« February 2006 | Main | April 2006 »

2006.03.30

やっぱり怪童

Ds9時間があれば時々、今日はクラウチの高さでも堪能してみようかとリバプールの試合を観ます。彼はジョナサン・ボロフスキーの立体作品※“優しい巨人”に似ている。あるいはジャコメッティか。
(※ 原題The Friendly Giant。この作品はばかでかいんだけど、透明なビニールの梱包材、いわゆるプチプチでできていて、重量感とか実在感が薄い。うずくまった人型がモーターで動いてアートを主張しますが、人によっては廃物と見るかもしれない)

しかし個人的に、最近取り返しのつかない勢いで高さからボリューム方面に志向がシフトしています。
結局表記は「スザルゼヴスキー」で決まりなのかどうか(画像)。立ち姿は充実のmasseであります。スクラムで1番3番と組む時のはちきれそうな腕がイイ。

Jスポーツでは、未放映分も含めたシックスネイションズ全試合を一挙放映中です。チンチンにされた初戦の対スコットランドを今更観るのも順番的にはどんなものかという話なんですが、この際贅沢は言えない。スザルゼヴスキは「最初の20分間チームは本当に苦しかったしその代償は高かった、あんなに多くのボールを簡単に失っていては勝てない」みたいなことを言ってたけど…
(ノ∀`)


Ds10スザルゼヴスキが交代で下がる場面、まあああいった場面はいつ目にしても痛々しいものだけど、彼はこの試合が終わった後できちんと取材に答えてチームの敗戦処理をやって、若いのにエライと思いました。この交代のシーンがあるから、怪我から復帰してきたイングランド戦で、イバニエス先輩の鼓舞に迎えられてフィールドに戻ってくる映像が意味を持つわけですね。やっぱりライブで観たかった。
「スザルゼヴスキはまだ若く、チャンスは必ずある」「パリのフェノメノはまだ向上しなければならないが、彼は将来の2番だ」、フランスのメディアはそんなふうに言ってました。彼は経験から学ぶことができるだろう。フェノメノ、確かにあれは異形の系譜…

今季のシックスネイションズを観れば、どこのチームもそう安定した強さは見せていませんが、フランス代表が優勝したとはいっても、あの内容では当然本国の批評は辛め。「フランス代表には‘2つの顔’がある」というやつです。
チームは依然としてフィジカル戦に依存しすぎていて、イングランド戦のようにフィジカルで優位に立てれば、相手を圧倒して勝つ。しかし優位に立てなければ、スコットランド戦のようにプレッシャーを受けて負けるか、ウェールズ戦でのようにまぐれに頼るしかない。で、ワールドカップの準決勝を戦った後で、一週間で2度目の決勝の試合に勝つ体力は取り戻せるのか─というようなことを言ってるらしい。そういうものなんでしょうか。しかしそれを言い出したら。

内容的にはアレでしたが、各ポジションのタレントの個性、ベテランの味、若手の溌剌。その気まぐれなところも含めて好きなチームでした。なんというか独特だよね。これでフランス代表の面々とはしばしのお別れ。寂しい。
私が初めて海外ラグビーを意識して見たのは、03年のワールドカップです。フランス敗退の時のガルティエのインタビューを覚えてます。それからずっとブランクがあって、昨年末にまた少し興味が復活して(南アフリカ戦を録画しておけばよかったよ…)、このシックスネイションズで完璧にハマりました。
そんなシロウトの自分ですが、フットボールよりさらに「チームのスポーツである」という意識が強い(ような気がする)ところは気に入りました。そして何より、少なくともここにはまだ、フットボールには無いもの、あるいはフットボールが無くしてしまったものがあるのではないかと私は期待しているのです。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2006.03.21

未来はパール

dsyn
やっほーい。スザルゼウスキとニヤンガ、地中海の2つの真珠でございます。
フランスラグビーの明日を担っていただきたいお二方。


「このチームの力はうろたえないことだった。船は揺れたが沈まなかった。誰一人飛び降りる者もいなかった。全員が船を立て直そうと努めていた。我々がフィールドの外で見出した連帯、今日我々はそれを取り戻した。ラグビーをやる上で、それは最も重要なことだ。全チームと同じく、我々にはいい時もあれば悪い時もあった。しかし今夜、我々は4勝を挙げた。けっしてたやすいことではなかった。私はこのチームを誇りに思う」
(ラポルト監督談)

