« シリーズ知られざるマイナー音楽の世界 (Virgin Prunes, U2) | Main | 毛ガニ »

2006.04.08

エンドレス・ネームレス

Cb2不意に背後の路上で犬の吠え声がして、ジェーンズ・アディクションの“Been Caught Stealing”がフラッシュバックする。It's mine, Mine all mine... スカパーのフィラーでも流れてる、窃盗癖の男がハイになってしゃべりまくってるみたいな曲。
この曲の男がペリー・ファレル自身の話なのか創作上の人格なのか、その混合なのかは知らないし、それ自体は大した問題じゃない。でも、ファン(キッズ)のミュージシャン自身への共感が大きな部分を占めるロック・ミュージックは、表現のあり方としては多少特殊なところがある。
デルモア・シュワルツに小説の講義を受けたのが自慢のルー・リードのベルベッツ~ソロ初期の曲の世界が、どこまで彼自身を反映していたか、といったことは実のところどうでもいい。でも、少なくとも彼は生き延びた。

12年前のこの日に訃報を知った。「彼」が死んだ4月だ。

|

« シリーズ知られざるマイナー音楽の世界 (Virgin Prunes, U2) | Main | 毛ガニ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/9479448

Listed below are links to weblogs that reference エンドレス・ネームレス:

« シリーズ知られざるマイナー音楽の世界 (Virgin Prunes, U2) | Main | 毛ガニ »