« November 2006 | Main | January 2007 »

2006.12.28

キニナル絵画 名画建もの探訪

Am(←クリックすると大きいサイズになります)
大きい家に住みたいとかはそれほど思わない。まあ程度の問題だけど掃除が大変だし、何よりなんとなく居場所が定まらなくて落ち着かない気がする。猫はその点を分かっていて、常に寄りかかるものを探している。猫は「ほんとにそれに入るの?」っていうくらいキツめのダンボール箱にきゅうきゅうにつまるのが好きだ。そしてダンボールの方が猫に合わせて形を変えていく。
日常を離れて考え事をしたい時などは、小さなコクピット的空間にちょっと憧れる。

そんな意味でも心魅かれてしまう絵が、アントネッロ・ダ・メッシーナの「書斎の聖ヒエロニムス」(1474-75年頃)だ。意外と小品だというのもソソる。聖ヒエロニムスはラテン教会の四大教父の1人で、絵画作品に描かれる時には、荒野の改悛者や書斎で思索する学者、教会を守護する枢機卿などの姿をとる。この作品は、修道院の一室で聖書を翻訳中のヒエロニムス。
しかし変わった建築である。実際の修道院にはさすがにこんな構造物はないんじゃないか。他の坊さんは通るわ、ライオンはウロウロするわじゃ思索どころじゃありません。聖人が暮らしたベツレヘムの修道院と、その書斎の内部を同じ画面におさめる必要性からこうなっている。宗教美術は1枚の絵でいろんなことを説明しなけばならないので、どうしてもこうなる。

Adそれにしてもこの書斎が好ましい。ユニット書斎。手持ちの画集ではよく見えないけれど、階段の下に革のスリッパらしきものが脱いであるのを見ると土足厳禁かもしれない。脱ぎ方からして、聖人はそれほど几帳面じゃないようだ。この小さな階段を上ったところに盆栽物件があって、この先が知的小宇宙であることを暗示している。全体にちょっとインドのジャンタルマンタルを思い出したりするのは、やっぱり宇宙なんだな。
その左端に猫。絵の具の剥落の感じを見ると後世の加筆かもしれないけれども、ともかく猫。同じテーマのデューラーの版画(1514年)では、前景に描かれているのはまどろむライオンと犬。アントネッロ・ダ・メッシーナの方ではライオンは活動中なので、小さな書斎で寝てても絵的に邪魔にならないサイズのネコ科が代わりにウトウトしている。このライオンには聖人に足の棘を抜いてもらった恩がある。

全体の幾何学的な構図の中で、聖人の赤い衣のひだには動きがあり、白い袖の質感は壁にかかったショールの白と響き合っている。書斎に置かれたこまごまとしたものがまたよろしい。研究に没頭する聖人を中心とする重力の輪の上に、均衡をとりながら配置されている。椅子も好ましいし、後ろの赤い帽子がのったチェスト、これは私もホシイ。こんなシンプルなのがアンティークショップなんかじゃむちゃくちゃ高い。

Am3アントネッロ・ダ・メッシーナという画家は、たとえば建築やインテリアに凝る人にはけっこう琴線に触れる画家じゃないかと思う。「聖セバスティアヌス」では、矢に射抜かれてタラタラ血を流す若い聖人の背景に市民の日常生活が広がっていてまたシュールなんだけど、門のアーチの上にテキスタイル物件がかかっていて、どうもそこに目がいく、というか、そういうふうに描かれている。聖人というより遠近法描きたかっただけちゃうんか。人体自体が建造物みたいでもある。
私は特に凝らないけれども、「受胎告知」の聖母マリアの書見台もなかなか好みだ。

つまりアントネッロ・ダ・メッシーナの絵を鑑賞する時、人は渡辺篤史になる。篤史のごとく建築を堪能し、インテリアをためつすがめつし、窓からの眺めに感嘆し、ペットと強引な交流を試みるのである。外の庭では柳生真吾が寄せ植えを作っているかもしれない。

渡辺篤史の建もの探訪
http://www.tv-asahi.co.jp/tatemono/

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.12.23

メリークリスマス

Plateクリスマス商戦恐るべし、ついつい余計な自分用まで衝動買いしてしまうのがこのシーズンなんだけど、ふと気がつくと手元にアラビアの27年前のイヤープレートが。アレ?
パッと見て、「あ、ブリューゲル」と思いました。ブリューゲルの“雪中の狩人”。プレートの図柄は氷の張ったフィヨルド(?)で魚を獲るひとたちで、ブリューゲルのみたいにスケートして遊んでいるわけではないんですが、俯瞰の構図や落葉した木々の感じ(針葉樹でないのが開けた感じでイイ)、冬の澄みわたった空気感がちょっとそれらしくて気に入った。

“雪中の狩人”の、タルコフスキーの映像みたいな抜け方が好き。「農民のブリューゲル」などと言われているわりには、農民への共感というよりは一歩引いて現世を見つめるようなアイロニックな視線を感じる画家だけれど、この作品はちょっと趣が違う。絵のところどころにいる鳥の、フラットな目で見た世界…みたいだ。

Hunter2ブリューゲルについては嘘かまことか、景色をさかさまに股のぞきしようとした時に心臓発作か何かで死んだ、なんて話が言い伝えられてる。
この話でなんとなくフットボールのことを考えてしまうのは、DFに思い入れながらフットを見るってことは、ある意味さかさまにフットボールの世界を見るようなものかもしれないな、なんて日頃思っているからです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2006.12.20

フットとラグビーとレイシズム

Szarnyang

フランス代表のマイヨを着た仲良しの2人、スザルゼヴスキはポーランド系、ニヤンガはザイールの出身。フランスのスポーツにかかわっていると、常に人種や民族といったものを意識せざるをえないところがあります。関係者もメディアも、特に人種差別の問題には非常に敏感です。
「選手のオリジンは尊重しなければならない」というのは、この4年ほどPSGサイトをやってきて(反省すべき点も多々あるけれども)切実に感じることですね。パリにはいくつもの移民のコミュニティがあって、コミュニティに属する選手達は自分のオリジンにとても誇りを持っているし、コミュニティの社会的評価を上げるためにも頑張るわけです。
ただ私個人は、スポーツを取り巻くレイシズムについて何かを言うのには慎重…というのは、私は現地の事情を見知っているわけではないし、あまりにも問題が大きく複雑でデリケイトだと思うから。

人種差別的傾向を持つPSGの一部ウルトラの問題は、最近では死者も出る事態になっています。実際のところ極右の問題は移民の集中するヨーロッパの都市部にはつきもので、複雑な社会状況がからんでおり一面的な視点で言及するのはとても難しい。人口が多く、民族も階層も多様なパリではそれだけ摩擦も大きいんだろうけど、その軋轢がフットボールのスタジアムにダイレクトに反映されてしまうのは、スタジアムが広範な層に「開かれている」ものだからじゃないかと思います。良くも、悪しくも。
フットは全世界に膨大な数のファンを持つ巨大なスポーツ。だからフットには常にそういった多様性や“混沌”を受け入れる幅が必要になる。でも膨れあがる社会不満のガス抜きの場としては、スタジアムはすでにあまりにも小さい。いちフットボールクラブでどうこうできるレベルの問題じゃないはずなのね。

2年ほど前にPSGの会長グライユは、スタジアムのバイオレンス追放のためチケット販売に身元証明を義務づけようとしたのだけど、サポーターグループの組織的な反対運動にぶつかった。で、この種のトラブルのイメージにナーバスな株主のカナルプリュスは、成績不振もあってグライユをクビにした、という経緯があります。ちなみに、当時この問題にはあまりかかわりたがらなかったLFP会長のティリエは、最近になって、「300~400人のフーリガンを追放すればパルク・デ・プランスは平和になる、私は2年前からそう言っているのです」だって。フン。
いずれにせよ、父親が息子に愛するクラブの試合を見せようとやってくる親子連れのような多くの普通のサポーターが、“差別主義者のPSGサポーター”というマスイメージで十把一絡げにされるような事態にはウンザリしちゃうのだ。だけどひとつ言えるのは、これは必ずしも「PSGの問題」ではないよ、ってこと。これからあちこちで同じようなことが起こると思うよ…


Lirish自分がまだ何かしらイワユル「スポーツの精神」に期待をかけているラグビーの世界でも、先週末はいろいろとレイシズムの問題が報道されたのです。
1つはハイネケンカップ。ロンドン・アイリッシュはFBのDelon Armitageに対するアルスターの選手達の人種差別発言について、ERC(European Rugby Cup)に断固提訴する構えである、というニュース。

もう1つはフランスProD2、ポー対トゥーロンで起きた出来事。この試合の終了直前、ポーの2列Jeannard(元ベジエなのか、ディミトリやニヤンガとスクラム組んでた選手なんだな…)とトゥーロンの南アフリカ人選手Van Vlietの間で口論になり、Jeannardがグラウンドを下りてしまった。引きとめようとするチームメイトとコーチ。試合は混乱の中で終了の笛が吹かれた模様。Jeannardによれば、彼はVan Vlietから「耐え難い人種差別的な侮辱を受けた」。喧嘩になるよりはグラウンドを去る方がよかったのだと説明しました。
試合の後、ロッカールームに向かう通路で、Van Vlietはポーの選手達と何人かのトゥーロンのチームメイトに取り囲まれて叱責されたらしい。騒ぎがひとまず収まると、トゥーロンに所属しているタナ・ウマンガがJeannardと話に来て、彼にマイヨの交換を申し出た。トゥーロンの会長も同様にJeannardに謝罪しに来たそうです。

こういったトラブルがたとえばサポーターの野次などでなく、グラウンド内で起きたことだったのは、当事者がはっきりしているだけに相互理解のしようもあるだろう、という点ではまだよかったかもしれない。かつてPSGに所属したアルバニア人選手が、ラフプレーに怒った相手チームの監督から差別的発言を受けて騒ぎになったことがありました。その選手は「告訴は何の役にも立たない。相手チームの監督とは1対1で話し合いたい」と言ったのですが、それはまあ、見識だと思う。
PSGの会長はその時、「ああいった言葉がパリの監督の口から発せられたものなら、自分はサッカー界からの反応を想像する勇気がない」と言った。フランスのスポーツにとって、レイシズムの問題はとてもとてもデリケイトだ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2006.12.19

この子は誰の子

ビアリッツの、選手の家族を招いてのクリスマスの催しのようです。
ベッツェンとこのお子さんかわいいねー。

Bets

↓この子のパパは一目瞭然っしょ?

Yach

もちろんヤシュヴィリのお子さん。そっくりすぎw
ラグビーの才能も似るといいね。

| | Comments (0)

2006.12.12

警官とカンカン ハイネケンカップ予選リーグ第3節

MrPSGのファンをやっていて1ついいことを挙げれば、まあ、謙虚な気持ちでフットに臨めるということでしょう。「またPSGがお騒がせしてすみません」、「こんなややこしいクラブに来てくれてありがとう」とかね…ささいなことで心から感謝できるようになります。

そんなPSGがリヨンでぼこられていた日曜、ホームスタジアムのパルク・デ・プランスではラグビーのお祭り、スタッド・フランセ対セール・シャークスが開催されていました。たしかマックス・グアジニはマルセイユの出身だということを考えると、それはちょっとばかり微妙な事実のようにも思えるけど、私もそこまで偏狭じゃないんで。
いつもはスタッド・ジャン=ブアンで、雨に濡れながらお隣にそびえるパルクを見上げているスタッド・フランセのサポーターも、この日はパルクで観戦です。

試合の前には予告どおり、特設ステージでムーラン・ルージュのダンサーによるフレンチ・カンカンのショー。12月のパリ、この日も結構寒かったはずなんだけどプロフェッショナルですね。
もちろん44,112人(最終的にこの数字)の満員の観客の前でラグビーのイイ男達をお迎えするとなれば、それははりきるでしょう。ロッカールームでちゃっかりカレンダーに選手のサインをもらって大満足で帰っていった模様。サンタクロースのコスチュームのポンポンガールもかわいかった。
一方スタジアムの周囲では、おなじみ騎馬警官が警備を固めていたのだった。

Sfsale試合は、前半を掌握したスタッド・フランセがドミニシとソバドのそれぞれ2トライで27-16で勝ちました。
シャークスがPGで先制した直後、16分にメッシーナの突破からドミニシにつなぎ、ドミニシはタッチライン際ぎりぎりを走ってトライ。26分にはソバドが40メートルの位置でパスを受け、ボールをシャークスFBの背後へ蹴り上げてそのまま走り、ボールをキャッチしてトライ。ルックスは吉本系ながらお見事。35分にはドミニシが2トライ目を挙げて17-6で折り返し。

前半に膝を痛めたドミニシはハーフタイムにコルレトと交代するのですが、後半に入るとシャークスが反撃。72分にはピチョットのパスをインターセプトしたシャークスのシャバルが約50メートルを独走して中央にトライ。20-16の4点差に詰められます。
しかし終了の直前、今度はソバドがぎりぎりでインターセプトしてトライを挙げ勝負を決めました。土壇場でボーナスポイントも獲得。終わってみれば両チームのトライはすべてフランス人選手が挙げたもの。

スタッド・フランセはここまでハイネケンカップ3戦全勝でpole3の首位。ビアリッツもアウェイでボーダー・リーバーズを0-25と完封し、pole6で同じく3連勝。一方20-19の1ポイント差でスラネスリに惜敗したトゥールーズは、ホーム1勝アウェイ2敗でpole5の3位。大丈夫かな。その他のフランス勢だと、pole1のフランス対決はカストルが36-28でペルピニャンに勝ち(2位、3位)、アジャンはオドリスコル様の3トライなどでレンスターに敗れpole2の2位、ブルゴワンはホームでレスターに敗れpole4の最下位。
そんな中、国際大会のスケジュールとの重複を理由に、トップ14のクラブが「来季のヨーロッパカップをボイコットしちゃうよ」と言っている、なんてニュースもありますが。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

