« キニナル絵画 隠れているもの(1) | Main | キニナル絵画 隠れているもの(2) »

2007.01.16

ハイネケンカップ予選リーグ第5節

Hcdim2スザルゼヴスキの男体山が帰ってきたわァ~。ハイネケンカップ予選リーグ第5節、ニース・スウォンジー・オスプリーズ対スタッド・フランセは、スタッド・フランセがサスペンスの果てに若きSOボクシスの50メートルのPGでドローに持ち込み(22-22)、敗退の危機が一転、有利な状況で最終節を迎えることになりました。

スタッド・フランセは苦手の相手オスプリーズのリバティ・スタジアムで、60分までを19-6とリードし優位に進めたものの、61分のドゥ・プルーイのシンビンが痛かった。そこから立て続けにオスプリーズの1トライ3PGを許し、16ポイントを奪われて逆転される(19-22)。数分間であやうくすべてを失うかと思われたパリジャンですが、試合終了直前のロスタイムに、頭を負傷したスクレラに代わっていたボクシスが、プレッシャーをはねのけて50メートルのPGを決め最後の最後で同点に。
この結果pole3のポイントはスタッド・フランセ17、オスプリーズ16、セール・シャークス15となり、パリジャンは週末に、勝ち点0で敗退したカルヴィザーノと準々決勝進出をかけホームで対戦することになります。
復帰にはもう少しかかるのではと見られていたスザルゼヴスキは、フッカーのカイゼル君棄権のため急きょベンチ入りし、後半60分に交代出場。シックスネイションズもあるのであんまり無理しないでね。レミー・マルタンも帰ってきましたー。

5節終了時点で、フランスの7チームのうち残っているのはビアリッツ、スタッド・フランセ、カストルの3チーム。ビアリッツは波乱なく予選リーグ突破を決め、カストルは次回ホームで首位ワスプスと対戦。
ペルピニャン、トゥールーズ、アジャンは敗退が決定。特筆すべきはブルゴワン。既に敗退が決まっていましたが、欧州王者マンスターをスイスのジュネーブに迎え、負けはしたものの名誉をかけた好ゲームを見せた模様(27-30)。最近は国境を越えてヨーロッパカップを開催する例も増えてきたけれど、バスク方面などはこのところまたきな臭くなってきたようで、どうなるんだろうね。

|

« キニナル絵画 隠れているもの(1) | Main | キニナル絵画 隠れているもの(2) »

Comments

今夜のJ-SKY、6N再放送は、フランスですね!!

Posted by: ひろどん | 2007.01.18 at 00:13

あ、本当だ、再放送やっているんですね。この試合は負けちゃったんですよ。HOスザルゼヴスキのおもしろスローインが炸裂する試合です。彼もラインアウトさえ人並みに放れれば…。そんな事情で、先日の早稲田のラインアウトは「身につまされすぎて」見てられませんでした。

Posted by: つき | 2007.01.18 at 00:33

私的には、昨年の「早稲田対トヨタ戦」を、笑って観ていた報いでした・・。
技術的な面で分析していけば、もっと違う原因からなのでしょうけども。。


フランスは、早いとこメンバーを固定し、チームを一枚岩にすれば、「打倒・ABs」の最右翼というか、フランス以外に勝てるチームは無いです。。
6ネーションズが、分岐でしょうけども・・。

(6ネーションズは、出来ればアイルランドとイングランドにスクラムだけ勝って、他の試合はメンバーを落とし力を温存。そして、アイルランドに優勝譲れば・・。)

監督が絶対の自信を持ってれば、夏のABsとのテストマッチでは、わざと少ない手駒と戦術でいなし負けておけば、ABsは罠にはまるかも。

Posted by: ひろどん | 2007.01.18 at 03:54

フランスの場合、今のところある程度固まってるのはLOとSHとセンター…くらいじゃないでしょうか。夏のテストマッチはメンツを落す予定だと聞いてます。ファンの立場としては、ワールドカップにかかわりなく1試合1試合面白い試合が見たいと思ってしまうものなのですけどね。

スクラムはオールブラックスに散々やられましたけど、あの頃は怪我人などでスクランブルのクラブも多かったし、まあコンディションもあるかな~、なんて、なるべくポジに考えてます。アイルランドにスクラムで勝つ…HOのフラナリーをカッカさせるとか…

Posted by: つき | 2007.01.19 at 17:37

こんばんは。

>ワールドカップにかかわりなく1試合1試合面白い試合が見たいと思ってしまうものなのですけどね。

大丈夫ですよ。
フランスは、相手が強くても弱くても、なぜかハラハラさせてくれますから。。

普通に見るなら、フランス戦が面白いですね。。

Posted by: ひろどん | 2007.01.19 at 23:57

>フランスは、相手が強くても弱くても、なぜかハラハラさせてくれますから

アハハ、それはお褒めいただいてるんでしょうか?
比較的自由なスタイルのチームってそういうものなのかもしれないですね。機能しない時はずるずる深みにはまっちゃうという。ゲームのリーダーがイマイチ不在なのかも…

Posted by: つき | 2007.01.21 at 23:12

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/13512535

Listed below are links to weblogs that reference ハイネケンカップ予選リーグ第5節:

« キニナル絵画 隠れているもの(1) | Main | キニナル絵画 隠れているもの(2) »