« December 2005 | Main | February 2006 »

2006.01.25

おもしろうてやがて悲しきピーター・クラウチ

私が初めて自分で買ったアルバムは、確かエコー&ザ・バニーメンの“ポーキュパイン”だったと思う。ボーカルのイアン・マッカロクが地元リバプールFCのサポだというのは聞いたことがあるけど、そのリバプールとマンチェスター・ユナイテッドの伝統の一戦は、なかなか緊張感のある熱い試合だった。緊迫するのはいいんですが、解説原博実がイギリスの食を語る暇がなかったのがちょっと心残りだ。イギリスの食について語ることがあればの話だけども。

ロテンのダチ、エブラはまだ、プレミアのスタイルの違いはもちろん、判定基準にも苦労しているみたいだ。エインセもそうだった。エインセの移籍当初は、私も彼と同じところでびっくりしていた。フランスリーグに慣れた目からすると、明らかにジャッジの解釈にずれがある。彼らの感覚では、ファウルが取られるはずなんです。エインセの時には中継で、メンタルのせいにされたりしてちょっと待てーと思ったけど、やっぱ何事も時間ってものが必要なんですよ。

クラウチは相変わらず期待を裏切らないデカさ。アウェイの白シャツが、五合目まで冠雪って感じだ。そんな山頂の空気の薄そうなクラウチが、セットプレーでヒーピアと並び立つ量感が素晴らしい。評価の方はさておくとしても、彼はいつも頑張ってるよなと思う。サルバドール・ダリの足の長い象みたいな危なっかしい体形でわっしわっし走る。あれだけ規格外のサイズだと、選手としてはむしろ大変なことの方が多いんじゃなかろうか。心臓にも負担なはずだし、瑣末なことですが移動もホテルのベッドもしんどそうだ。それでも彼はフットボールがやりたい。いいじゃないか。

最近、世界の電柱についての情報をいろいろ教えていただいてとても嬉しい。テクニカル電柱の時代は必ず来ますよ、と無責任なことを言ってみる。セルビア・モンテネグロのジギッチ202センチとケジュマンのコンビはかなり楽しみ。アルゼンチン戦のクラウチとオーウェンの凸凹2トップも、なかなかの味わいというかほとんどマンガだった。凸凹コンビというと、ボローニャでのケネット・アンディション(だったっけ?)とシニョーリを思い出す。ケネットがかがみこんで、シニョーリがなんかガーガー言ってるのを聞いてるのがおかしかった記憶がある。

実は、猫も大きければ大きいほどいいと思っている。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.01.16

なんて年末年始

crodriguezパウレタが先制したと思ったらたちまち追いつかれて、あーまたこの展開なのかと思ってたらぎりぎりで勝った、トロワ戦。メルシーファブリス。初スタメンなんだぜのロドリゲス君がいい評価をもらって、早くもニューヒーローなんて騒がれている。エインセも止められなかった期待の新星。怪我が大したことありませんように。
←寝癖がかわいい

PSGの監督交代と移籍市場と年末年始がいっぺんに来るという、サイト運営的には考えられる限り最悪な進行の数週間だった。さらに年の瀬のファーガソン発言に色めきたったアルゼンチンメディアが、たまたま帰省中のエインセに突撃というオマケもついたわけで、先週は正月サボってた分のニュースをやっと7割片付け、後の3割は見なかったことにする。

そんなこんなだったけど、週末は久しぶりにたくさんフットボール関連の番組を見ることができて幸せ。ユナイテッドはアレだがスチュアート・ピアースは好きだ。現役の頃を見ていたら多分惚れていた気がする。というかこんなところでリエラ発見。その後セルティックで中村俊輔の漫画みたいなFKと横縞キーンを見、リバプールで粛々とボールを落とすクラウチ初号機にしみじみした。
Jスポーツのフランスリーグガイドは、PSGがメインの回だったので嬉しかったけど、惜しいかなアルマンの顔写真が間違っているようだ(それは多分セマク)。一方Foot!ではリケルメが激しく男を上げていた。フィゲロアに関しては、今のうちに撮っておいてあげてほしい。何が今のうちなのかはあえて触れない。


年もかわったことだし、そろそろトップページのS・マルクマスのアルバムジャケット画像を取り替えようと思った。戌年ということで手っ取り早く目についたベックの“Odelay”を試してみたところ、まったく犬に見えなかったので、結局今の気分でDCFCの“We have the facts and we're voting yes”。音もアートワークも好きだ。昨年は夏の間マルクマスを聞いていて、後半はあっけなくエモにはまり今に至ってる。
関係ないけど、ミランのピルロを見てると、なんとなくいつもベックを思い出すのはなぜだろう。どことなくオタな空気(申し訳ない)のせいかもしれない。ともかく、「オレは負け犬だァ~」とか歌ってしまったら、ある意味人生怖いものなしじゃないかと思う。私はというと、うっかりPSGなんぞを好きになって、「うぐ~勝てない」なんてやってる方が、自分はやっぱり性に合ってる気がする。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »