« ラグビーテストマッチ フランス対ニュージーランド | Main | オールブラックス・イン・パリ »

2006.11.15

レキップの分析 et オールブラックスとデジュネ

フランス代表復旧までの間、スザルゼヴスキの癒しの乳寄せ画像をご覧ください。
(最低のエントリだ…)

Szar_1


レキップ紙では毎回コンサルタントのローラン・ベネゼク氏が試合の分析をしています。オールブラックス戦のフランス代表の大敗について、ベネゼク氏は、両チームの差はとほうもなく大きいように見えるが、テクニカルな要素とフィジカルの要素は区別すべきだろうと言います。

まずテクニックの面では、この試合を取り巻く状況を考慮すべきではないか。つまり、ニュージーランドはトライネイションズのハイレベルな試合を戦いながら、フィジカルとテクニックをトレーニングして夏を共にすごしている。
一方、フランスは6月のテストマッチ以降長いこと一緒にプレーしておらず、コンビネーションを仕上げてオートマティスムを見出すのにたったの4日しかなかった。短時間でまとめられたフランス代表には、まだ確固たる背骨がない。トライユはSOとしてまだ2試合目、第3列は実験的だった。

またフィジカルの面では、ブラックスはすべてのポジションで強化され、どのチームにも勝っている。その溝は埋めがたく思える。
ベネゼク氏によれば、フランスにはおしなべてダイナミズムが欠けているのではないか、とのこと。フランスの選手達はいつも、必要な時にスピードアップできずに、同じリズムでプレーしている。それがこれほどの大差がついた理由ではないか、ということのようです。

極力ポジに考えればこれは“テスト”マッチで、問題点は今のうちに明らかになった方がいいだろうし、冒険もした方がヨロシイでしょう。だからオールブラックスのような強力なチームとの対戦はそれなりに意義深い…またトラウマにさえならなければ。すべては土曜の第2戦次第。
で、その第2戦のメンバーが発表されています。変更点は7つ。ラーラグが追加招集のエルオルガと交代、あとは先週控えだったエマンス、エリサルド、レミー・マルタン、ナレ、イバネス、ミルーがスタメンです。

Elhorga (Agen) - Rougerie (Clermont), Fritz (Stade Toulousain), Jauzion (Stade Toulousain), Heymans (Stade Toulousain) - (o) Traille (Biarritz), (m) Elissalde (Stade Toulousain) - Martin (Stade Francais), Vermeulen (Clermont), Bonnaire (Bourgoin) - Pape (Castres), Nallet (Castres) - De Villiers (Stade Francais), Ibanez (Wasps/ANG, cap.), Milloud (Bourgoin)

Remplacants : Szarzewski (Stade Francais), Marconnet (Stade Francais), Jacquet (Clermont), Betsen (Biarritz), Yachvili (Biarritz), Marty (Perpignan), Dominici (Stade Francais)


一方スタッド・ドゥ・フランスでの対戦をひかえたオールブラックスが何をしていたかというと、アディダスの企画で、スタッド・フランセの選手達と昼食会などを楽しんでいた模様。
アディダスは商魂たくましくも、15日からブラックスとスタッド・フランセのダブルネーム限定ポロシャツ(もちろんピンクと黒だ)を発売。画像の選手達が着てるのがそれで、アディダスショップとスタッド・フランセのブティックで45ユーロなり。

Abs

Abs3

Abs4

|

« ラグビーテストマッチ フランス対ニュージーランド | Main | オールブラックス・イン・パリ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/12703092

Listed below are links to weblogs that reference レキップの分析 et オールブラックスとデジュネ:

« ラグビーテストマッチ フランス対ニュージーランド | Main | オールブラックス・イン・パリ »