« センチメンタル・アメリカ | Main | 【音楽】 (Ry Cooder, Bill Frisell) »

2005.05.09

でもジェイムスはシティ・ファンみたいよ

グライユのことはまたいつか書くこともあると思うのでそれとして、クラブを売るの売らないので長いことグズグズしていたカナルプリュスは、本業じゃありませんがまあPSGに対する責任は負いますよ、みたいなことを言ってるらしい。また出向じゃねーだろうなと思っていた新会長は、蓋を開けてみたら違った。でも、カナル内部から会長を出すというグダグダなプランは、実は今季の初め頃からあったらしい、というような記事も見た。私の読みが正確ならば。

ソリンのインタビューページと、ディスクレビューを更新しました。呑気にディスクレビューなんか上げてる場合じゃないのは分かってますが、実際これは、この2、3ヶ月くらい思い出した時に手を入れながら少しずつ書き進めていたもので、私が考えをまとめながらやるには、このくらいのペースが本当はちょうどいいんですが。

どうせならマンチェスターのバンドでも採り上げてみようかと思い、で、何かに逆らうかのようにジェイムスです。スミスでもニュー・オーダーでもローゼズでも当然オアシスでもなく。まあでも、ジェイムスはイギリスでは国民的バンドだったし(過去形か)、アメリカでもカルト的な人気はあった。トム・フォードがグッチのコレクションのオープニングで、“Go To The Bankを”を使ったりとか、そういう。
彼らは生真面目すぎるというか、たまーに大仰になっちゃうところがあって、その辺りが日本の洋楽ファンには好き嫌いの分かれるところじゃないかな。

ところでユナイテッド・ファンのミュージシャンって誰だろう。

|

« センチメンタル・アメリカ | Main | 【音楽】 (Ry Cooder, Bill Frisell) »

Comments

ユナイテッド・ファンのミュージシャンといえば、まず挙げられるのがその名の通りシンプリー・レッドです。その他the smithsのモリッシーとか、ロビー・ウィリアムスとかホントか?ってのも含めるとかなり多数・・。oasisが超シティ・ファンなのも有名ですね。(でも、なるほ堂も私もoasis好きです)
実は私、マンチェスター・ムーヴメント全盛時に青春を送り、悩める年頃をラフ・トレードや4ADといったレーベルを聴いて過ごしました。もう長いこと新譜とか買ってはいないんですが、無性にwoodentopsが聴きたくなることがあります。ロロの声がセクシーで大好きだったなあ・・今どこでどうしているのでしょう。古い話で失礼しました(笑)。

Posted by: minaco | 2005.05.11 at 01:12

minacoさんいらっしゃいませ、コメントありがとうございます!こちらこそ、よろしくお願いいたします。
>その他the smithsのモリッシーとか
ええっまじで!あーアラン・スミスとかタイプそう。オアシスは何シーズンか前に、ノエルがシティの試合を見に来てたのを、カメラに抜かれたりしてましたね。思いっきり負けてたけど、微動だにしないというか固まってておかしかった。
ウドゥントップスは私も大好きでしたよー。ロロはイントロ弾き終えたらもうギターなんかぶんぶん放り投げて歌ってて凄かった。彼らも何だかんだ言っても、アンディ・パートリッジと組んでた頃が一番面白かったのね。

映画は国を問わず、あまり数は見ないのだけど好きです。どちらかというと昔のが好きです。

Posted by: つき | 2005.05.11 at 22:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/4057598

Listed below are links to weblogs that reference でもジェイムスはシティ・ファンみたいよ:

« センチメンタル・アメリカ | Main | 【音楽】 (Ry Cooder, Bill Frisell) »