« August 2005 | Main | October 2005 »

2005.09.01

日本に惚れろ

パリ期待の若手(男前)、ライバルチームに移籍。情けなくて泣けてきますよ。そのうち陰惨にキレるかもしれませんが優しくスルーしてください。
こんな時にはアレだ、大映時代劇。
「眠狂四郎 勝負」

シリーズものは監督によりけりというところもありますが、三隅研次監督のこの「勝負」「無頼剣」といったところが中でも好きです。厳しく構築された構図と、しかしディテールから立ちのぼる情感が、市川雷蔵のストイックな色気とあいまって映像に香気を与えております。空を舞う凧など江戸の正月風俗が画面に情趣を添え、その風景の中にすらりと雷蔵が立つ幸せ。

「その豚姫が、雪よりきれいな俺の体に触れようなどとは無礼千万だぞ!」

もうある意味非常事態。
お話は、初詣に賑わう神社で出会った正義感の強い老人(実は勘定奉行)に興味をひかれた狂四郎が、老人を陰謀から救うという、大変大雑把に言えばそういう筋ですが、狂四郎と加藤嘉扮する老勘定奉行や、蕎麦屋の娘とのやり取りなどが細やかに描かれ、登場人物達との関係から狂四郎の複雑な人間性を多面的に浮かび上がらせる演出が見事。

時代劇というとまあアレかもしれませんが、同じく雷蔵主演の「新忍びの者」(森一生監督)の御用金強奪の場面なんか、ブレッソンの「抵抗」かと思いますよ(チト大げさ)。忍び同士が闇の静寂の中で斬り結ぶシーンが印象的です。

市川雷蔵という俳優は、殺陣は言うまでもなく、ただ酒を酌む蕎麦をたぐるというだけでこちらは一大事。最近は、まともに「立つ」ことさえできない俳優ばかりになってしまったな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »