« 今日は反省会やります。 | Main | ジェルランで勝つなんて »

2005.04.17

ポップ・ラビリンス ( Matthew Sweet, They Might Be Giants)

tmbgbbb5今週仕入れたCDを切り崩して聴き始めたところなんですが、マシュー・スウィートの“Living Things”が面白い。音触とかディティールとか。スティール・ドラムのこの感じがなんとなく、ディスカバー・アメリカ…なんて思いながらクレジット見たらほんとにヴァン・ダイク・パークスでやんの。

彼の音楽で聴きたいのは、別に胸キュンとかじゃなくて、ポップの妄執みたいなものだ。その意味ではこのアルバムでのマシュー・スウィートは、いい感じに深みに嵌り込んでいるし憑かれてもいる。なんていうんだろう、マシュー版“Skylarking”とか…いや、音が似てるってわけじゃなくて、アルバムのあり方が。

ついでに妙なものを買ってしまいました。ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツ(独自路線すぎてどう説明したらいいのかわからないNYのポップ・デュオ)とMarcel Dzama(画)による,“Bed,Bed,Bed”っていう子供向け(なのかよ)歌の絵本。
最近よく名前を聞くMarcel Dzamaは、ベックのアルバムのアートワークの人、だよね。かわいくて「ナイーヴ」でちょっと病的な、つまり、ありがちといえばありがちな。でもこの絵の感じはどこかで見たことがある、ええと、そうヘンリー・ダーガー。孤独な病院清掃人による、少女達と殺戮の王国の絵物語。あれに似てる。でも、ダーガーの悪夢的世界は天然だからなぁ…
巻末にCDがついてるんだけど、なんとなく勿体無くてパッケージを開けられないよ。

|

« 今日は反省会やります。 | Main | ジェルランで勝つなんて »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/3731878

Listed below are links to weblogs that reference ポップ・ラビリンス ( Matthew Sweet, They Might Be Giants):

« 今日は反省会やります。 | Main | ジェルランで勝つなんて »