« 6月の最後の週 | Main | シェーンはやっぱり酔っていた (The Pogues) »

2005.06.27

テイスト・オブ・チェリー

ベルナール・フォコンの写真の中でも、2体の少年のマネキンがサクランボを摘み取っている、空の青と緑の枝と赤く熟した実のコントラストが鮮烈な作品はとりわけ印象的なひとつなのだけど、サクランボの季節というのは毎年たちまち過ぎてしまうので、春の狂乱の記憶でもある旬のサクランボを食べるのは、大げさに言えば、ああまた1年生き延びたのだという命の証明みたいなものだ。
「俺のいのちのともしびの」(深沢七郎「いのちのともしび」)ってやつか。そういえば、毎年フットボールの新しいシーズンが始まる時にもそんなことを考える時があるから、これもまた、「あッ、そうだ忘れていたけどこれも俺のいのちの」なのかも。

随分前に見た映画なので記憶が正確ではないかもしれないけど、アッバス・キアロスタミ監督の映画に、「桜桃の味」という作品がある。主人公の男が、これから自分で掘った穴の中で自殺をするから、次の日の朝遺体に土をかけてくれる人を、車を走らせながら探していく、という話。
荒れた崖道を行く車、雷や風の自然の物音、突然差しはさまれる撮影スタッフの映像など、いかにもキアロスタミらしい。校庭を走る子供達のサークルなど、反復や循環のモチーフが繰り返し表れるのは、自殺を決意した男と対比する、日常という名の人生の比喩であろうと思われ、最後に車に乗せた初老の男が主人公に語る四季の話に連なっていく。

そういえばこの映画についてキアロスタミと対談した時に、淀川さんは、「僕、死のうと思ったとき、星と月を見たらね、死ぬことが嫌になったのね。こんなきれいなもの誰が作ったか、そう思うと死ぬ気がしなくなっちゃう。この映画の中で、サクランボだったか桑の実か、食べたら甘いから死ぬのをやめたというところが好きなの」、そんなことを語っていたのだっけ。

ラストシーン、主人公がどうなったのかは定かにしないままに、物語は「これはフィクションです」といった感じの撮影現場の映像(しかしこれもまたフィクション)で唐突に断ち切られるのだけど、物語は既に語られてしまったのであり、「次の日の朝」のエピソードは必ずしも重要なものではないのだ。

|

« 6月の最後の週 | Main | シェーンはやっぱり酔っていた (The Pogues) »

Comments

フォコンという写真家は残念ながら知りませんでしたが、「桜桃の味」は以前観ました。夕日の光景が印象に残ってます。

私も近頃思うんです。季節の旬の物を食べるとき(筍とか大好きな箒茸とか)、「来年もまた食べられるだろうか・・(それまで生きてるか否かってのと、次第に採れなくなってしまうのではないかの意味)」と、ふと切なくなってしまいます。いや、体は今のところ元気だけど。年のせいか。

フットボールのシーズンもあっという間。選手生命も短いものだから、ファンは精一杯見逃したくないですね。そして選手自身が一番それを解っているから、1試合1プレイにかける執着が強いはず。ガビーさんやルートのように。キレイ事だけでは勝てないことを知っているし、それがプロというものだと思います。彼らのゲームに対する執着心の強さが愛しいです。

Posted by: minaco. | 2005.06.27 at 01:40

フォコンの写真、アップしたのでご覧になってください。↓ヤバげなのですぐ消します…
http://homepage3.nifty.com/palominos/photo.htm

>彼らのゲームに対する執着心の強さが愛しいです。
うん、愛しくもあり哀しくもありですね。スマートじゃないかもしれないけど。テクニック論で美しいとかどうとか、そういう話はあまり得意じゃないですね。
一期一会とはいうけど、つくづく彼らに出会えてよかったなあ、と。

>ガビーさんやルートのように
そういえば先日ガビーが、1対1が好きなんだ、腹ペコで死にそうなんだよみたいなことを言ってまして。やっぱり同じタイプだ…

>箒茸
おッ未知の食べ物。

Posted by: つき | 2005.06.27 at 23:37

フォコンの写真、有難うございます。怖っ。もっと見てみたいので後で探してみます。

>テクニック論で美しいとかどうとか
それはもう感性や美意識の問題で、計れるものではないですよね。ましてや正しいとか間違いとか言えることでもないし。
ただ、フットボールにおいて狭い常識のみで語るのはつまらない、ということ。

>やっぱり同じタイプだ…
もしかしてガビーさんも貧乏性?だから暇なし・・・なのか?(←失敬)末っ子だからか?でも、ガビーさんはまだ顔で得してると思いますよ!誰に比べてとは言わないけど。

>箒茸
ホウキダケってうちの地方だけなのでしょうか。毎年採ってきてもらうのが楽しみなんすよ・・。田舎者なもので。

Posted by: minaco. | 2005.06.28 at 01:21

>貧乏性
この試合に出なきゃ「もったいない!」って?あれ好きです。ルートの「このチャンスを逃したら“もったいない”」

>ガビーさんはまだ顔で得してると思いますよ!
タレ目なとこ?ルートも優しそうな目ですよね。彼はセクシー・フットボーラー。ガビーは普通すぎて、フェロモンってものがないんですよねぇ。

私もディープ田舎の出身ですが、親戚がもいでくるのはもっぱらクリタケでした。時々なんかすごくヤヴァそうなのも混じっててパワフルすぎです。

Posted by: つき | 2005.06.28 at 22:56

>フェロモンってものがないんですよねぇ。
何を仰います、ルートにはない「品」があるではないですか!私は黒髪茶眼専&馬専なのでガビーさんはゾーンじゃないのですが、激しいプレイに爽やかなルックスでもう随分と女子人気も上がっておられるでしょう。右側の人に比べたら・・得ですよう。

(左側の件ですが)ご親切に誕生日祝ってくれて有難うございました。あと、以前にPSG選手の筆跡占い、大変面白かったので、いつかUTD他も挑戦していただければ嬉しいです(新ジャンル?)。P・S クロマティ高校、訴えられるとはなあ。


Posted by: minaco. | 2005.07.03 at 01:08

フォンセカって横顔のラインがまたいいですよねっ。
私のゾーンは支離滅裂ですが、ガビーの場合はどっちかっていうと、「お前はオモロイ!」ってやつですかね…。ルートカッコイイですよ。笑顔すごい好きです。ロマンチストなとこも。

>筆跡占い
ユナイテッドの選手の字は、見てみたいような、見るのが怖いような・・・。

>クロ高
宣伝説もありますね。でも映画版とか考えたくないなあ。

Posted by: つき | 2005.07.04 at 00:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/4723487

Listed below are links to weblogs that reference テイスト・オブ・チェリー:

« 6月の最後の週 | Main | シェーンはやっぱり酔っていた (The Pogues) »