«  追記 | Main |  イングランドの「黒いけもの」たち »

2007.03.08

 アーティストの帰還

Yach2住環境的な不測の事態により4月末までスカパーが見られなくなり、一足お先にシックスネイションズ終ワタ。夢も希望もございません。
マルコネの骨折は大変重傷で、最終的に復帰まで少なくとも5ヶ月かかるという診断です。スタッド・フランセではオラドゥ主将も肩の手術で2ヶ月半~3ヶ月の離脱だそうです。というか、こんな時に「マルコネはワールドカップに間に合うでしょうか」とか、「トップクラスのスポーツマンのスキーを禁じるべき?」なんて不謹慎なアンケートやってんじゃネーヨフランス人。

イングランド戦です。過去3季、シックスネイションズのこのカードで計53点をたたき出しているヤシュヴィリさんがスタメン復帰です。シャバルとドゥヴィリエも。

Poitrenaud (Toulouse) - Clerc (Toulouse), Marty (Perpignan), Jauzion (Toulouse), Dominici (Stade Francais) - (o) Skrela (Stade Francais), (m) Yachvili (Biarritz) - Bonnaire (Bourgoin), Chabal (Sale/ANG), Betsen (Biarritz) - Thion (Biarritz), Nallet (Castres) - De Villiers (Stade Francais), Ibanez (Wasps/ANG, cap.), Milloud (Bourgoin)

Remplacants : Bruno (Sale/ANG), Mas (Perpignan), Pape (Castres), Harinordoquy (Biarritz), Mignoni (Clermont), Beauxis (Stade Francais), Heymans (Toulouse)


【ディミトリ・ヤシュヴィリ、英国キラー伝説】
・04年 フランス×イングランド(24-21)
この年のシックスネイションズの最初の3試合(対アイルランド、イタリア、ウェールズ)ではベンチスタートでしたが、エリサルドの負傷によりスコットランド戦(31-0)からスタメン復帰。続く最終節、イングランドとの大一番では、フランスの24点のうち19点を挙げ(1トライ、1コンバージョン、4PG)、アリノルドキのファーストトライでも決定的な仕事をするなど全得点にからむ大活躍でグランドスラムに貢献。

・05年 イングランド×フランス(17-18)
2戦目のイングランド戦でミニョーニに代わってスタメンに。フランスはイングランドのディフェンスを崩せず前半は17-6とリードされますが、ヤシュヴィリが6PGを決めてイングランドのファウルを確実に点に結びつける。

・06年 フランス×イングランド(31-6)
この年もやはり大会はベンチスタートのヤシュヴィリ。3戦目のイタリア戦で前半終了直前に負傷のエリサルドと交代し、よいパフォーマンスを見せる。続くイングランド戦で、そのキックとゲームをスピードアップする能力で勝利に大きく貢献。(2コンバージョン、4PG)

【ヤシュヴィリさんイングランドを語る(06年、レキップ)】
「イギリス人のことは好きだったよ。01-02シーズンにグロスターでプレーして、言葉も覚えた。彼らは僕達に対して、僕達が彼らに抱くのと同じ敵意を持っている。でも、彼らはそのことは口に出さない。というか、僕の前では言わなかったってことかな!彼らが尊大だっていうのは本当。でもそれは彼らが必死になって働くからだ。イングランドで僕は、ラグビーに対するまた違ったパッションの重要性に気づいた。彼らはまったく献身的で、かたやフランスはもっと放任主義だ」

|

«  追記 | Main |  イングランドの「黒いけもの」たち »

Comments

>住環境的な不測の事態により4月末までスカパーが見られなくなり、

それは、大事件ですね!!
あと一試合見れれば良かったのに・・。


>不謹慎なアンケートやってんじゃネーヨフランス人。

熱くなってますね・・。
落ち着いて、もちついて。。

ワラビーズは、代表確実な選手だと5人しかSP14に出てないです・・。
残り10名のうち、仮病もいるだろと思うぐらいに、怪我人多発。。


ところで、今週の「トータル・ラグビー」に、シャバルが出てたような。。

Posted by: ひろどん | 2007.03.09 at 20:40

バタバタしていてお返事遅くなって申し訳ありません!
スカパーはそんな事情なんですけど、見たかったカードはその前にみんな見れたのが不幸中の幸いでした。シャバル見たかったなあ…でもこの間france2でインタビュー見たからヨシとしますか…

マルコネの場合は家族とスキーしていて骨折だから多少事情は違いますが、代表選手はほんとにハードスケジュールで疲労もたまりますよね。しかしこの4年の間、バカンスも犠牲にして代表に帯同してきた選手が、ここにきて新たに呼ばれた選手と同列にテストだなんて厳しいですね。

Posted by: つき | 2007.03.13 at 00:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/14185042

Listed below are links to weblogs that reference  アーティストの帰還:

«  追記 | Main |  イングランドの「黒いけもの」たち »