経験豊富なベテランのイバニエスが、最後の大事な試合で重大なミスを犯してしまう。フランスの2つの顔とはこういうもんかしらと改めて思ったけれど、苦しみながらも最後の最後に結果を出した。シックスネイションズ優勝おめでとう。
捨てるもののないウェールズを前に、アウェイで優勝のかかった試合は簡単じゃなかったはず。チームを救ったのはスザルゼウスキとフリッツ、2人の若手のトライ。「イバニエスやカステニェードのようなベテランが、スザルゼウスキやフリッツのような若手を助けているのを見るのは素晴らしい」とは監督の談。

試合の方は、序盤からミスが目立ったフランスは、前半26分のイバニェスのシンビンで数的不利になり、この時間帯にイージーなキックミスでウェールズのトライを許してしまいます。(13-6)。
7点ビハインドで迎えた後半、流れを変えるために、ラポルト監督はいつもより早くカードを切ってきました。後半の最初の10分間にエマンス、スザルゼウスキ、エリサルド、マーニュを投入。リスクの大きい采配ですが、44分にイバニエスと交代したスザルゼウスキが、そのわずか数分後にラインアウトからトライを挙げて2点差につめ、フランスはいったん息を吹き返します。
しかし腿の痛みでハーフタイムに下がったカステニェード、足首を痛めたボネールを欠いたフランスはなおも苦しみ、ヘンソンのペナルティゴールで再び突き放される。そして試合終了の7分前、今大会で評価を上げたフリッツがミシャラクのパントから鮮やかなトライを決め、フランスが土壇場で逆転勝利を収めました(16-21)。

スコットランド戦では意思の疎通とかでラインアウトでいくつかミスをしたらしいスザルゼウスキが、クドいくらいにFW陣に確認しに行ってるのがおかしかったと言えばおかしかったんですが、彼はポジティブに大会を終えることができてよかったんじゃないかな。
昨年のシックスネイションズは、わずか3分間の出場。まだ若くて荒削りな感じにも見えるけれど、ひたむきなプレーぶりで見てて楽しかった。イバニエス先輩がシンビンの間のタックル3連発は、「どこかで見たような」と思ったら、おととしのリーボック・スタジアムでのエインセでした。

boフランスでは「非常に凡庸なレベルの大会だった、フランスチームは中途半端な印象、この代表はフィジカルに依存しすぎている」等々の声も聞かれた今季のシックスネイションズ。個人的にはフランスとアイルランドに頑張ってほしかったので、その点ではよかったです。アイルランドもトリプルクラウンおめでとう。

タキシード姿はホストくさかった
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=57125783&cdi=0

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.18

ウェールズ戦ですよ

mbもっぱら私だけが楽しいラグビーネタ(すみません)が続いていますが、そうこうしているうちにシックスネイションズも大詰めです。前週イングランドに勝利したフランス。しかしイングランドは選手が5人ほど思わぬ伏兵にやられていた、つまり冬季フランス名物ガストロが腹を直撃していた模様で(これはツライ)、フランスチームも快勝に油断しないように。
↑こんなイタリア男もいるスタッド・フランセ。イタリア代表ミルコ・ベルガマスコ(名前もくどーい!)。今大会、結果を見れば案の定草刈場のイタリアですが、内容は好調。フランス相手に善戦し、前週はウェールズに引き分けています。最終週はスコットランドと対戦。

Szarzewskiは実際のところ、この2ヶ月ほどアキレス腱のトラブルに悩まされ、この大会は彼個人としてはあまり満足のいく内容ではなかったかもしれません。クラブチームでのプレーは分かりませんが、見たところフッカーとしてはもうちょい向上すべき点もあるように思われ、初戦のスコットランド戦ではラインアウトで随分ミスしたりもしたみたい(「単に理解ができてなかった。残念だよ、このセクターは今日はむしろよく機能していたから」)。
でも彼はまだ若いし努力もできる。顔に似合わぬダイナミックな肉体から繰り出されるタガメのようなタックルは見ごたえアリ。今日もベンチスタートですが、頑張れ。

