« ラグビー(&フット)ニュース5月9日 | Main | ラ・ヴィ・アン・ローズ »

2006.05.10

故あってテレビを観ている

日本人はもともと「間」の感覚に敏感な民族性だとはと思うけれども、たまに民放の番組の空間恐怖的なセット、ひたすらしゃべり続ける芸能人、窮屈なバストショット、隙間なく充填するBGM、企業CM─などを見ていると、その「間」を恐れるかのような強迫的な空気になんとなくグッタリしてしまい、つまりそんな時にはNHKの自然ドキュメンタリー番組なんかをボーっと眺めたりするわけです。

日頃「クラウチの高さが」「スザルゼヴスキのボリュームが」などと騒いでいますが、要は絶景好きだというだけのことで、ドーム○個分とか、東京タワーがすっぽりとかいう形容が大好きです。世知辛い日常の合間に、壮大な大地の地形とその形成、生き物の生態を考えるのはとても楽しい。というわけで、今週は「プラネットアース」を見ています。


映像のセンスとノウハウはいかにもBBC的なものです。初回の、巨大なスクラムを形成して南極の冬の極寒に耐えるコウテイペンギン(雄)の、とても声をかけられない雰囲気の背中。凄い規模の黙祷のようです。
吹雪の中、時々「やってらんねー」「もうマジ勘弁」という表情でポジションをチェンジし、粛々とスクラムの外側に回るペンギンを見ていると、隙あらば順番待ちの列に割り込もうとする霊長類ヒト科のわたしたちが恥ずかしい。いや抜け目ないペンギンもいるのかもしれないけど。

そしてホオジロザメの凄絶なオットセイ捕食、リカオンのインテリジェントでシステマティックな狩りの模様など驚くような映像が続き、さらに合間には、外国人撮影スタッフのプロフェッショナルかつストイックな男の絆に萌えることができるなど、至れり尽くせりと言えます。
皆様の受信料はこのように使われておりますみたいに鼻高々になられるとそれもムカつくんだけど、これはいいよ。

昨日の放送のコウモリのフンの山とゴキの有象無象(ギャー)に関しては、なんとなくやばいヴァイブを感じて反射的に目の焦点をぼかしたため事なきをえましたけど、スタッフがフンとゴキにまみれて撮影した映像も、あそこで思わずチャンネルを変えた視聴者は結構いそうな気がするし、学術的な価値は必ずしも市場の評価に繋がらないという点で、なかなか報われないことの多い仕事であるなあと思う。

余談ながら中華の高級食材、蚊の目玉はまさにこのコウモリのフンから採取されるのであり、アナツバメの巣も含め、「プラネットアース」のこの回は戦慄的な中国食文化ドキュメントとしても楽しめるのではないでしょうか。

|

« ラグビー(&フット)ニュース5月9日 | Main | ラ・ヴィ・アン・ローズ »

Comments

私が死ぬまでに絶対行きたいと思っている場所のうちの1つがギアナ高地なんですが、それが見たくて第2回目から見始めました。
エンジェル・フォール(東京タワーの約3倍)を上から映した映像を見てると気が遠くなった・・・

NHKの是非は横に置いておくとして、こういう番組を作れるというのがNHKの良いところであるのは確かだと思います。

>やってらんねーなという表情でポジションをチェンジし粛々と団子の外側に回るペンギン

見逃したぁ。

Posted by: sola | 2006.05.11 at 22:24

ギアナ高地は萌えますね!たとえて言うなら、クラウチやジギッチはエンジェルフォール、スザルゼヴスキはイグアス…大自然って素晴らしい…

エントリ本文のペンギンの描写が、多少正確でなかった気がしてちょっと書き直しました。メスペンギンは産後の疲れで海に食事に行っちゃってるので、コロニーのオスは吹雪の中、股に卵を挟んだまま飲まず食わずで黙祷するらしいですね。南極に太陽が戻ってきて、ボーゼンと朝日を見上げるペンギンの群れもいい味でした。2001年宇宙の旅みたいで。
第2シリーズではユキヒョウもやるそうです。寒冷地適応で足短め、シッポ太めでもうたまりません。

Posted by: つき | 2006.05.12 at 17:48

>クラウチやジギッチはエンジェルフォール、スザルゼヴスキはイグアス…大自然って素晴らしい…

あっはっはっ、そうそう、正にそんな感じです!
クラウチなんかは正に滝壷が無さそう(どんなだ)

私、ペンギンの造形そのものが既にツボなんですけど、卵を抱えている時の後姿は本当に凄まじいまでの哀愁をたたえてますよね。
夏に再放送がありそうなので楽しみです。

神戸の王子動物園にユキヒョウがいるんですがあの足の太さと短さ堪りません。
最近動物園行ってないなぁ。

Posted by: sola | 2006.05.14 at 14:07

>クラウチなんかは正に滝壷が無さそう

うはははあまりの落差に途中で霧に…。シュートも届かないしな。

>卵を抱えている時の後姿は本当に凄まじいまでの哀愁をたたえてますよね

お父さんはつらいよ。何となく朝の通勤快速のお父さんたちがダブるんですよね。卵にかぶせてあっためる、おなかの皮膚のたるんだところ、あそこもリスの頬袋並にイイかんじです。再放送ぜひご覧になってください、アムールヒョウも出ますよ。そして60分間中、「こうしている間にもペンギンは…」と気になりっぱなしです。

>ユキヒョウ

ここ↓泣けます~。
http://bigtiger.exblog.jp/2109189
神戸のは、ここに名前の出てくるミュウちゃんかな。

Posted by: つき | 2006.05.15 at 00:40

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/10006701

Listed below are links to weblogs that reference 故あってテレビを観ている:

« ラグビー(&フット)ニュース5月9日 | Main | ラ・ヴィ・アン・ローズ »