増殖ドット

ヒメツルソバの花がなんとなく目について、最近こればっかり撮っていた。
花というより花粉そのものの顕微鏡写真というか、むしろカビの胞子というか粘菌というか、一見カワイイがむっちゃくちゃ繁殖しそうな不穏な形状である。事実増えるらしい。

Hime3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.12.11

北宋だな

Dimitriスタッド・フランセ対セール・シャークスは現在進行中ですが、ディミトリがいないお祭りは一抹の寂しさがあるなあ…と思っていたところに、You Tubeに07年版のカレンダーDieux du Stadeのメイキング映像が上がってた。おーディミトリとレミー・マルタンのもある。先日発売されたばかりのDVDの映像のため、私としてもさすがに気が引けるのでURLを載せるのは自粛するけど、You Tubeで“Martin Szarzewski”あたりで検索すれば出てくるはず。あれはいいものだ。
今回のカレンダーは彼にしては頑張った気がする。「僕は一体何をやらされてしまうのだろう」というよーな不信に満ちた目がちょっとツボ、かも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.12.10

お祭りの影

Maxそう、ムーラン・ルージュのねーちゃんに挟まれてデレデレしてる場合じゃないのだ。日曜にハイネケンカップのスタッド・フランセ対セール・シャークスを控え、マックス・グアジニは、「ラグビーのパルク・デ・プランスへの大いなる帰還だ。パルクでラグビーの素晴らしい時を経験した誰もが共有するノスタルジーです」と、感慨深げ。
金曜までに4万2000席のチケットを売り(なお3000席が発売中)、これはヨーロッパカップの予選リーグでの新動員記録になるモヨウ。前の記録であるトゥールーズ対ワスプス(今年1月14日)の3万4000人を大きく上回る数字です。

その一方、この試合には100人の警官が警備に当たることになるらしい。11月23日に行われたフットボールのUEFAカップ、PSG対ハポエル・テルアビブ戦の終了後、PSGのサポーターがハポエル・テルアビブのサポーターを警護した警官に射殺されるという事件が起きましたが、このセール・シャークス戦は事件後パルク・デ・プランスで行われる初めての試合になります。
この悲劇的事件について聞かれたグアジニ会長は、「もっといい日もあるだろう…」とだけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.12.03

ボールの冒険 (Billy Bragg, Teenage Fanclub)

Ball1権利その他の問題はあれど、あんまりメジャーとはいえない音楽の記事を書くのにYou Tubeはやっぱり便利なんですナ。何より、埋もれさせたくない良い曲もあるわけ…たとえばこの、ビリー・ブラッグの“Sexuality”です。
http://www.youtube.com/watch?v=iqH_xqh0eVw

ロンドンのワーキング・クラス的アイデンティティに基づく真摯な社会派メッセージを弾き語りの歌に乗せ、かつては「ワン・マン・クラッシュ」とも呼ばれたシンガー・ソングライター。91年のこの曲は元ザ・スミスのジョニー・マーとの共作で、彼がギター、キーボード、バックボーカルで参加しプロデュースもやっている。いい感じにジョニー・マーの色の出た曲です。
ビデオクリップの方は映像的にどうこうというタイプのものではないけど、彼の「このメッセージを伝えたい」というハートが伝わる好ましいもの。2000年に事故で亡くなったカースティ・マッコール(バックボーカルで参加した)が出演していて、そういう意味でもいろいろと思い出深い。

イングランドらしくフット関連ネタとしては、この曲には「俺のおじさんは昔レッドスター・ベオグラードでプレーしてた」って一節があって、単純に韻をふんでいるんだろうけど(“played”と“Belgrade”、ハゲシクなまってる)、実話ってことはないよね?

