« ラグビーニュース 4月15日 | Main | パンクロッカーは解放されたいのか、束縛されたいのか »

2006.04.28

スーパー14もいいけれど

OdrJスポーツの海外ラグビー情報番組「トータルラグビー」は、モンゴル代表のFWはモンゴル相撲の力士であるといったムダ知識から、イングランド海兵隊チームVSフランス海兵隊チームといった軍事マニア向けなコアな話題まで、なかなか楽しめる番組です。先日はハイネケンカップ準々決勝トゥールーズ対レンスターのハイライトをやっていたんですけど、つくづく「Jスポさん来季ハイネケンカップの放映権買ってくんないかな」と思っているわけです。おーオドリスコル様のトライだ。ミシャラクがやっちゃったりしてるけど、ワールドカップまでには何とかよろしくお願いしますよ。

ハイネケンカップはその後準決勝で、バースを破ったビアリッツと、レンスターとのアイルランド決戦を制したマンスターが勝ち上がり、両者は5月20日、カーディフのミレニアム・スタジアムで決勝に臨みます。
レンスター対マンスターは、ストリンガーとオガーラの代表ハーフバックコンビが好調だったらしい。思えばアイルランド代表も、選手のアクの強さという点ではいいとこいってる気がします。スキンヘッドのちっちゃいストリンガーがかいがいしくボールを振り分ける(茶坊主のようだ)その脇をズバーンとぶち抜く大型ウィングS・ホーガン、とか。オガーラが堅気な顔でゴールキックに出てくるとなんとなく一息つけます。
ストリンガー、オガーラのお二方↓
Mun

さて先週末は日韓戦の中継を見ましたが、韓国プロップの腹が強烈すぎてあとのことを覚えていません。イングランド辺りでは時々、その体形の何割かはビールで作られているのではないかと思われる選手も見かけます。シックスネイションズのフランス戦で交代で下がるHOトンプソンの腹がタプタプ揺れている映像はそれなりにショッキングでした。
トンプソンはあの試合、ガストロ(ウィルス性胃腸炎)で腹がゴロゴロしていたとされる1人。これはスクラムきつい。パリにいた頃のガウショも毎年やられてましたが君の場合は遊びすぎね。腹を揺らしながら憔悴した顔で下がってくるトンプソン。1列目はつらいのね。
Thompson
たゆたう腹

|

« ラグビーニュース 4月15日 | Main | パンクロッカーは解放されたいのか、束縛されたいのか »

Comments

スーパー14て、もう12じゃないのね。(爆)
元を正せばスーパー10だったのに。
まあ当時は3ヶ国3チームずつしか出場できず、のこりの1枠はフィジー、サモア、トンガの代表が毎年交代で出ていたわけですが、これらの代表クラスがスーパー??に出ていることを思えば、もうムリか?

ビアリッツといえば、かなり昔ですが、セルジュ・ブランコという伝説のフルバックを思い出します。
最初のW杯でのスコットランド戦のトライは、コソ泥みたいで腸が煮えくり返ったし、オーストラリア戦でのトライは、永遠にラグビー史に残るくらいすごかった。
アイルランドは、ハイネケンカップにクラブを出さず、南半球と同じ州代表なんですね。
今ではテキサス州やラツィオ州のような行政上の州じゃないけど、アイルランドのラグビー国歌に"From the four proud providence from Ireland"というくだりがあるように、レンスター、マンスター、アルスター、コナハトの四つの"州代表"に分けて競い合わせるやり方がうまくいってるそうですね。ウエールズでは、今までのクラブ対抗形式では限界ありということで、ダービー関係にある最大のライバルを合併させて大ブーイングを喰らったそうですが、国にあった強化と文化としての伝統維持の両立は、本当に難しいですね。

ストリンガー、去年日本に来て、ナマで見ました。
ライオンズに選ばれなかった傷心ツアーだったかどうかはともかく、さすがに格が違うってところは見せてくれましたね。

Posted by: フランコ将軍 | 2006.05.02 at 14:02

14ですよ~。
とにかく知らないことばかりでお恥ずかしいです。プレーの良し悪しもイマイチ分からず、早くネタじゃなくてもうちょっとまともな記事が書けるようになりたいものです…

セルジュ・ブランコという選手は所属クラブと名前でバスクの方の出身かと思ったら、南米の出身なんですね。ファンタジーなFBだったようですが、コソ泥みたいというのはやっぱりマリーシア?

先日トータルラグビーでビアリッツの特集をやってましたが、国境を越えアノエタでヨーロッパカップの試合をやったりするんですね。フットボールの方でもしばらく前に、フランスカップで、バスクのCFAのチームのホームスタジアムが規定を満たせず、アノエタを使おうという話になり、国内カップをスペインで?みたいな話題になっていたのを思い出しました。芝は荒れそう…
代表戦のスタンドにいるベレーをかぶった観客はバスクの人達かな、と思いながら観ています。

>アイルランドは、ハイネケンカップにクラブを出さず、南半球と同じ州代表なんですね

そうなんですか!(ああ素人)クラブチームじゃないんですね。やっぱりヨーロッパはいろいろと歴史的な問題が絡んで難しいと思うのだけど、個人的にはそういうところも興味深いです。アイルランドのアンセムはいいですね。ラグビーのセレモニーは雰囲気があってグッときます。

>ストリンガー、去年日本に来て、ナマで見ました

公称170センチくらいだったと思うけど、ほんとかな?

Posted by: つき | 2006.05.03 at 01:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/9795943

Listed below are links to weblogs that reference スーパー14もいいけれど:

« ラグビーニュース 4月15日 | Main | パンクロッカーは解放されたいのか、束縛されたいのか »