« 忘れてた | Main | ミレは元気 »

2005.10.31

心のクラブ

負ける時はこんなもんどす。それにしても、降格ラインでも見えてこないうちは大した危機感を抱かなくなっている自分もいかがなものか。

ああそういえばPSGの今季の選手リストも作ってなかった(遅い)と気づいて、あせって更新。時間があればコメントなどもつけたいけどもう11月だし、ひとまず形だけでも、ということで。いい顔の画像を使いたかった。ピショ、メンディ、シセ、カルー…笑顔の写真はそれぞれ人柄が出ていて面白い。ロテンは…ちょっと不敵な士郎正宗顔(?)。

フルニエが監督としては久々の常識人だったため、現在パリの舌禍担当はもっぱらロテンになってますが、いや実際、パリに来るまで彼がこういう人だとは知りませんでした。キャプテンマークを巻く資格もある選手かもしれないけど、試合後の会見のたびに事件じゃたまらん。
ロテン自身は先日のインタビューで、プレスが報じたエムバミとフルニエ監督、そして他の選手間の緊張について認めた上で、「それでも僕達は本当に1つのチーム、真のチームになっていると思う」と言っていましたが、ここ最近チームの成績もイマイチぱっとしないし、そろそろ何か一発ドカンときそうでドキドキします。

私は大抵、ニュースの更新は読んでびっくりした勢いで上げてるんですが、まあその意味では彼のコメントはなんだかんだ言いつつ率直で面白い。「何と思われようと言うべきことは言う、偽善者にはなりたくないから」なんて、馬鹿な生き方をしてるのかもしれないけれど、私自身はそういうタイプがわりと嫌いじゃないです。なんつうかロックだ(違うか)。

感情の表現がストレートで、パルクの観客を煽る姿は、パリの魂エインセ去りし今、やっぱりちょっとぐっとくるものがある。以前カンデロージュで、サポーターとカメラ付き携帯の写真に収まるロテンの画像を載せたけれど、パリサポーターにとっては共感できる身近なスターというところでしょうか。かつてはロテン自身がそうやってパリのスター選手達を追っていた。

彼は同じインタビューで、PSGがフランスでの最後のクラブになるだろう、と言ってる。
「僕はここで生まれてここで育った。パリはいつだって僕のクラブだった。他のクラブにいた時でも、いつでもパリの結果を追ってたよ。いつか国外でプレーすることを考えるかって?かもね。でも、本当に今日明日って話じゃないよ。いずれにせよ、僕はもうフランスの他のチームではプレーしないだろうな」

移籍については、彼がインテルみたいなビッグクラブのオファーを全部蹴ってパリに来た時には、「ほんとにそれでいいんでしょうか」と思ったし、最近はパリも「今季も駄目かなあ」的な雲行きになってきたし、彼のような選手にはやっぱりタイトルが必要だ。私には、パリの選手達にここにいてほしいと思うと同時に、もっと上を望ませてあげたいという相反した気持ちが常にある。それでも、どこに行ってもきっと、彼の子供の頃からのPSGとの幸福な記憶は変わらないだろう。

この夏、OMがそのロテンの獲得を狙っているなんてニュースがありましたが、昨今は殺伐とした移籍の話題が続いて、マイヨへの愛って何よ、という…なんというか、私自身もフットボールに対して、どこかで醒めちゃった部分があるような気がする。
昨年の秋頃のニュースだったか、OMの大株主ドレイフュスが、こともあろうにパリからエインセを獲得するようにOM幹部をけしかけていたなんてことを、ドレイフュス自身がマスコミにしゃべっていた。この調子だとまだまだ何があるか分からないなと思っていたら、この夏はサポーターの信頼も厚かったサナがOMに移籍した。もしこの先ロテンに万が一のことがあるようなら、フットボールにはもう夢も希望もないよなあ、と思う。本当に。

そう言えば、最近までフィオレズがカタールに移籍していたことさえ知らなかったんだけど、彼は昨季の終わった後で、「パリは僕のクラブだ」と口にしたんだそうだ。

rothencdl

|

« 忘れてた | Main | ミレは元気 »

Comments

心のクラブ・・・ああ、色々切ないですね。
時々何を信じればいいのか解らなくもなりますが、言える事はただ「私はあなた達の味方でいるよ」という気持ちです。はい、秋なのでセンチメンタルです。っつうか、もう寒い。ああ、猫がいれば。

すみません、愚痴ってしまいました。
先日観たフランス・ダービーで、「ジェペスって誰かに似てる・・」と言ったら「キリスト」と即答されました。返す言葉がなかったです。

サナって男前だったんですね・・。

Posted by: minaco. | 2005.11.02 at 01:17

そうですよね。今は何よりも、自分の「このクラブが好きだー!!!」という気持ちを信じるべきではないでしょうか。
PSGファンとして何度かカタストロフに遭遇していますが、最悪何があっても自分がここのファンであることに変わりはないだろうな、と思ったら、少ーし開き直れたような気がします。

逆に言えば、こういう時こそ信じられるものって見えてくるんじゃないかなあ…
突き落とされても翼を生やして高く飛ぶし、沈められてもエラとヒレを生やして深く潜る。君が僕を死なせても、スピリットは解き放たれて、僕に挑んでくるものは何もないんだ…っていう、ジェイムスの歌詞なんですけどね、シンドイ時はよく口ずさんだりします。

キーンの言いたいことも分からなくはないけど、今は団結することですよね。クラブは周囲のプレッシャーから選手を守ってあげてほしいです。
エインセ、こんな時に怪我してしまって…

>キリスト
脱獄囚とまで言われたジェペスさんが何て神々しい!でも確かにいるんですよああいう人…どこかで見たような気がするんだけど思い出せない。高円寺…?

>サナ
ハイ、期待してたんですけどブッこ抜かれました。

Posted by: つき | 2005.11.03 at 00:23

温かいお言葉、有難うございます。ええ、3つ子の魂百まで、ファンは変わりません。負けませんとも。私はついスミスの歌詞を連想してしまうところが・・いいのかどうか。

ところでキーンさん、何か言ってたんですか?(汗)
何気に今夜はパリなんですね。ガビーさん、来ないかしら・・。またきっとここに帰ってきましょうね!
でもって、今夜はルートがキャプテンなんです!ひええ。ガクガク・・どうしましょ。

Posted by: minaco. | 2005.11.03 at 01:33

先日さんざんヘタレて励ましていただいたばかりの私が言っても説得力に欠けますが、頑張りましょう!厳しい冬を耐えてこそ…
スミスは処方箋を間違えるととんでもないことになるので、慎重に!

>ところでキーンさん、何か言ってたんですか?(汗)

なんでもMUTVで選手批判をやらかしたとか…。でも一番苦しいのはピッチでブーイングを浴びる選手たちなんですよね。リオもスランプでとても傷ついているみたいで。
弟のアントンが、にいちゃんは自分自身に一番厳しくて、いつもプレーについて忌憚のない意見を求めてくるんだ、って言ってかばってました。こういう時にプレーに集中するのは難しい。リオさんも疲れとんのや。

Posted by: つき | 2005.11.04 at 23:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/6794393

Listed below are links to weblogs that reference 心のクラブ:

« 忘れてた | Main | ミレは元気 »