エントリ中反省会: すみません素人が生意気なこと言いました。


前々エントリ続き。
代表の秋のテストマッチの間、ラポルト監督は若手や代表経験の少ない選手にチャンスを与えようと試みた。10月末、ラポルトが発表した対オーストラリア戦(11月5日)のスターティングメンバーの中に、Szarzewskiの名前もあった。
「持てる力を尽くさなければならない。典型的な例がSzarzewskiだ。彼はよく働いて進歩した」とラポルト。代表のスタッフは、フィジカルテストの結果がチームで一番だったSzarzewskiのコンディションとリーグでの好調を評価。フロントファイブにスピードとパワーをもたらすことを期待した。
フランス代表はこのオーストラリア戦に26-16で勝利。そして11月26日の南アフリカ戦では、Szarzewskiは開始早々の3分、元チームメイトのニヤンガからボールを受けて代表での初トライを挙げ、チームを軌道に乗せた(試合は26-20で勝利)。以下レキップのインタビュー。

Q: ディミトリ、君は1年で順位表の下位の無名選手からフランス代表、そして今はスタッド・フランセの一員としてタイトルレースを戦っている。自分に起きていることがちゃんと分かっている?

「もちろん分かってるよ。そのとおり、僕に起きていることはどれもトレ・ビアン。でも、のぼせ上がっちゃいけない、明日のことなど分からないんだ。一気に駆け上がることはできる、けど、落ちるのだってあっという間だ。だから、いつでも自分を見つめ直す必要があるんだよ。僕はよく働いてきた。フィジカルの面でも、戦術的にも。その努力が実ったんだと思うよ。でも、僕は決して満足しないタイプの人間で、いつでもより以上を目指してる。今のところはこのやり方でうまくいってる。だからこんなふうに続けて、道を切り開いていくつもりだよ」

Q: 君は土曜に、再びオーストラリアと対戦する。この試合にどう取り組む?

「何より、最後に勝利を挙げられればと思う。僕はブリスベーンで負けたことを忘れてないし、みんなそれぞれに雪辱を期している。でもオーストリアも、苦しかったトライネイションズの後で雪辱を期す思いは同じだ。彼らは何としても、自分達のレベルに戻ったことを証明しようとするだろう」

Q: ドゥヴィリエ、ミルー、そして君で構成されるフランスのファーストラインはまったく初の試みだ。君はどんな準備をしている?

「まず何より、このファーストラインが不慣れなのは当然だよ。僕は代表チームに来たばかりで、あんまり代表経験はないんだ!オーストラリアみたいなチームと対戦する時には、もちろん不安はある。でも、それを活かしてさらにいいプレーをし、試合に打ち込むことも可能なんだ」

Q: 君はフランスラグビーの新たなアイドルに見える。そのことでどんな影響がある?

「確かに自分のことが話題にされるのは嬉しいものだよね。たとえ僕が、自分の話があまり好きじゃないとしてもね!でももういっぺん言うけど、僕は頂点に到達したわけじゃないし、すべてはいい方にも悪い方にもにもたちまち転ぶかもしれないことも分かってる。だから、そういうことは一切気にかけないようにして、一生懸命働き続けるよ」

Q: 期待のプレッシャーは重過ぎない?

「明らかにプレッシャーはあるけど、他の多くの選手だってそれは同じ。でもね、不安があって当たり前だし、できるだけ競争力を備えているように、プレッシャーを利用してみるつもりだ。自分のやるべきことは分かってる。できるだけよくそうするように努めて、あとのことはなるようになる」

Q: 君はこの何ヶ月かでステージを越えた。そして今は、フィジカルテストのおかげで、代表のスタッフから模範として挙げられている。代表で認められるために、いいカードを手にしていることを意識している?

「努力して結果が出て、代表監督から誉めてもらえれば、それは確かに嬉しいことだね。さらにモチベーションが上がって、もっともっとトレーニングに励みたいという気になると思うよ。だから、僕はこんな考え方でやっていく。考えをしっかり持ってね」

オーストラリア戦
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=56100092&cdi=0
南アフリカ戦のトライ
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=56277648&cdi=0
スタッド・フランセのチームメイト、レミー・マルタン(親はどういうつもりで)から祝福される
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=56278175&cdi=0

(ネタはまだある)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.16

少数派でかまいません

sft2本を買おうとすると、随分前に出てるはずなのになぜかいつも初版第1刷だとか、もしくは絶版だとか、CDの国内盤が出ないとか(これは国内盤は買わないのでかまわない)、映画がミニシアターでしかかからないとか、好きになるスポーツ選手は名前の読み方も分からないとか、そもそもPSGとフランスラグビーってジャンル設定はどうよとか。
すごくでかいことを言えば、私のこれまでのマイナー人生は数の論理との戦いといってもいいかもしれません。が、まあ基本的に世の中的なことはあんまし気にしナイ。

