« 低きに流れるラグビーニュース | Main | ウェールズどうでしょう »

2007.01.22

ハイネケンカップ予選リーグ第6節

ちなみにマックス・グアジニが「トゥールーズにパクられた」と主張している問題のキャップはたぶんコレ

Tcasquette

で、こちらがスタッド・フランセね。うーんどうでしょう。

Sfcasquette

週末に行われたハイネケンカップの予選リーグ最終節の結果、7トライを挙げ47-6でカルヴィザーノに快勝したスタッド・フランセが、ビアリッツに続いて準々決勝進出を決めました。しかしスタッド・フランセは、3月末に行われるクォーターファイナルをアウェイで戦うことになります。ここまできてやっと大会の仕組みが分かりましたワ…
カルヴィザーノをホームに迎えたスタッド・フランセは、当日の悪天候のためプランの見直しを迫られましたが、マルコネたんがMVPに選ばれたことに象徴されるとおり、FWが頑張りを見せすばらしい試合をした模様。スザルゼヴスキ、レミー・マルタン、ラバダンのトライはFW一丸となって取ったもの。
カストルは13-16でワスプスに敗れ敗退。予選を突破したフランスのクラブが3クラブに満たなかったのは、ヨーロッパカップが始まって以来初めてのことだとか。

QUARTS DE FINALE
Biarritz (FRA, nー1) - Northampton (ANG, nー8)
Llanelli (PDG, nー2) - Munster (IRL, nー7)
Wasps (ANG, nー3) - Leinster (IRL, nー6)
Leicester (ANG, nー4) ・Stade Francais (FRA, nー5)

このカップ戦で、シックスネイションズに招集された選手達にも怪我人が出ています。ハーフタイムに交代したスザルゼヴスキの怪我は、さいわい軽いもので心配するほどではなさそう。試合後本人も「ただの打撲で全然たいしたことないよ」と言っていたみたいだけど、君はこの前膝を大怪我した時もそう言ったのよね。
トゥールーズ対アルスター(28-13)ではクレールとエリサルドが、ノーサンプトン対ビアリッツ(8-17)では初招集のオーギュストがそれぞれ負傷で交代したようで、検査の結果はまだ分からないけど、大丈夫かな。


さてシックスネイションズ開幕も間近。聞くところによるとアイルランドが優勝予想の本命とのことだけど、アイルランドの招集選手リストに特にサプライズはなく、チームにはフッカーのフラナリーとウィングのボーが負傷から戻ってきます。また、好調のレンスターのウィング、カーニーと、マンスターのセンター、マーフィーが初招集。しかし金曜のカップ戦で大型ウィング、シェーン・ホーガンが膝を負傷してしまい、少なくとも最初の2試合(対ウェールズ、フランス)を欠場することになるかもだって。エエエー。
一方、主力に怪我人続出のスコットランドは、J.ホワイト、ハインズ、ホッグらが負傷中で、とりわけカジター、ブレアーの両スクラムハーフを欠くことが懸念されています。

|

« 低きに流れるラグビーニュース | Main | ウェールズどうでしょう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/13617414

Listed below are links to weblogs that reference ハイネケンカップ予選リーグ第6節:

« 低きに流れるラグビーニュース | Main | ウェールズどうでしょう »