« ラブ・ミー、プリーズ・ラブ・ミー | Main | 心のクラブ »

2005.10.28

忘れてた

読書日記を2本書いたところで、肝心の本の説明をほとんどしていないことに気がつきました。アハハ…。私も説明的なのってあんまり好きじゃない。

「集合住宅物語」は首都圏の代表的な集合住宅を、人々の生活もまじえて記録した書。
多田由美の「灰になるまで」は短編の選集、アメリカの孤独な人達の物語。「YUKIKAZE」は神林長平のSF小説「戦闘妖精・雪風」のコミック化、特殊戦闘機「雪風」のパイロットの話です。

多田さんの絵には独特の、痙攣するような感覚があって、そういう部分も含めてロックだなあと思う。ロバート・ロンゴも基本はロック。米モダンアート・シーンの人で、「JM」とか「アリーナ・ブレインズ」(マイケル・スタイプが出てる)、ニュー・オーダーの“Bizarre Love Triangle”のプロモ・ヴィデオといった映像作品も撮っている。

|

« ラブ・ミー、プリーズ・ラブ・ミー | Main | 心のクラブ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/6707163

Listed below are links to weblogs that reference 忘れてた:

« ラブ・ミー、プリーズ・ラブ・ミー | Main | 心のクラブ »