「少数派でかまいません」というのは、私の熱烈愛読雑誌「猫びより」で連載中の松本英子さんのイラストエッセイ「ネコサブレー」から拝借しているんですが、私は「猫びより」はいつもまずこの「ネコサブレー」から読みます。松本さんの描く猫は、猫の「しょうがない感じ」が出てて好きです。
そんな松本さんの本が出ています。“プロジェクト松 ステキな東京魔窟”(交通新聞社)。雑誌「散歩の達人」の連載の単行本化で、東京の怪しく濃いいスポットに捨て身で潜入するイラストルポ(いきなり○力○善寺かよ)。駅前大衆酒場のホッピーの貼り紙につい反応してしまうというアナタにオススメ。都内在住でなくても多分大丈夫。「ネコサブレー」でおなじみ猫のハナちゃんのお顔も見られます。06年2月1日初版第1刷発行。


前エントリの続きいきます。ラグビーの記事を読み慣れてないこともあるんですけど、訳の精度ははなはだこころもとなし。

スタッド・フランセに移籍して2週間、フィジカルコンディションは完全ではなかったものの(「ポテンシャルの60~70%というところかな(笑)」)、Szarzewskiは9月30日のカストル戦(25-10で勝利)に初のスタメン出場、いきなり48分に移籍後初トライを挙げる。
9節トゥールーズ戦は10月15日、スタッド・ドゥ・フランスで開催。このビッグマッチで、Szarzewskiは28分にファーストトライを挙げた。自陣でのSzarzewskiのボール奪取の後、約80メートルの素晴らしいトライ。ウィングのように全力疾走し、ピチョットが一瞬引き継ぎ、それから再びSzarzewskiがトライを挙げにいった。スタッド・フランセは29-15でトゥールーズに勝利。

Q: スタッド・ドゥ・フランスの8万人の観客の前で、君のチームのファーストトライを挙げる。君はそれを夢見ていた?
「素晴らしいムードだよ、もちろん。スタンドはチームカラーの青一色で、8万人のサポーターがチームを応援する。なんて嬉しいんだろう、まだ信じられない、まだ鳥肌が立ってるよ。この震えは何なんだ!夢が現実になった。それに、ウォーミングアップ中のカラオケやチアガール。僕がいるのはベジエのスタッド・ドゥ・ラ・メディテラネじゃないんだ。それからすっかり頭を切り替えて、試合に入ることもできないといけないね」

Q: 君のトライについて話してくれる?
「穴が見えて、それが開いた。僕はボールを拾って、“ピック・アンド・ゴー”をした。振り切ったけど、援護が足りないのが分かったから、様子をみた。ピチョットが僕のところに来ているのが見えて、彼はすぐボールを僕に戻し、それから僕がトライに行った…そこから先はよく覚えてない…」

Q: あのトライは、君のチームにとって決定的に見えたよ。
「決定的だったかは、僕には分からないな。何より、チームは完璧に試合に入って、いいゲームをしたと思う。前に出て、試合を制し、ボールポゼッションを握った。あのトライは1つの結果でしかないよ」

トライ!
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=55929220&cdi=0

リーグ戦は、現在までで6トライ。
(まだ続く)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.03.13

いい出足ですねー

Ds22シックスネイションズの大一番と見られたフランス対イングランドは、終わってみれば31-6でフランスが完勝しています。
Dimitri Szarzewskiは、エインセ去りし後、競技は違えど自分にとっては「新・パリの2番」。ベテランのイバニェスに代わって60分に投入され、ボールを持って突破という場面はなかったけど、短い出場時間の中で積極果敢な持ち味(ハハハ…)は出ていたんじゃないかと。その積極果敢さで、ハイネケンカップの時に、イングランドのムーディに殴られただの頭突きをかましたんじゃないかだのとすったもんだしたらしいんですけど、この件に関しては後日無罪放免となってます。
発音は結局スザルゼウスキでOKなんでしょうか、それにしても何故いつもこう、名前の読み方も分からない選手にばかり惚れ込んでしまうのか。以下データ。


