« 君にワンサイズ上という選択はないのか | Main | ハート・シェイプド・ワールド »

2006.08.29

スフィアンの新譜ですよ

Ssalbumずいぶん前から、音楽誌をチェックしたりミュージシャンのインタビューを読み込んだり、そういう音楽とのつき合い方はしてないし、積み重なったCDの山を見ながら…主に収納上の観点から…もうあとの人生コレ聴いてけばいいじゃん、とも正直思う。
もともとシンガー・ソングライター系の音が好きでいろいろ聴きますが、最近耳にするのはおおむね、「う~ん、確かに悪くないんだけどなァ…」という感じ。
それでもスフィアン・スティーヴンス、こういう人が出てくるから洋楽好きはやめられないすな!

自分も人生もうちょっとハデな選択肢があってもいいんじゃないかとは常々思うんだけど、スフィアン好きだー。むしろ今のところ一番好きと言ってもいいかもしれない。そんな彼のニューアルバム“The Avalanche”は、絶賛だったアルバム“Illinoise”のアウトテイクを集めたものです。
全22曲の“Illinoise”のアウトテイク集が、21曲入り。この人のこういう、表現に向かう衝動の出どころというのが、考えると多少コワいところでもあるんですが、相変わらずなんとも心にしみるゥ~音と歌。楽曲のクオリティに関しては、アウトテイクということを意識することはないです。初めての方にはむしろこの“The Avalanche”をおすすめ。

フォークトロニカなどとの関連で語られたりするスフィアンだけど、すごく多種多彩なジャンルの音楽を聴き込んでいるらしき音で、たくさんの楽器を使って、それでいてト散らからずに1つのシンプルな、そしてユニークな(唯一感のある)印象を与えるあたりに才能を感じます。
アートワークも含めて、トーキング・ヘッズの“Little Creatures”(というか“Road to Nowhere”かな)を聴いた時の印象(あくまで印象、音は似てない)を思い出すけど、スフィアンの方がパーソナルで深い。
コスプレ好きSSW(嘘)スフィアンは、著作権に触れたか何かで“Illinoise”のアルバムジャケットから消されてしまったスーパーマンのポーズで、ちゃっかり本作ジャケットのイラストレーションに登場しています。

Sspro_1スフィアンのバイオはどこまでがマジなのか分からないものが多いんだけど、レーベルのサイトを参考にすると(これもイマイチよく分からない)、スフィアンは1975年、ミシガン州デトロイトで生まれ、ロウアー・ペニンスラの寒冷な上流地域で育った。独学で楽器を学び、子供の頃はおもちゃのカシオでモーツァルトの複雑なソナタを弾いていた。
大学に通う頃までには、オーボエ、リコーダー、バンジョー、ギター、ビブラフォン、ベース、ドラムス、ピアノその他もろもろの楽器をマスターし、歌や作曲も始めた。ウィリアム・ブレイク、ウィリアム・ワーズワース、ウィリアム・フォークナー等の文学を愛読(単にウィリアムなのかよ)。

大学の最終学期に、継父ローウェルと立ち上げたホームレーベルAsthmatic Kitty Records(ぜん息猫レコード)で、デビュー作千枚を製作するも泣かず飛ばず。それからスフィアンはニューヨークに移って(続く)
彼SufjanにはMarzukiとDjohariahという兄弟姉妹(冗談のようだ…)がいて、Marzukiは全国的に有名なマラソン選手だというので「またまたァ」と思ってたら、ほんとだった。

スフィアンのその他の関心ごとは、グラフィックデザイン、絵、ランニング、編み物、レース編み、織物、キルティング、掃除洗濯、写真、ヘアカット、およびドライウォール(石壁…?)の設置。切手とコインも集めている。厨房に立てば彼の作るオムレツはレジェンダリー、手早くスシ・パーティーもセットできる。
ハイスクールでは地区優勝したバスケットボールチームでセカンドストリングガードをプレーし、さらに、彼独自の言語を発明した(…)。それは現在彼を含めた3人の間だけで話されているそうだ。

やっぱりよく分からなかった。

Sufjan Stevens “The Avalanche”

|

« 君にワンサイズ上という選択はないのか | Main | ハート・シェイプド・ワールド »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/11673808

Listed below are links to weblogs that reference スフィアンの新譜ですよ:

« 君にワンサイズ上という選択はないのか | Main | ハート・シェイプド・ワールド »