«  ゴメス・ザ・ジョーカー | Main |  追記 »

2007.03.17

 最終節を待たずして

ラポルトという人も軽いんだか狡猾なんだかつかみどころのない人ですが、今回のシックスネイションズで選手全員を起用すると言った「公約」を果たせなかったことについては「悔やんでいる」と会見で語ったそうです。

Q: スコットランド戦でプレーしない選手達は木曜にマルクシを去りますが、その前に彼らに何と言いますか?
「私はまず彼らに礼を言うつもりだ。彼らの貢献に感謝している。何よりプレーしなかった選手に。7週間たっても試合に出られない状況は難しいものだ。ああもちろん、正直に言って、選手達に1試合はプレーできると言い、それができなかったことをすまなく思っている。彼らがバーバリアンズの試合に出ることを我々が望んだのはそのためだ。しかし彼らはそれでもワールドカップの候補なのだ。だから希望を失ってはいけない。まだチャンスはあるだろう。クラブでも、ニュージーランドでの2試合でも」

マルクシを去ることになった選手達の中にはスクレラもいます。イングランド戦で負傷したスクレラは、最終的にスコットランド戦を棄権することになりました。SOは代わってボクシスが務めます。今大会チームを牽引した1人である彼が、優勝のかかった最終節でプレーすることは残念ながらかないませんでした。チームはというと最近ちょっとスクレラに依存しすぎなんでないの、という気がしなくもなかったわけで、選手の皆さんにはここで初心にかえって頑張っていただきたいです。

これまでスクレラのプレーはネットのハイライトなどでほんの一瞬見るくらいでしたが、今回のシックスネイションズで見た彼はインテリジェントで存在感のあるSOで、なんで今まで呼ばれなかったんだか不思議です。
そういえば先日、イングランド戦でスクレラとヤシュヴィリのどちらがキッカーになるかという話題になった時、ラポルトが「あの2人は頭が良くて、監督に強制されてやるような選手じゃない(から彼らに任せる)」みたいなことを言ってた記憶がありますが、それはつまりひょっとして「使いづらい」と言いたいのかしら監督?

そしてまあどうでもよろしい話が多くて恐縮なんですけど、スクレラについて1つ気になっていたのは、「ジョジオンとキャラがかぶっているのではないか」ということでした。彼らは出身地も近いし、コロミエで一緒だったのね。
スクレラは地元だし、当日の中継でスタッド・ドゥ・フランスの観客席にいる姿が抜かれるかもしれないですね。試合を見に来るといえば、もしもなんですがスザルゼヴスキやレミーが来てるのが映ったら、ぜひコソッと様子を教えてください。どうしてるか気になるのよ…

Skr3_1

|

«  ゴメス・ザ・ジョーカー | Main |  追記 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/14286960

Listed below are links to weblogs that reference  最終節を待たずして:

«  ゴメス・ザ・ジョーカー | Main |  追記 »