« 天国は待ってくれる、きっと (Stephen Malkmus) | Main | ネジを巻く »

2005.07.25

キリングタイム  (Stephen Malkmus)

引き続きスティーヴ(ン)・マルクマスの新譜の話を強引に進めてしまいます。

先日は手っ取り早くヘタレという言葉を使ってしまいましたが、スティーブン定点観測的視点から言えば、本当のところそれはあまり的確な表現ではなく、実際マルクマスは十分にのうのうとしているし、確信的でもあるし、かなりのこだわりを持ってあの素敵に駄目すぎるサウンドを構築していると思われる。ソニック・ユースの歪んだギターが、実は入念にチューニングされた結果だというのと同じ意味で。

ヘロヘロな歌が風にちぎれたリボンみたいできれいだ。彼もこんなことやってるうちは大丈夫。聴いてる私が大丈夫かは定かでないですが。

|

« 天国は待ってくれる、きっと (Stephen Malkmus) | Main | ネジを巻く »

Comments

私も聴いてしまいました、マルクマス新譜。試聴して「なんじゃこりゃーあははは・・・。」とレジに向かっておりました。真夏の現実逃避にももってこいですねぇ。マイ・ファースト・マルクマスがこれでもOKなんでしょうか?恥ずかしながらぺイヴメント~今までのソロ作まではスルーしてきたので、これから猛省して聴いてみたいと思っております。どうでもいいですけど、昔に比べてマルクマスはアゴが妙に育ってませんかね?

ポーグス行ってきました。社会復帰したシェインはニック・ケイヴと競演した頃よりは大分良い状態に見えましたが、気のせいか晩年の勝新を髣髴させるヤバイ匂いが…。曲紹介を一々間違えるシェインを嗜めるスパイダーの表情を見て、一番活動再開を望んでいたのはこの人だったんだろうなぁとしみじみしてしまいました。それにしても管楽器奏者の指は美しい!とスパイダーの手元ばかり見てしまったのでした。ケイトはおらず例の曲もやりませんでしたが、これはこれで良しでしょう。
(長々とすみません)


Posted by: nicki | 2005.07.31 at 13:25

>なんじゃこりゃーあははは・・・
私もイントロで思いっきり脱力して笑いつつ、「最高」と思いました。間違ってるかもしれない…。真夏の逃避には、ペイヴメント‘“Brighten The Corners”の中の“Blue Hawaiian”の不穏なハワイアンも控えめにオススメ。
>マイ・ファースト・マルクマスがこれでもOKなんでしょうか?
全然オッケーだと思います。ソロ前2作をいい感じに消化した音になってます。(実は前作はイマイチだった) アゴは笑顔を作る(あえて笑うとは言わない)とあんな感じ?黙って立ってりゃそこそこいい男なのに、なんであんな音楽やってるんだろうと常々。

>晩年の勝新
そそそれはまさか酒太…
ライブ情報ありがとうございます!とりあえずだいぶん良い状態と聞いて安心いたしました。シェインを嗜めるスパイダー…見たかった…。スパイダーはWOMADで見たときも、ああこの人ほんとにポーグスを愛しちゃってんだね、と思いました。カッコよかった、エンジェル・アイズ。

Posted by: つき | 2005.08.01 at 01:20

ポーグス、さぞや良かったでしょうね。
ポーグスにおけるスパイダーって一体?と話していたら、映画「コミットメンツ」を連想し、結局つまりは「あしたのジョー」の丹下段平なのかと落ち着きました。(ちがう?!)
「頼むよジョー~、もう一度俺と一緒に泪橋を渡ろうぜえ・・・」みたいな。泣けます。

Posted by: minaco. | 2005.08.03 at 01:16

>ポーグスにおけるスパイダー

私が見たライブで、実質ステージを仕切ってたのはスパイダーだったような気が。なんとなく「俺がポーグスを支えてんだぜ!」みたいな自負を感じたりしました。もしかすると、一番ポーグスを愛してるのはこの人かも。

エンジェル・アイズっていうのは、ポーグスが出てたアレックス・コックスの映画でのスパイダーの役名なんですが、シェーンとの2ショットはチンピラコンビ地のまんまでよかったなあ。

Posted by: つき | 2005.08.05 at 01:48

>minaco.さん

丹下段平!なるほど、それもありですね(笑)
今年出たベスト盤ライナー(スパイダーが書いている)を読むと『コミットメンツ』というのはかなりスルドイと思いました。「おれたちは丘を下って眠りにつく時だった。また必要とされるまで」という結びの一文はあの映画(及び小説)のラストシーンそのものですもん。もしかしてパクってるのか?!

>つきさん

もしも最初にポーグスに見切りをつけていたのがスパイダーだったら、もう二度と見られなかったよなぁ、とライブ中何度も思いました。ありがとう、エンゼル・アイズの兄貴。ちなみに大阪で見たので『フィエスタ』で頭を叩く時に"お盆(?)"ではなく"灰皿"を使ったらもっと受けたろうに!と心の中でおせっかいをやいていました。


Posted by: nicki | 2005.08.06 at 03:39

>nickiさん
夏休みとっててお返事が遅れてすみません!
フィエスタやったんですかー。あれライブは最高に楽しいですよね。
コミットメンツは随分前に見てあんまり記憶がはっきりしないんですが、マネージャー役の男の子がネッズ・アトミック・ダストビンのベーシストに似てるのと、トランペット(だったかな)のおっさんがペイヴメントのギャリーおやじとかぶってたなー、なんてことを思い出しました。

>灰皿
うははは。

Posted by: つき | 2005.08.10 at 22:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/5137765

Listed below are links to weblogs that reference キリングタイム  (Stephen Malkmus):

« 天国は待ってくれる、きっと (Stephen Malkmus) | Main | ネジを巻く »