« 皆さんお疲れさまでした | Main | 監督受難の時代 »

2005.05.30

ロテン、金がないんだ

まあ確かに、とんでもないシーズンだった。先週くらいから、そんな心情を吐露する選手の記事も見られます。
ロテンが先週半ばにBut!とパリジャンにぶちかましてまして、要は、まともな補強しないと俺国外行っちゃうよ、と幹部に脅しをかけてるようなんですね。個人的には、一選手がクラブの運営に口を出すのはあまりいいこととは思えないし、ハリロジッチはそういうことを一切許さない人でしたが、まあ今回ばかりは彼の心情も理解できないではない。彼はああいう気性だし、ここでタイトルを取りたいという気持ちに偽りはないだろう。
幸い新会長との話し合いは建設的なものだったらしく、ロテンは来季も残留するのではないかと伝えられています。カナルプリュスが増資するなんて話もあったような…気もするが…

それに先立って、ピエールファンファンがやはりシーズンの惨憺たる内情をプレスに語ったとかで、これはあまり配信がなくて元記事は拾えませんでしたが、唯一、Maxifootの短い記事で概略を読みました。彼は、特にシーズン序盤の険悪な時期にキャプテンの役割をうまく果たせなかったと認めている、来季はキャプテンマークを譲るだろうという内容です。

「いたるところで嫉妬があった。サラリー、キャプテンマーク、それぞれの役割の違い。悪い時もいい時も、僕達は何も共有したことがなかった。真のチームがそうしなければならなかったように」

彼のコメントを読むと、ハリロジッチのル・モンドでのインタビューは、的確にチームの状況を伝えていたのだということが分かります。サラリーの問題については、先日ジェペスのサラリーがリーグで最高額なんて記事を見かけたし、フランスカップと2位の成績を勝ち取った自負もあるだろう昨季の選手達が不公平感を抱くのは分かる、が、その出方がね。
もっとも、ピエールファンファンはほぼ同時期にオフィシャルサイトで、「つらかったがPSGのキャプテンを務めたことは誇りだし成長もできた。こんな状態でクラブを出たくない。もちろん自分はここに残る」と語っています。

またニュースのページにアップします。できたら。
まあ1つ思ったことは、昨季ハリロジッチに「どうしてモリエンテスを取らないんですか?」と言ったのは、多分ロテンだな…

|

« 皆さんお疲れさまでした | Main | 監督受難の時代 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/4346990

Listed below are links to weblogs that reference ロテン、金がないんだ:

« 皆さんお疲れさまでした | Main | 監督受難の時代 »