« ネジを巻く | Main | 肉じゃがの味 »

2005.09.01

日本に惚れろ

パリ期待の若手(男前)、ライバルチームに移籍。情けなくて泣けてきますよ。そのうち陰惨にキレるかもしれませんが優しくスルーしてください。
こんな時にはアレだ、大映時代劇。
「眠狂四郎 勝負」

シリーズものは監督によりけりというところもありますが、三隅研次監督のこの「勝負」「無頼剣」といったところが中でも好きです。厳しく構築された構図と、しかしディテールから立ちのぼる情感が、市川雷蔵のストイックな色気とあいまって映像に香気を与えております。空を舞う凧など江戸の正月風俗が画面に情趣を添え、その風景の中にすらりと雷蔵が立つ幸せ。

「その豚姫が、雪よりきれいな俺の体に触れようなどとは無礼千万だぞ!」

もうある意味非常事態。
お話は、初詣に賑わう神社で出会った正義感の強い老人(実は勘定奉行)に興味をひかれた狂四郎が、老人を陰謀から救うという、大変大雑把に言えばそういう筋ですが、狂四郎と加藤嘉扮する老勘定奉行や、蕎麦屋の娘とのやり取りなどが細やかに描かれ、登場人物達との関係から狂四郎の複雑な人間性を多面的に浮かび上がらせる演出が見事。

時代劇というとまあアレかもしれませんが、同じく雷蔵主演の「新忍びの者」(森一生監督)の御用金強奪の場面なんか、ブレッソンの「抵抗」かと思いますよ(チト大げさ)。忍び同士が闇の静寂の中で斬り結ぶシーンが印象的です。

市川雷蔵という俳優は、殺陣は言うまでもなく、ただ酒を酌む蕎麦をたぐるというだけでこちらは一大事。最近は、まともに「立つ」ことさえできない俳優ばかりになってしまったな。

|

« ネジを巻く | Main | 肉じゃがの味 »

Comments

雷蔵ですか。何となくつきさんのご趣味が伺えますね。先日、ふと深夜の教育TVで雷蔵の話を見た所でしたが、残念ながら私は今まで雷蔵の映画を観る機会を逃してきたんです。と、ゆうか、個人的には三船敏郎が日本では抱かれたい男NO1なので。うーん、寝てみたい(←知ってるかな?)。

つまり、雷蔵は対照的ですよね。ストイックな美意識を演じる高度のギミック(仕掛け)・・素顔を見るとあまりの普通さに驚きます。ある意味、ブルース・リーとも通じるかな、と(眠狂四郎の遺作で鏡の中の自分を斬るシーンがあるし)。でも、こういう立ち姿が絵になる男が本当にいなくなってしまった。腰が据わった感じのね。

何というか、涼しげでストイックで抑制の効いた、品のある、静的な魅力っていうのがつきさんのイメージにあります(勝手に)。そんな世界にも憧れるものの、自分はどうも汗臭くて欲望むき出しの動物的マチズモな傾向に・・・小津と黒澤みたいな違いが。やっぱラテン系かしら。

それにしても、勝新とカントナは似ているなあ。「新忍びの者」=ブレッソンとは、観てみたくなります。あと、加藤嘉・・笠置衆より私は加藤嘉派。くう~っ。

Posted by: minaco. | 2005.09.03 at 00:33

ちょっとベタすぎかなとは思ったんですが…>雷蔵
いやいや、私の趣味なんざ支離滅裂ですよ。濃いいのも好きです。後は受け止める体力との相談です。

>勝新とカントナ
うははホントに。オーラも一緒。「スター」なんですねえ。勝新は、「薄桜記」の雷蔵と共演もよかった。ブレッソンは、ちょっと言い過ぎたかも…。

立つというのは、フィジカル的なものはもちろん、役者がその映像の世界観をどう解釈してどう身を置くかという、センスやインテリジェンスの問題でもあるんじゃないかと思っていて、最近は立たせた時に絵が良くないという人が多くなった気がします。

Posted by: つき | 2005.09.05 at 00:44

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/5730511

Listed below are links to weblogs that reference 日本に惚れろ:

« ネジを巻く | Main | 肉じゃがの味 »