«  つきペディア: ディミトリ・スザルゼヴスキー | Main | フィールズ・オブ・ファイア (Echo&The Bunnymen, Big Country, U2) »

2006.04.03

ラグビーニュース 3月31日

Ds060403こんなことばっかやってちゃイカンとは思うんですが、ラグビーのことを書いたり記事を読んだり、ちょこっと画像をアップしたりなんてことが楽しくてしょうがないんですよ。まだ自分にこのテのモチベーションが残っているとは思わなかったです。
まあとにかく、スタッド・フランセが先週金曜にリーグの首位に立ったとのことで、ワタクシとしてはこれはアップせねばなりません。

豪雨のために延期になっていたリーグ15節トゥーロン対スタッド・フランセが、31日に行われました。試合はスタッド・フランセが前半だけで3トライを挙げて最下位トゥーロンを圧倒(11-24、すまんトゥーロン)。ファーストトライはスザルゼヴスキで、パリのFW陣は良いラインアウト(ここがポイント)からトゥーロンを押し込み、最後はスザルゼウスキが今季リーグ7トライ目をマーク。
「前線では、1列目のHenn、スザルゼヴスキ、ドゥヴィリエがトゥーロンに厳しい試練を与えた。前者2人はトライを挙げさえした。概して、優勢になれたのはFWの全員だ。特に、スクラムやラインアウトで」

終了の5分前にガルティエは、シックスネイションズの後休養モードのドミニシをフィールドに送り出すことを決めました。ドミニシは93年、21歳の時にこのスタジアムでデビューしたということで、96-97シーズンに帰ってきた時にはブーイングもされたそうだけど、この試合は歓呼の声で迎えられた模様です。よかったね。


トレーニング中の短パンレミー・マルタン(左)、イタリア産男前ミルコ・ベルガマスコ(右)とスザルゼヴスキ。いい眺めだなオイ。ただの筋肉デブと思ってはいけない、スザルゼヴスキは走り出したら速いのだ。
http://www.stade.fr/docmulti/information/image/image-grand/szarzweski_060322_big.jpg

|

«  つきペディア: ディミトリ・スザルゼヴスキー | Main | フィールズ・オブ・ファイア (Echo&The Bunnymen, Big Country, U2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/9413229

Listed below are links to weblogs that reference ラグビーニュース 3月31日:

«  つきペディア: ディミトリ・スザルゼヴスキー | Main | フィールズ・オブ・ファイア (Echo&The Bunnymen, Big Country, U2) »