« ジェルランで勝つなんて | Main | でもジェイムスはシティ・ファンみたいよ »

2005.04.28

センチメンタル・アメリカ

pd更新についてお知らせしますと、近いうちにソリンのインタビューをアップできると思います。なぜ今ソリン?という話なのですが、先日記事を整理していて、PSG公式でのファンとのチャットを半分くらい訳したきりで、すっかり忘れてたことに気がついたわけです。ああ健忘。せっかくなのでこのまま載せようかと思ってます。残り半分は時間のある時にやるかもしれないし、また忘れるかもしれない…。

エインセの怪我については、クラブからの正式なコメントがないとなんとも言えないけど、まあ、恥ずかしながらオロオロしました。PSGの3季で怪我を理由に休んだのは1試合だけ(腿の裏の痛みが取れずに大事を取った)という、丈夫が取り柄みたいな男だし、あんなに痛がるのも、まして担架で即搬出なんてのも見たことがなかった(はず)。
映像は痛すぎてまともに見てないけど、ただ担架に乗せられる時に、元オセールのブムソンがいたわりに来ていたのが印象に残ってる。彼はプレミアの生活に馴染めているのかな…


連休だというのに体調がイマイチで、考えてみれば例年この時期はグズグズ言っている気がする。5月病、いやいやジリツシンケイ。気分もなんとなく晴れない、こういう時はピート・ドロージの“Skywatching”をかけながら、なーんにも考えずに高速に乗っちゃうのが正しいのかもしれないな。

ピート・ドロージは先日のエントリに書いたザ・ソーンズの1人。10年くらい前にThe Sinnersというバンドでやっていた頃のアルバムは、サザン(米南部ね)テイストのルーツロックでメロディアスでアマズッパいらしいという情報をこちらでゲットし、おうド真ん中じゃん、と前述の最近のソロ作を購入いたしました。
ソロということと経年変化もあってか、音の方は予想より幾分アダルトです。随分シンガー・ソングライターっぽい音になってる。ルーツ・ロックの香りを漂わせながら、そこそこにソフィスティケイトされていて、どちらかというと都市住民のノスタルジアに触れてくる、そういった音かもしれない。曲もいいし、タイトルがいいよね。

|

« ジェルランで勝つなんて | Main | でもジェイムスはシティ・ファンみたいよ »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/3899671

Listed below are links to weblogs that reference センチメンタル・アメリカ:

« ジェルランで勝つなんて | Main | でもジェイムスはシティ・ファンみたいよ »