余談ついでに、同じアルバムからのシングル曲“You woke up my neighbourhood”には、例の神出鬼没のREMのマイケル・スタイプとピーター・バックが参加していて、彼らが友情出演してるビデオクリップがコチラ↓これがまたジョージアの田舎から出てきた人キャラで…
http://www.youtube.com/watch?v=hYvdz4lEhKM


Ball2さて、“Sexuality”のビデオでビリー・ブラッグ達が遊んでた赤いサッカーボールがその後どこへ転がっていったかというと…10年後のスコットランド、グラスゴーでした(ウソ)。ティーンエイジ・ファンクラブの“I Need Direction”。
http://www.youtube.com/watch?v=lpHZPkdHKTA

犬がかわいいヨ。2ヵ所ほど、チラッとメンバーが出てきます。フットボール好きなTFC、彼らのアルバム“Thirteen”のジャケットには、そのまんまサッカーボール(バレーボールじゃないらしい)の写真が使われたりしているのですが、そのへんのお話はこちらのエントリに。
そういえばしばらく前に、スカパーのプレミアリーグのフィラーでTFCの“Sparky's Dream”が使われていたけど、なんでプレミアにスコティッシュのTFCだったんだろうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.12.02

勝負は天国と地獄

パルク・デ・プランスも最近はフット的にいろいろあって重苦しい雰囲気なんだけど、そのテの空気は読まないマックス・グアジニ。10日のハイネケンカップ、スタッド・フランセ対セール・シャークス@パルク・デ・プランスでもお祭りをぶち上げる予定で、既にチケットは8割がた売れたそうです。この日パルクで昨季のイングランド王者をお迎えするのは、なんとム-ラン・ルージュのカンカンガールズらしいヨ。いざ勝負、とはるばるやってきたセール・シャークスの面々にお尻まくっちゃうわけね。

↓カンカンガールズかわいいねぇ。オテル・ドゥ・ヴィルの記者会見で、サンタンドレ、ガルティエ、シャバル、ドミニシ、ベルガマスコ弟。ジャン・ルノワールの“フレンチ・カンカン”が観たくなってきた~。

Cancan

そのスタッド・フランセは今日はアウェイでクレルモンと対戦なんですが、ガルティエはテストマッチ帰りの代表選手たちのほとんどを休ませることにしたらしい。それにしても今冷静に振り返ると、今回のテストマッチでのアルゼンチンのペースはどう考えても普通じゃなかった。たとえばフランスの選手などは、やはり頭のどこかに今後のクラブのリーグ戦やカップ戦のことがあるんじゃないかと思うんです、が、アルゼンチン代表に関しては必ずしもそうではないということをイヤというほど知っている。

あの試合で怪我をしたモンペリエ所属のトデスキーニは内転筋の肉離れで6週間の離脱。バイヨンヌのピオセクは、6週間どころではない…6ヶ月の離脱で今季終了だそうです。十字靭帯やっちゃったのか…。バイヨンヌはメディカル・ジョーカーを獲得するだろうけれど、昨日のバスクダービーでビアリッツに敗れていまだ最下位、ホントにやばいかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.12.01

「ラグビーは考えるスポーツだ」

Dsargアルゼンチン戦でスザルゼヴスキの世界遺産に深刻な被害が出てしまい、復帰まで少なくとも1ヶ月ということで、この年末はとてもサビシイ。最近のインタビューでも読んでみようか…というわけで、本日は「早く良くなってね」祈願エントリです。

その体格に関しては、ターザンとかランボーとかスーパーマンとか、そのテの形容をされることの多いスザルゼヴスキ。記者の質問も、ついついマッスル方面に集中しています。
04年の北米ツアーの後でラポルトに、「フランス代表に残りたかったらもっとトレーニングしなければならない」と言われて奮起、「ラガーマンにはいつでも進歩の余地がある」と言う彼のダイナミックな肉体はたゆまぬ努力の賜物ですが、本人としてはもちろん、単なるきんにくんと思われるのは不本意なようです。

Q: フィジカル面で、君は自分を何にたとえる?アニマル?それともスーパーマン?
「ノン(笑)。フッカーとしては僕は並の体格だ。僕より15キロも重い選手だっている。僕は普通のフッカーだよ。南半球のフッカーに対してコンプレックスがあるかって?僕とブラックスのフッカーではそんなに体格差はない。反対に、南アフリカのフッカーは僕よりずっと貫禄がある。それは確かだ。でも、大きくてたくましいこと自体に大した意味はないんだよ。ラグビーはみんなが思ってる以上に頭を使ってプレーするものなんだ」

このインタビューで、彼はラグビーの前には柔道と空手をやっていたという、さらにパワフルな事実が明らかになっているのですが、記者に「あなたにとってラグビーは球技?格闘技?」と尋ねられて、「その両方。ラグビーを始めた時、ちょっと柔道や空手をやってた頃の雰囲気を思い出した。ラグビーはチームの格闘技、でも球技であることにかわりない」、と答えています。
夏のスプリングボクス戦でいきなりマットフィールドの胸倉をつかみにいった、あれは柔道の?

Dsmat_1_2

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2006 | Main | January 2007 »