Dimitri Szarzewskiは1983年1月26日生、ナルボンヌ出身。180cm96kg。パリの名門ラグビークラブ、スタッド・フランセのフッカー。
04年夏、代表のラポルト監督が北米テストマッチツアーに招集し、7月10日のカナダ戦で初キャップ。05年夏には南半球でのツアーで、7月2日のオーストラリア戦にスタメン出場(47分out)、期待の新星として注目される。

04-05シーズンの終わりに、育ったクラブであるベジエがPro D2に降格。ワールドカップを2年後にひかえて代表に定着したいSzarzewskiは、スタッド・フランセへの移籍を希望。
「僕の頭の中でははっきりしてる。パリかベジエかじゃなくて、パリなんだ。他にもいくつかコンタクトはあったけれど、僕がプレーしたいのはスタッド・フランセだ。僕はあのクラブに行きたい。あそこのチームが好きだし、スタッド・フランセはトゥールーズとともに、タイトルを獲りたいなら行かなきゃいけないところなんだから」

Szarzewskiとベジエはあと1シーズンの契約があり、代わりのフッカーが見つかるまでは彼を手放したくないベジエ側と、クラブが降格した場合には移籍を認めると幹部と約束したと主張するSzarzewski側の話し合いはもつれるが、結局05-06シーズンも始まった9月16日、選手側が50%違約金を支払うという条件でベジエは契約の解除を認め、Szarzewskiはスタッド・フランセと4年契約を交わした。

感無量
http://www.stade.fr/docmulti/information/image/image-grand/max_szarzewski050629_big.jpg

「ポジションを獲得するのは難しいだろう。競争は健全だと思うよ。いずれにせよ進歩できる。僕とニヤンガ(ベジエのチームメイトで、トゥールーズに移籍)にとっては、すべてがあっという間だ。僕個人としては、距離を置いて考える時間がなかった。家族のおかげで、僕は同じ年頃の若い選手よりしっかりしているかもしれない。僕は他の選手達より成熟が早かったんだ」

(ボチボチ続く)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.03.12

Pluie,pluie,pluie

060312f今週は久々に、日曜日が待ち遠しい!という気分でした。いよいよシックスネイションズのフランス対イングランドですが、フランス代表が密かに気にしているのは、当日のお天気らしい。つまり、ジブレ(春先の激しいにわか雨)。
というのは、フランス代表は03年のワールドカップ準決勝で、どしゃ降りの雨の中でつなぐラグビーができず、イングランドのウィルキンソンのドッカンに沈んだ苦い涙雨の思い出があるから。ラポルト監督はいざとなったらその準備はできている、と言っているみたいなんですが。

先日のスタッド・フランセ対ビアリッツの対戦はこんな記事になっていて、まあフットボールもあんなことやってるようじゃあ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.07

楽しむには努力がいるのよ

sfs1先週末、私が早朝ネットで試合の経過を追っていたのは、もう1つのパリ決戦、ラグビーのスタッド・フランセ対ビアリッツの方でした。10試合無敗中の首位ビアリッツを、超満員のスタッド・ドゥ・フランスに迎えたスタッド・フランセが、前半は苦しみながらも逆転で勝利を収めた一戦です(21-16)。「両チームとも、ラグビーの美しいイメージを見せようと努めた」ってドミニシは言ったけれど、つまりそこなんだよね。

ここのところずっとアキレス腱の炎症で欠場していたSzarzewskiは51分に交代で入ったんですが、この交代は効果的だったみたいで、よい突破を見せていたようで安心しました。代表のラポルト監督に、頑張って進歩してる選手を挙げるならSzarzewski、とお褒めの言葉をいただいたこともある、フランスラグビーの新たなスター候補。12日のシックスネイションズ、イングランド戦のメンバーにも復帰しました。よっしゃあああああ。これで週末まで頑張れる。

好きなことにはいつでも、煩わしいことも一緒に付いてくるけれど、いつのまにかその煩わしいことの比重の方が大きくなりすぎて、純粋に楽しめなくなってしまう時もある。皮肉なことだけど。だからラグビーに関しては、好きとか嫌いとか、いろんなことに変にこだわりすぎないように注意して、「慎重に」好きになろうと思っています。というわけで、先週からタイトルバナーがさりげなく替わっています。青赤ですが、これはスタッド・フランセの応援旗。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »