんでしょうか?
スクレラという監督は、
「正直いって我々のラグビーでは、オールブラックスとは10回に1回勝てれば上等だろうけど、他に選択の余地はない。」
と信念を貫いてオールブラックスを撃沈したわけですが、そこにフィジカルがどうのといった迷いは一切なかったようです。
エリサルドという名を見て、日本代表をメチャメチャにした前監督を思い出したのは、わしだけでしょうか?

Posted by: フランコ将軍 | 2007.03.27 at 00:02

アイルランドにも大柄なS・ホーガンがいますけど、ウィングも大型化傾向なのでしょうかね。ルージュリーは秋のオールブラックス戦の出来が良くなくて、今のところ選ばれるかギリギリのところみたいです。ウィングのうちFBもきちんとこなせる選手がいればまた違ってくるんでしょうけど。カステニエードは6,7年前まで10番をやっていたそうですね。今はFBのレギュラーだけど怪我が多くて、フランスはFBのポジションがちょっと弱いかな…。
03年のワールドカップ、ガルティエの会見は泣けたっけなあ…。フランコさんのおすすめでワールドカップを見ておいてよかったです。

>ところで、SOのスクレラって、8年前の準優勝監督だったスクレラと血縁関係はあるんでしょうか

実の息子さんですヨ。顔、ちょっと似てますよね。もっとも、父スクレラはあまり息子のキャリアに干渉しないようにしている様子です。3列の名選手だったそうですが、さすがに信念の固い監督だったのですね。それで優勝できないところがまたフランスらしいというか…

>エリサルドという名を見て、日本代表をメチャメチャにした前監督を思い出したのは、わしだけでしょうか

まさにそのエリサルドHCのご子息なんですね。

Posted by: つき | 2007.03.27 at 18:52

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/14345997

Listed below are links to weblogs that reference  おめでとうフランス:

«  追記 | Main |  失調する週末 (Pavement) »