« カモン・フィール・ザ… (Sufjan Stevens) | Main | 楽しむには努力がいるのよ »

2006.02.23

それもパリ、それもフランス

この内容で負けるなんてなー、ルマン戦。パリは人に思索を強いるクラブだ、それもパリだ。というか外で猫がすごい勢いで発情してるんですけど。

トリノ五輪で普段は全然縁のない競技をいろいろ見ていると、それなりにいい気分転換になるもので、ちょうどフットボールを見始めた頃、家族にあれこれ質問しながら中継を見ていた感覚を思い出します。今にして思えば、あの頃が一番楽しかったんじゃないかなあ。ルールも何も全然分かんないけどホッケーオモシロカッタ。どうもこう荒っぽいのが好きみたいだ。

で、ラグビーが見たいなあと思うんです。私はタダ見はしない主義なので(前エントリ参照)、海外代表の試合は基本的にフランス寄りです。シックスネイションズは初戦でスコットランドによもやの敗戦を喫しまして、集中して臨んだスタッド・ドゥ・フランスのアイルランド戦は、立ち上がりからゲームを手中にして後半7分までに43-3とリード。圧倒的じゃないか我が軍は。しかし余裕ぶっこいて選手代えすぎたらその後あれよあれよという間に崩れてしまい、タフなアイルランド魂を前に「えっこれひょっとして逆転で負けるの??」という驚きの展開になりました。どうにかこうにか逃げ切りましたが(43-31)。それもこれもフランス、なのかな。

フランス代表は25日にイタリア戦がありますが、ディミトリ君は棄権。どうやら怪我をしているようです。アキレス腱…を切ったとかそういうんでなく、多分アキレス腱滑液包炎とかいうやつではないかと思うんですが、痛くてスパイクが履けないみたい。早く良くなってね。
3月12日にはJスポーツでイングランド戦の中継があります。前のワールドカップの時はたしかここにやられました。なんかもう終始ドッカンドッカンイングランドのキックで勝負が決まってしまい、どシロウトの私の目にも「こんなんありか」という…いやそれ以上に「やっぱりどこまでもイングランドだ…」と思ったな。

|

« カモン・フィール・ザ… (Sufjan Stevens) | Main | 楽しむには努力がいるのよ »

Comments

春は着実に近付いてるようですね。
もしかしたらあまりのチーム激変ぶりに、帰ったガビーさんが浦島太郎状態になりゃしないかと・・申し訳ない。

ラグビーは良く知らないんですが、観る事はあります。オールブラックスとかのサモア系の漢がタイプです(ハカに萌え)。でも人数多すぎて区別がつかん・・。

私的には春はまだ遠いのですが、猫に遭う機会が増えているのが春の兆しかな。

疲れたときにはここを見て、どうぞ癒されてください。多分タイプだと思います(私はママがツボです!)。http://iigame.net/neko/img/694.jpg

Posted by: minaco. | 2006.02.25 at 01:17

そのへんはエインセ、マイペースだし。キャリントンでは4番ユニの野郎共の野太い声援に迎えられることでしょう。嬉しいかなそれ…

ラグビーに関しては私もてんで素人です。永遠の素人です。あんまりしがらみがないから、フット的状況が煮詰まりかえったような時には、純粋に試合を楽しめるのでよいんですよ。私なんか所詮煩悩の塊なので、わー胸板スゲーとか、スクラムの瞬間に萌えるわァとか、まあそのような…

>疲れたときにはここを見て、どうぞ癒されてください

うははは極悪!!! い、癒されるのかな。でもこれどことなくユナイテッドイレブンっぽく…ないでしょうか(すみません)。6番がリオに見えてきた…

Posted by: つき | 2006.02.27 at 02:42

>でもこれどことなくユナイテッドイレブンっぽく…

えっ、そんな。⑥がリオならガビーは⑤ですかね・・。皆イイ顔だあ。

でもっていつのまにか組織拡大してました(ば、ばあや・・・)。↓
http://iigame.net/neko/img/1053.jpg

フランスのラグビー選手はとにかくガタイがいい印象です。ユニがぴっちぴちなんですよね。イングランドは皆、シアラーかダンカン・ファーガソンに見えます。日本のラグビーとは全く別世界です。

同じ怪我を経験したブラウンも励ましてたようですね。どうぞ、ファーギーから賭け金ぶん取ってください。っていうか賭けは恒例でして、確かルートは今季30ゴールを賭けてたはず・・。

Posted by: minaco. | 2006.02.28 at 01:13

ハイ、鉄砲玉です。ほんとに増えてる…
フランスの選手がガタイよく見えるのはユニ効果かもしれないです。あのユニ、ラグビーファンには評判悪そうな気がしますが、女子と一部男子の煩悩を知り尽くしたぴちユニ、さすがおフランス。

>ダンカン・ファーガソン

うわートラウマな名前。ジョン・クリーズの赤頭巾ちゃんをホーフツとさせる得体の知れない怖さでした…。子供は夜泣きすると思う。次そのイングランドと試合なんですよ…

>っていうか賭けは恒例でして、

賭けっていうのはたとえ話かと思ってたらほんとに賭けてるんですか!でもそういうのいいですね。さすがに部下の扱いがうまいというか。

Posted by: つき | 2006.03.01 at 03:05

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/8794317

Listed below are links to weblogs that reference それもパリ、それもフランス:

« カモン・フィール・ザ… (Sufjan Stevens) | Main | 楽しむには努力がいるのよ »