« Bleusはドタキャン | Main | Bleusきました »

2007.01.29

週末は怪我人続出

ここニッポンで欧州ラグビーを目にする数少ない機会であるシックスネイションズの開幕まで1週間、しかし週末のリーグ戦では、また大勢の怪我人その他が出てしまった模様。ひ~。だから結局、発表を日曜に延期したラポルトの予感は的中してしまったわけなんだね。で、今斜め読みした記事を読み直しもせずに上げてしまいます。

フランス、トップ14ではスタッド・フランセ対トゥールーズ@スタッド・ドゥ・フランス(22-20)で、今回5年半ぶりに代表に招集されていたSOスクレラが臀筋を痛め、初戦のイタリア戦に出場できるかはまだ不明。SOはボワイエもまだ週末の試合に復帰してなかったようだから、頼みはトライユということになるかもしれないけど、そのトライユもビアリッツ対ブリーヴ(15-6)で大腿四頭筋に痛みを感じて検査待ち。ただ、トライユに関しては軽傷とみられています。

ペルピニャン対ブルゴワン(16-9)では、3列ボネールが足首を捻挫した模様。また怪我人ではありませんが、アジャン対クレルモン(22-18)で赤紙をくらったウィングのルージュリーが、自動的にイタリア戦は欠場になるかもしれない。なんでも前半と後半にまったく同じテクニカルファウルで2枚のイエローカードを頂戴したらしく、LNRの規定によると、続く10日間の「全試合」出場停止になるらしい。一方、負傷でイタリア戦の欠場が危ぶまれていたトゥールーズのウィング、クレールは、スタッド・フランセ戦でフル出場しました。

ウェールズではガレス・ジェンキンス監督の頭痛が続いています。既にシェーン・ウィリアムス、マーク・ジョーンズ、リー・バーン、ソニー・パーカーが初戦アイルランド戦の棄権を表明した模様ですが、週末のリーグ戦でギャヴィン・ヘンソンが膝を負傷。またトゥールーズのガレス・トーマスに関しては、先週のヨーロッパカップ・アルスター戦でブレナンがアルスターサポを殴っちゃった事件にからんで、出場はERCの規律委員会の裁定次第になりそう。

アイルランドでは、シェーン・ホーガン、ジョン・ケリー、ロバート・カーニーが怪我でウェールズ戦を欠場です。

|

« Bleusはドタキャン | Main | Bleusきました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/13699490

Listed below are links to weblogs that reference 週末は怪我人続出:

« Bleusはドタキャン | Main | Bleusきました »